クラス ダイアグラムの使用 (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムは、他の開発者が作成した (または自分が以前に作成した) プロジェクトのクラス構造を理解するのに役立ちます。 このダイアグラムを使用すると、プロジェクト情報をカスタマイズして、開発者間で共有および提供できます。

プロジェクト情報を提供するには、まずその情報を表示するためのクラス ダイアグラムを作成します。 詳細については、「型およびリレーションシップの表示 (クラス デザイナー)」を参照してください。 プロジェクトのクラス ダイアグラムを複数作成し、それらを使用して、プロジェクト自体のビュー、プロジェクトの型の特定のサブセット、または型のメンバーの特定のサブセットを表示できます。

各クラス ダイアグラムに表示する内容を定義するだけでなく、情報の提供方法を変更することもできます。詳細については、「方法: クラス ダイアグラムをカスタマイズする (クラス デザイナー)」を参照してください。

1 つまたは複数のクラス ダイアグラムを微調整した後、それらを Microsoft Office ドキュメント内にコピーして印刷したり、画像ファイルとしてエクスポートしたりできます。 詳細については、「方法: Microsoft Office ドキュメントにクラス ダイアグラムの要素をコピーする (クラス デザイナー)」、「方法: クラス ダイアグラムを印刷する (クラス デザイナー)」、「方法: クラス ダイアグラムをイメージとしてエクスポートする (クラス デザイナー)」を参照してください。

注意

クラス デザイナーはソース ファイルの場所を追跡しないので、プロジェクト構造を変更したり、プロジェクト内のソース ファイルを移動したりすると、クラス デザイナーが、特に typedef のソース型、基本クラス、またはアソシエーション型を追跡できなくなる場合があります。 クラス デザイナーはこの型を表示できませんなどのエラーが表示されることがあります。 エラーが発生した場合は、変更または再配置したソース コードをもう一度クラス ダイアグラムにドラッグして再表示します。

このセクションの内容

How to: Add Class Diagrams to Projects (Class Designer)

プロジェクトにクラス ダイアグラムを追加する方法について説明します。

方法: クラス ダイアグラムをカスタマイズする (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムをカスタマイズする方法について説明します。

方法: Microsoft Office ドキュメントにクラス ダイアグラムの要素をコピーする (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムから Office ドキュメントへのコピーを行う方法について説明します。

方法: クラス ダイアグラムをイメージとしてエクスポートする (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムを画像としてエクスポートする方法について説明します。

方法: クラス ダイアグラムを印刷する (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムを印刷する方法について説明します。

方法: クラス ダイアグラムにコメント追加する (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムにコメントを追加する方法について説明します。

型シェイプとその基になるコードを削除するには

クラス ダイアグラムから図形を削除する方法について説明します。

関連項目

型およびリレーションシップの表示 (クラス デザイナー)
方法: クラス ダイアグラムをカスタマイズする (クラス デザイナー)
方法: クラス ダイアグラムから型シェイプを削除する方法 (クラス デザイナー)