応答ファイルの設定を定義する方法How to define settings in a response file

Visual Studio を展開する管理者は、次の例のように --in パラメーターを使用して応答ファイルを指定できます。Administrators who deploy Visual Studio can specify a response file by using the --in parameter, as in the following example:

vs_enterprise.exe --in customInstall.json

応答ファイルは、その内容がコマンド ライン引数を反映する JSON ファイルです。Response files are JSON files whose contents mirror the command-line arguments. 一般的に、コマンド ライン パラメーターが引数を取らない場合 (--quiet--passive など)、応答ファイルの値は true/false にしてください。In general, if a command-line parameter takes no arguments (for example, --quiet, --passive, etc.), the value in the response file should be true/false. 引数を取る場合 (--installPath <dir> など)、応答ファイルの値は文字列にしてください。If it takes an argument (for example, --installPath <dir>), the value in the response file should be a string. 引数を取り、コマンド ラインに何回も出てくる場合 (--add <id> など)、文字列の配列にしてください。If it takes an argument and can appear on the command line more than once (for example, --add <id>), it should be an array of strings.

コマンド ラインで指定されているパラメーターは、パラメーターが複数入力を受け付ける場合 (--add など) を除き、応答ファイルの設定を上書きします。Parameters that are specified on the command-line override settings from the response file, except when parameters take multiple inputs (for example, --add). 複数入力がある場合、コマンドラインで指定された入力が応答ファイルの設定と結合されます。When you have multiple inputs, the inputs supplied on the command line are merged with settings from the response file.

Visual Studio の既定構成を設定するSetting a default configuration for Visual Studio

--layout でネットワーク レイアウト キャッシュを作成した場合、最初の response.json ファイルがレイアウトで作成されます。If you created a network layout cache with the --layout, an initial response.json file is created in the layout. 部分的レイアウトを作成する場合、この応答ファイルにはレイアウトに含まれていたワークロードと言語が含まれます。If you create a partial layout, this response file includes the workloads and languages that were included in the layout. このレイアウトからセットアップを実行すると、自動的にこの response.json ファイルが使用され、レイアウトに含まれていたワークロードとコンポーネントが選択されます。Running setup from this layout automatically uses this response.json file, which selects the workloads and components included in the layout. ユーザーは Visual Studio をインストールする前にセットアップ UI の任意のワークロードを引き続き選択または選択解除できます。Users can still select or unselect any workloads in the setup UI before installing Visual Studio.

レイアウトを作成する管理者はレイアウトの response.json ファイルを変更することで、ユーザーがレイアウトから Visual Studio をインストールするときに表示される既定の設定を制御できます。Administrators who create a layout can modify the response.json file in the layout to control the default settings that their users see when they install Visual Studio from the layout. たとえば、管理者が特定のワークロードとコンポーネントを既定でインストールする場合、それらを追加するように response.json ファイルを構成できます。For example, if an administrator wants specific workloads and components installed by default, they can configure the response.json file to add them.

Visual Studio セットアップをレイアウト フォルダーから実行すると、レイアウト フォルダーの応答ファイルが_自動的に_使用されます。When Visual Studio setup is run from a layout folder, it automatically uses the response file in the layout folder. --in オプションを使用する必要はありません。You don't have to use the --in option.

オフライン レイアウト フォルダーで作成された response.json ファイルを更新することで、このレイアウトからインストールするユーザーの既定設定を定義できます。You can update the response.json file that is created in an offline layout folder to define the default setting for users who install from this layout.

警告

レイアウトが作成されたときに定義された既存プロパティをそのままにすることが重要です。It's critical that you leave the existing properties that were defined when the layout was created.

レイアウトの基本 response.json ファイルは、次の例のようになります。ただし、インストールする製品とチャネルの値は異なります。The base response.json file in a layout should look similar to the following example, except that it would include the value for the product and channel that you want to install:

{
  "installChannelUri": ".\\ChannelManifest.json",
  "channelUri": "https://aka.ms/vs/15/release/channel",
  "installCatalogUri": ".\\Catalog.json",
  "channelId": "VisualStudio.15.Release",
  "productId": "Microsoft.VisualStudio.Product.Enterprise"
}

レイアウトを作成または更新すると、response.template.json ファイルも作成されます。When you create or update a layout, a response.template.json file is also created. このファイルには、使用できるワークロード、コンポーネント、言語 ID がすべて含まれています。This file contains all of the workload, component, and language IDs that can be used. このファイルは、カスタム インストールに含められるものすべてのテンプレートとして提供されます。This file is provided as a template for what all could be included in a custom install. 管理者は、このファイルを元にカスタム応答ファイルを作成できます。Administrators can use this file as a starting point for a custom response file. インストール対象でないものの ID を削除して、自分の応答ファイルに保存するだけです。Just remove the IDs for the things you do not want to install and save it in your own response file. response.template.json をカスタマイズしないでください。レイアウトが更新されるたびに変更内容が失われます。Do not customize the response.template.json file or your changes will be lost whenever the layout is updated.

レイアウト応答ファイルの内容の例Example layout response file content

次の例では、Visual Studio Enterprise、6 つの共通ワークロード、コンポーネントがインストールされます。UI 言語として英語とフランス語の両方がインストールされます。The following example installs Visual Studio Enterprise with six common workloads and components, and with both English and French UI languages. これをテンプレートとして利用できます。ワークロードとコンポーネントを自分がインストールするものに変更してください。You can use this example as a template; just change the workloads and components to those that you want to install:

{
  "installChannelUri": ".\\ChannelManifest.json",
  "channelUri": "https://aka.ms/vs/15/release/channel",
  "installCatalogUri": ".\\Catalog.json",
  "channelId": "VisualStudio.15.Release",
  "productId": "Microsoft.VisualStudio.Product.Enterprise",

  "installPath": "C:\\VS2017",
  "quiet": false,
  "passive": false,
  "includeRecommended": true,
  "norestart": false,

  "addProductLang": [
    "en-US",
    "fr-FR"
    ],

    "add": [
        "Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop",
        "Microsoft.VisualStudio.Workload.Data",
        "Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop",
        "Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb",
        "Microsoft.VisualStudio.Workload.Office",
        "Microsoft.VisualStudio.Workload.Universal",
        "Component.GitHub.VisualStudio"
    ]
}

サポートを受けるGet support

ときには、問題が発生してしまうことがあります。Sometimes, things can go wrong. Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Troubleshooting Visual Studio 2017 installation and upgrade issues (Visual Studio 2017 のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング)」ページをご覧ください。If your Visual Studio installation fails, see the Troubleshooting Visual Studio 2017 installation and upgrade issues page. トラブルシューティングの手順でも解決しない場合は、ライブ チャットでインストールの支援を依頼してください (英語のみ)。If none of the troubleshooting steps help, you can contact us by live chat for installation assistance (English only). 詳細については、Visual Studio のサポート ページをご覧ください。For details, see the Visual Studio support page.

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。Here are a few more support options:

関連項目See also