ネットワーク ベースの Visual Studio 配置の更新プログラムを制御するControl updates to network-based Visual Studio deployments

企業の管理者は、多くの場合、レイアウトを作成してそれをネットワーク ファイル共有でホストし、エンド ユーザーに展開します。Enterprise administrators often create a layout and host it on a network file share to deploy to their end-users.

Visual Studio が更新プログラムを探す場所を変更するControlling where Visual Studio looks for updates

既定では、インストールがネットワーク共有から展開された場合でも、Visual Studio は引き続きオンラインで更新プログラムを探します。By default, Visual Studio continues to look online for updates even if the installation was deployed from a network share. 更新プログラムがある場合、ユーザーがインストールできます。If an update is available, the user can install it. 更新された内容のうちオフライン レイアウトで見つからないものは、すべて Web からダウンロードされます。Any updated content that is not found in the offline layout is downloaded from the web.

Visual Studio が更新プログラムを検索する場所を変更することで直接制御することができます。If you want direct control over where Visual Studio looks for updates, you can modify the location where it looks. ユーザーが更新するバージョンも制御できます。You can also control the version your users are updated to. これを行うには、次の手順を実行します。To do so, follow these steps:

  1. オフライン レイアウトを作成します。Create an offline layout: vs_enterprise.exe --layout C:\vs2017offline --lang en-US
  2. それをホストするファイル共有にコピーします。Copy it to the file share where you want to host it: xcopy /e C:\vs2017offline \\server\share\VS2017
  3. レイアウトの response.json ファイルを変更し、管理者が制御する channelManifest.json のコピーを指すように channelUri 値を変更します。Modify the response.json file in the layout and change the channelUri value to point to a copy of the channelManifest.json that the admin controls.

    値のバックスラッシュは、次の例のように必ずエスケープしてください。Be sure to escape backslashes in the value, as in the following example:

    "channelUri":"\\\\server\\share\\VS2017\\ChannelManifest.json"
    

    これでエンド ユーザーはこの共有からセットアップを実行し、Visual Studio をインストールできます。Now end-users can run setup from this share to install Visual Studio.

    \\server\share\VS2017\vs_enterprise.exe
    

企業の管理者はユーザーが新しいバージョンの Visual Studio に更新する時期が来たと判断したとき、レイアウトの場所を更新し、次のようにして更新されたファイルを組み込むことができます。When an enterprise administrator determines it is time for their users to update to a newer version of Visual Studio, they can update the layout location to incorporate the updated files, as follows.

  1. 次のようなコマンドを使用します。Use a command that is similar to the following command: vs_enterprise.exe --layout \\server\share\VS2017 --lang en-US
  2. 更新後のレイアウトの response.json ファイルにカスタマイズ内容が引き続き含まれているようにします。特に次のような channelUri の変更内容です。Ensure that the response.json file in the updated layout still contains your customizations, specifically the channelUri modification, as follows:

    "channelUri":"\\\\server\\share\\VS2017\\ChannelManifest.json"
    

    このレイアウトからの既存の Visual Studio インストールは \\server\share\VS2017\ChannelManifest.json で更新プログラムを探します。Existing Visual Studio installs from this layout look for updates at \\server\share\VS2017\ChannelManifest.json. この channelManifest.json がユーザーがインストールしているものより新しい場合、Visual Studio は更新プログラムが利用できることをユーザーに通知します。If the channelManifest.json is newer than what the user has installed, Visual Studio notifies the user that an update is available.

    新しいインストールでは、更新されたバージョンの Visual Studio がレイアウトから直接インストールされます。New installs automatically install the updated version of Visual Studio directly from the layout.

Visual Studio IDE の通知を制御するControlling notifications in the Visual Studio IDE

上述のとおり、Visual Studio はそのインストール元である場所 (ネットワーク共有やインターネットなど) で更新プログラムが利用できないか確認します。As described earlier, Visual Studio checks the location from which it has been installed, such as a network share or the internet, to see whether any updates are available. 更新プログラムが利用可能になると、Visual Studio は、ユーザーへの通知としてウィンドウの右上隅に通知フラグを表示します。When an update is available, Visual Studio notifies the user with a notification flag in the top right-hand corner of the window.

更新プログラムの通知フラグ

エンドユーザーに更新プログラムを通知したくない場合は、通知を無効にすることができます。You can disable the notifications if you don't want end-users to be notified of updates. (たとえば、中央のソフトウェア配布メカニズムを使用して更新プログラムを提供する場合、通知を無効にしたい場合があります。)(For example, you might want to disable notifications if you deliver updates through a central software distribution mechanism.)

Visual Studio 2017 はプライベート レジストリにレジストリ エントリを保存するので、そのレジストリを通常の方法で直接編集することはできません。Because Visual Studio 2017 stores registry entries in a private registry, you can't directly edit the registry in the typical way. ただし、Visual Studio には vsregedit.exe ユーティリティが含まれます。これを利用し、Visual Studio 設定を変更できます。However, Visual Studio includes a vsregedit.exe utility that you can use to change Visual Studio settings. 次のコマンドで通知をオフにできます。You can turn off notifications with the following command:

vsregedit.exe set "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise" HKCU ExtensionManager AutomaticallyCheckForUpdates2Override dword 0

(編集したいインストール済みのインスタンスと一致するようにディレクトリを置き換えてください。)(Make sure to replace the directory to match the installed instance that you want to edit.)

ヒント

vswhere.exe を利用し、クライアント ワークステーションで特定のインスタンスの Visual Studio を見つけます。Use vswhere.exe to find a specific instance of Visual Studio on a client workstation.

サポートを受けるGet support

ときには、問題が発生してしまうことがあります。Sometimes, things can go wrong. Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Troubleshooting Visual Studio 2017 installation and upgrade issues (Visual Studio 2017 のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング)」ページをご覧ください。If your Visual Studio installation fails, see the Troubleshooting Visual Studio 2017 installation and upgrade issues page. トラブルシューティングの手順でも解決しない場合は、ライブ チャットでインストールの支援を依頼してください (英語のみ)。If none of the troubleshooting steps help, you can contact us by live chat for installation assistance (English only). 詳細については、Visual Studio のサポート ページをご覧ください。For details, see the Visual Studio support page.

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。Here are a few more support options:

関連項目See also