パッケージ キャッシュの無効化または移動

パッケージ キャッシュは、インターネット接続がないときに Visual Studio やその他の関連製品の修復が必要になった場合のために、インストール済みパッケージのソースを提供します。 しかしながら、ドライブやシステムを設定しておくことで、すべてのパッケージを維持する必要がなくなることもあります。 インストーラーは必要なときにパッケージをダウンロードします。そのため、ディスク領域を節約または復元する場合、パッケージ キャッシュを無効化したり、移動したりできます。

パッケージ キャッシュの無効化

新しいインストーラーで Visual Studio やその他の製品をインストール、変更、修復する前に、--nocache スイッチでインストーラーを開始できます。

"%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe" --nocache

あらゆる製品に対して行うあらゆる操作でその製品の既存パッケージがすべて削除されます。インストール後、パッケージは保存されません。 Visual Studio の変更や修復でパッケージが必要になる場合、自動的にダウンロードされ、インストール後に削除されます。

キャッシュを再有効化する場合、代わりに --cache を渡します。 必要なパッケージのみがキャッシュされます。そのため、すべてのパッケージを復元する必要がある場合、ネットワークの接続を切断する前に Visual Studio を修復する必要があります。

"%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe" repair --passive --norestart --cache

また、Visual Studio をインストール、変更、修復する前にキャッシュを無効化するように KeepDownloadedPayloads レジストリ ポリシーを設定できます。

パッケージ キャッシュの移動

共通のシステム構成は、SSD に Windows をインストールし、ソース コードやプログラム バイナリなど、開発用には大きなハード ディスク (またはハード ディスクより大容量のストレージ) を利用することです。 オフラインで作業する場合、代わりにパッケージ キャッシュを移動できます。

現在のところ、Visual Studio をインストール、変更、修復する前に CachePath レジストリ ポリシーを設定する場合にのみこれが可能です。

関連項目