ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの内側に Visual Studio および Azure Services をインストールして使用するInstall and use Visual Studio and Azure Services behind a firewall or proxy server

ユーザーまたはユーザーの組織でファイアウォールやプロキシ サーバーなどのセキュリティ対策を取っている場合は、Visual Studio および Azure Services をインストールして使用するときに最適なエクスペリエンスを得るために、"ホワイトリスト" への登録をお勧めするドメイン URL および開くことをお勧めするポートおよびプロトコルがあります。If you or your organization uses security measures such as a firewall or a proxy server, then there are domain URLs that you might want to "whitelist" and ports and protocols that you might want to open so that you have the best experience when you install and use Visual Studio and Azure Services.

  • Visual Studio のインストール:これらの表には、目的とするすべてのコンポーネントおよびワークロードにアクセスできるようにするために、ホワイトリストに登録すべきドメイン URL を示します。Install Visual Studio: These tables include the domain URLs to whitelist so that you have access to all the components and workloads that you want.

  • Visual Studio および Azure Services の使用:この表には、目的とするすべての機能とサービスにアクセスできるようにするために、ホワイトリストに登録すべきドメイン URL と、開くべきポートおよびプロトコルを示します。Use Visual Studio and Azure Services: This table includes the domain URLs to whitelist and the ports and protocols to open so that you have access to all the features and services that you want.

Note

この記事は Windows 上の Visual Studio 向けに書かれていますが、一部の情報はファイアウォールやプロキシ サーバーの背後に Visual Studio for Mac をインストールする場合にも適用されます。This article was written for Visual Studio on Windows, but certain information is also applicable to installing Visual Studio for Mac behind a firewall or proxy server.

Visual Studio のインストールInstall Visual Studio

ホワイトリストに登録すべき URLURLs to whitelist

Visual Studio インストーラーによって、さまざまなドメインやダウンロード サーバーからファイルがダウンロードされます。このため、UI または配置スクリプトで信頼されているものとしてホワイトリストに登録することをお勧めするドメイン URL を次に示します。Because the Visual Studio Installer downloads files from various domains and their download servers, here are the domain URLs that you might want to whitelist as trusted in the UI or in your deployment scripts.

Microsoft ドメインMicrosoft domains

ドメインDomain 目的Purpose
go.microsoft.comgo.microsoft.com URL の解像度を設定するSetup URL resolution
aka.msaka.ms URL の解像度を設定するSetup URL resolution
download.visualstudio.microsoft.comdownload.visualstudio.microsoft.com パッケージのダウンロード場所を設定するSetup packages download location
download.microsoft.comdownload.microsoft.com パッケージのダウンロード場所を設定するSetup packages download location
download.visualstudio.comdownload.visualstudio.com パッケージのダウンロード場所を設定するSetup packages download location
dl.xamarin.comdl.xamarin.com パッケージのダウンロード場所を設定するSetup packages download location
marketplace.visualstudio.commarketplace.visualstudio.com Visual Studio 拡張機能のダウンロード場所Visual Studio Extensions download location
visualstudio.microsoft.comvisualstudio.microsoft.com ドキュメントの場所Documentation location
docs.microsoft.comdocs.microsoft.com ドキュメントの場所Documentation location
msdn.microsoft.commsdn.microsoft.com ドキュメントの場所Documentation location
www.microsoft.comwww.microsoft.com ドキュメントの場所Documentation location
*.windows.net*.windows.net サインインの場所Sign-in location
*.microsoftonline.com*.microsoftonline.com サインインの場所Sign-in location
*.live.com*.live.com サインインの場所Sign-in location

Microsoft 以外のドメインNon-Microsoft domains

ドメインDomain 以下のワークロードをインストールします。Installs these workloads
archive.apache.orgarchive.apache.org JavaScript でのモバイル開発 (Cordova)Mobile development with JavaScript (Cordova)
cocos2d-x.orgcocos2d-x.org C++ によるゲーム開発 (Cocos)Game development with C++ (Cocos)
download.epicgames.comdownload.epicgames.com C++ によるゲーム開発 (Unreal Engine)Game development with C++ (Unreal Engine)
download.oracle.comdownload.oracle.com JavaScript でのモバイル開発 (Java SDK)Mobile development with JavaScript (Java SDK)

.NET によるモバイル開発 (Java SDK)Mobile Development with .NET (Java SDK)
download.unity3d.comdownload.unity3d.com Unity でのゲーム開発 (Unity)Game development with Unity (Unity)
netstorage.unity3d.comnetstorage.unity3d.com Unity でのゲーム開発 (Unity)Game development with Unity (Unity)
dl.google.comdl.google.com JavaScript によるモバイル開発 (Android SDK および NDK、エミュレーター)Mobile development with JavaScript (Android SDK and NDK, Emulator)

.NET によるモバイル開発 (Android SDK および NDK、エミュレーター)Mobile Development with .NET (Android SDK and NDK, Emulator)
www.incredibuild.comwww.incredibuild.com C++ によるゲーム開発 (IncrediBuild)Game development with C++ (IncrediBuild)
incredibuildvs2017i.azureedge.netincredibuildvs2017i.azureedge.net C++ によるゲーム開発 (IncrediBuild)Game development with C++ (IncrediBuild)
www.python.orgwww.python.org Python 開発 (Python)Python development (Python)

データ サイエンスと分析のアプリケーション (Python)Data science and analytical applications (Python)

Visual Studio および Azure Services の使用Use Visual Studio and Azure Services

ホワイトリストに登録すべき URL と開くべきポートおよびプロトコルURLs to whitelist and ports and protocols to open

ここでは、ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの内側で Visual Studio または Azure Services を使用するときに必要なすべてのものに確実にアクセスできるようにするために、ホワイトリストに登録すべき URL と、開くことをお勧めするポートおよびプロトコルを示します。To make sure that you have access to everything you need when you use Visual Studio or Azure Services behind a firewall or proxy server, here are the URLs you should whitelist and the ports and protocols that you might want to open.

サービスまたはシナリオService or scenario DNS エンドポイントDNS endpoint プロトコルProtocol ポートPort 説明Description
URLURL
解決resolution
go.microsoft.comgo.microsoft.com

aka.msaka.ms
URL を短くするために使用されます。後で長い URL に解決されます。Used to shorten URLs, which then resolve into longer URLs
スタート ページStart Page vsstartpage.blob.core.windows.netvsstartpage.blob.core.windows.net 443443 スタート ページに示される開発者向けニュースを表示するために使用されます (Visual Studio 2017 のみ)Used to display Developer News shown on the start page (Visual Studio 2017 only)
対象のTargeted
通知Notification
サービスService
targetednotifications.azurewebsites.nettargetednotifications.azurewebsites.net

www.research.netwww.research.net
8080

443443
通知のグローバル リストを、特定の種類のコンピューター/使用状況シナリオにのみ適用されるリストへとフィルター処理するために使用されます。Used to filter a global list of notifications to a list that is applicable only to specific types of machines/usage scenarios
拡張子Extension
更新チェックupdate check
marketplace.visualstudio.commarketplace.visualstudio.com

*.windows.net*.windows.net
*.microsoftonline.com*.microsoftonline.com
*.live.com*.live.com
443443 インストールした拡張機能の更新プログラムが利用可能になったときに通知を提供するために使用されます。Used to provide notifications when an installed extension has an update available

サインインの場所として使用されます。Used as a sign-in location
AI プロジェクトAI Project
統合Integration
az861674.vo.msecnd.netaz861674.vo.msecnd.net 443443
登録されている Application Insights アカウントに使用状況データを送信する新しいプロジェクトを構成するために使用されます。Used to configure new projects to send usage data to your registered Application Insights account
コード レンズCode Lens codelensprodscus1su0.app.codelensprodscus1su0.app.
codelens.visualstudio.comcodelens.visualstudio.com
443443 ファイルの最終更新日時、変更のタイムライン、変更が関連付けられている作業項目、作成者など、エディター内に情報を提供するために使用されます。Used to provide information in the editor about when a file was last updated, the timeline of changes, the work items that changes are associated with, the authors, and more
実験用Experimental
機能の有効化feature enabling
visualstudio-devdiv-c2s.msedge.netvisualstudio-devdiv-c2s.msedge.net 8080 実験用の新しい機能や機能の変更をアクティブ化するために使用されます。Used to activate experimental new features or feature changes
識別情報 “バッジ”Identity “badge”
(ユーザー名とアバター)(user name and avatar)
と、呼び出しand
ローミング設定Roaming settings
app.vssps.visualstudio.comapp.vssps.visualstudio.com

app.vsspsext.visualstudio.comapp.vsspsext.visualstudio.com

app.vssps.visualstudio.comapp.vssps.visualstudio.com

ns-sb2-prod-ch1-002.cloudapp.netns-sb2-prod-ch1-002.cloudapp.net

az700632.vo.msecnd.netaz700632.vo.msecnd.net
443443 IDE でユーザーの名前とアバターを表示するために使用されます。Used to display the user's name and avatar in the IDE

あるコンピューターから別のコンピューターに設定の変更が確実にローミングするように使用されます。Used to make sure that setting changes roam from one machine to another
リモート設定Remote Settings az700632.vo.msecnd.netaz700632.vo.msecnd.net 443443 Visual Studio で問題を引き起こすことがわかっている拡張機能をオフにするために使用されます。Used to turn off extensions that are known to cause problems in Visual Studio
Windows ツールWindows Tools developer.microsoft.comdeveloper.microsoft.com

dev.windows.comdev.windows.com

appdev.microsoft.comappdev.microsoft.com
httpshttps 443443 Windows アプリ ストアのシナリオで使用されます。Used for Windows app store scenarios
JSON スキーマJSON Schema
探索Discovery

JSON スキーマJSON Schema
定義Definition

JSON スキーマJSON Schema
サポートSupport for
Azure リソースAzure Resources
json.schemastore.orgjson.schemastore.org
schemastoreorg.azurewebsites.netschemastoreorg.azurewebsites.net

json-schema.orgjson-schema.org

schema.management.azure.comschema.management.azure.com
httphttp
httpshttps

httphttp

httpshttps
8080
443443

443443

443443
JSON ドキュメントの編集時にユーザーによって使用される可能性のある JSON スキーマを検出およびダウンロードするために使用されます。Used to discover and download JSON schemas that the user might use when editing JSON documents

Json 用のメタ検証スキーマを取得するために使用されます。Used to obtain the meta-validation schema for JSON

Azure Resource Manager 展開テンプレート用の現在のスキーマを取得するために使用されます。Used to obtain the current schema for Azure Resource Manager deployment templates
NPM パッケージNPM package
探索discovery
Skimdb.npmjs.comSkimdb.npmjs.com

Registry.npmjs.orgRegistry.npmjs.org

Api.npms.ioApi.npms.io
httpshttps

http/shttp/s

httpshttps
443443

80/44380/443

443443
NPM パッケージを検索する場合に必要であり、Web プロジェクトでのクライアント側スクリプト パッケージのインストールに使用されます。Required for searching for NPM packages, and used for client-side script package installation in web projects
Bower パッケージBower package
アイコンicons

Bower パッケージBower package
searchsearch
Bower.ioBower.io

bowercache.azurewebsites.netbowercache.azurewebsites.net
go.microsoft.comgo.microsoft.com
Registry.bower.ioRegistry.bower.io
httphttp

httpshttps
httphttp
httpshttps
8080

443443
8080
443443
既定の Bower パッケージ アイコンを指定します。Provides the default bower package icon

Bower パッケージを検索する機能を提供します。Provides the ability to search for Bower packages
NuGetNuGet

NuGet パッケージNuGet package
探索discovery
Api.nuget.orgApi.nuget.org
www.nuget.orgwww.nuget.org
Nuget.orgNuget.org

crl3.digicert.comcrl3.digicert.com
crl4.digicert.comcrl4.digicert.com
ocsp.digicert.comocsp.digicert.com
cacerts.digicert.comcacerts.digicert.com
httpshttps

http/shttp/s
443443

80/44380/443
署名された NuGet パッケージを確認するために使用されます。Used to verify signed NuGet packages.

NuGet パッケージおよびバージョンを検索するために必要です。Required for searching for NuGet packages and versions
GitHub リポジトリの情報GitHub repository information api.github.comapi.github.com httpshttps 443443 Bower パッケージに関する追加情報を取得するために必要です。Required for getting additional information about bower packages
Web リンターWeb Linters Eslint.orgEslint.org

www.Bing.comwww.Bing.com

www.coffeelint.orgwww.coffeelint.org
httphttp 8080
CookiecutterCookiecutter
エクスプローラー テンプレートExplorer template
探索discovery

CookiecutterCookiecutter
エクスプローラー プロジェクトのExplorer project
作成creation
api.github.comapi.github.com
raw.githubusercontent.comraw.githubusercontent.com
go.microsoft.comgo.microsoft.com

pypi.orgpypi.org
pypi.python.orgpypi.python.org
httpshttps 443443
推奨されるフィードから、および GitHub リポジトリから、オンライン テンプレートを検出するために使用されますUsed to discover online templates from our recommended feed and from GitHub repositories

Python パッケージ インデックス (PyPI) からの cookiecutter Python パッケージの 1 回限りのオンデマンド インストールを必要とする cookiecutter テンプレートからプロジェクトを作成するために使用されます。Used to create a project from a cookiecutter template that requires a one-time on-demand installation of a cookiecutter Python package from the Python package index (PyPI)
Python パッケージPython package
探索discovery

Python パッケージPython package
管理management

新規作成New
PythonPython
プロジェクトproject
テンプレートの使用templates
pypi.orgpypi.org

pypi.python.orgpypi.python.org
bootstrap.pypa.iobootstrap.pypa.io

go.microsoft.comgo.microsoft.com
httpshttps 443443 pip パッケージを検索する機能を提供します。Provides the ability to search for pip packages

pip が存在しない場合に、pip を自動的にインストールするために使用されます。Used to install pip automatically if it is missing

次の新しい Python プロジェクト テンプレートを cookiecutter テンプレート URL に解決するために使用されます。Used to resolve the following new Python project templates to cookiecutter template URLs:
- 分類子プロジェクト- Classifier Project
- クラスタリング プロジェクト- Clustering Project
- 回帰プロジェクト- Regression Project
- PyKinect を使用した PyGame- PyGame using PyKinect
- Pyvot プロジェクト- Pyvot Project
Office WebOffice web
アドインadd-in
file:///Manifest
検証Verification
サービスService
verificationservice.osi.office.netverificationservice.osi.office.net httpshttps 443443 Office Web アドインのマニフェストを検証するために使用されます。Used to validate manifests for Office web add-ins
SharePoint とSharePoint and
Office アドインOffice Add-ins
sharepoint.comsharepoint.com httpshttps 443443 SharePoint および Office のアドインを SharePoint Online に発行し、テストするために使用されます。Used to publish and test SharePoint and Office Add-ins to SharePoint Online
ワークフロー マネージャーWorkflow Manager
テスト サービスTest Service
HostHost
httphttp 1229212292 SharePoint アドインをワークフローでテストするために自動的に作成されるファイアウォール規則です。A firewall rule that is created automatically for testing SharePoint add-ins with workflows
自動的に収集されるAutomatically collected
信頼性の統計情報reliability statistics
と、and other
Azure SDK および SQL Tools 用のCustomer Experience
その他のImprovement Programs (CEIP)
カスタマー エクスペリエンス向上プログラムfor Azure SDK and
(CEIP)for SQL Tools

vortex.data.microsoft.comvortex.data.microsoft.com

dc.services.visualstudio.comdc.services.visualstudio.com
httpshttps 443443 ユーザーから Microsoft に信頼性の統計情報 (クラッシュ/ハング データ) を送信するために使用されます。Used to send reliability statistics (crash/hang data) from the user to Microsoft. Windows エラー報告を有効にした場合、実際のクラッシュ/ハング ダンプは引き続きアップロードされ、統計情報のみが抑制されます。Actual crash/hang dumps will still be uploaded if Windows Error Reporting is enabled; only statistical information will be suppressed;
Azure Tools SDK 拡張機能の匿名の利用状況パターン、および SQL ツールの利用状況パターンを Visual Studio に対して明らかにします。Used to reveal anonymous usage patterns for the Azure Tools SDK extension to Visual Studio, and for usage patterns for the SQL tooling to Visual Studio
Visual StudioVisual Studio
カスタマー エクスペリエンスCustomer Experience
向上プログラム (CEIP)Improvement Program (CEIP)

PerfWatson.exePerfWatson.exe
vortex.data.microsoft.comvortex.data.microsoft.com
dc.services.visualstudio.comdc.services.visualstudio.com
visualstudio-devdiv-c2s.msedge.netvisualstudio-devdiv-c2s.msedge.net
az667904.vo.msecnd.netaz667904.vo.msecnd.net
scus-breeziest-in.cloudapp.netscus-breeziest-in.cloudapp.net
httpshttps 443443 匿名の利用状況のパターンとエラー ログを収集するために使用されます。Used to collect anonymous usage patterns and error logs

UI のフリーズ問題を追跡するために使用されます。Used to track UI freeze issues
Azure リソースのCreation and
作成とManagement of
管理Azure resources
management.azure.commanagement.azure.com
management.core.windows.netmanagement.core.windows.net
httpshttps 443443 Web アプリケーション、Azure Functions、または WebJobs の発行をサポートする Azure Websites またはその他のリソースを作成するために使用されます。Used for creating Azure Websites or other resources to support the publishing of web applications, Azure Functions, or WebJobs
更新された Web 発行ツールのUpdated web publish tooling
確認と拡張機能に関するchecks and extension
推奨事項recommendations
marketplace.visualstudio.commarketplace.visualstudio.com httpshttps 443443 更新された発行ツールの可用性を確認するために使用されます。Used for checking for the availability of updated publish tooling. 無効の場合、Web 発行のための潜在的な推奨拡張機能が表示されない場合があります。If disabled, a potential recommended extension for web publishing may not be shown
更新された Azure リソースUpdated Azure Resource
作成エンドポイント情報Creation Endpoint Information
*.blob.core.windows.net*.blob.core.windows.net httpshttps 443443 特定の Azure Services 用の Azure Resources の作成に使用するエンドポイントを更新するために使用されます。Used to update the endpoints used for the creation of Azure Resources for certain Azure Services. 無効である場合は、最後にダウンロードまたは組み込まれたエンドポイントの場所が代わりに使用されます。If disabled, the last downloaded or built in endpoint locations are used instead
Azure Websites のリモート デバッグRemote debugging and
およびRemote profiling of
リモート プロファイルAzure Websites
*.cloudapp.net*.cloudapp.net
*.azurewebsites.net*.azurewebsites.net
40224022 リモート デバッガーを Azure Websites にアタッチするために使用されます。Used for attaching the remote debugger to Azure Websites. 無効である場合、Azure Websites へのリモート デバッガーのアタッチは機能しません。If disabled, attaching the remote debugger to Azure Websites will not work
Active DirectoryActive Directory
GraphGraph
graph.windows.netgraph.windows.net httpshttps 443443 新しい Azure Active Directory アプリケーションをプロビジョニングするために使用されます。Used to provision new Azure Active Directory applications. Office 365 MSGraph と接続されたサービス プロバイダーによっても使用されます。Also used by the Office 365 MSGraph- connected service provider
Azure Functions Azure Functions
CLI 更新プログラムのCLI Update
チェックCheck
functionscdn.azureedge.netfunctionscdn.azureedge.net httpshttps 443443 Azure Functions CLI の更新されたバージョンを確認するために使用されます。Used for checking for updated versions of the Azure Functions CLI. 無効である場合、CLI のキャッシュされたコピー (または、Azure Functions のコンポーネントによって実行されるコピー) が代わりに使用されます。If disabled, a cached copy (or the copy carried by the Azure Functions component) of the CLI will be used instead
CordovaCordova npmjs.orgnpmjs.org
gradle.orggradle.org
http/shttp/s 80/44380/443 ビルド時の Gradle のダウンロードには HTTP が使用され、プロジェクトに Cordova プラグインを含めるには HTTPS が使用されます。HTTP is used for Gradle downloads during build; HTTPS is used to include Cordova plug-ins in projects
Cloud ExplorerCloud explorer 1. <クラスター エンドポイント>1. <clusterendpoint>
Service FabricService Fabric
2. <管理エンドポイント>2. <management endpoint>
汎用的な Cloud ExpGeneral Cloud Exp
3. <graph エンドポイント>3. <graph endpoint>
汎用的な Cloud ExpGeneral Cloud Exp
4. <ストレージ アカウント エンドポイント>4. <storage account endpoint>
記憶域ノードStorage Nodes
5. <Azure Portal の URL>5. <Azure portal URLs>
汎用的な Cloud ExpGeneral Cloud Exp
6. <キー コンテナー エンドポイント>6. <key vault endpoints>
Azure Resource Manager VM ノードAzure Resource Manager VM Nodes
7. <PublicIPAddressOfCluster>7. <PublicIPAddressOfCluster>
Service Fabric のリモート デバッグと ETW トレースService Fabric Remote debugging and ETW Traces

1. https1. https
2. https2. https
3. https3. https
4. https4. https
5. https5. https
6. https6. https
7: tcp7: tcp
1. 190801. 19080
2. 4432. 443
3. 4433. 443
4. 4434. 443
5. 4435. 443
6. 4436. 443
7. 動的7. dynamic
1.例: test12.eastus.cloudapp.com1. Example: test12.eastus.cloudapp.com
2.サブスクリプションを取得し、Azure リソースを取得/管理します2. Retrieves subscriptions and retrieves/manages Azure resources
3.Azure Stack サブスクリプションを取得します。3. Retrieves Azure Stack subscriptions
4.Storage リソースを管理します (例: mystorageaccount.blob.core.windows.net)4. Manages Storage resources (example: mystorageaccount.blob.core.windows.net)
5.[ポータルで開く] コンテキスト メニュー オプション (Azure Portal でリソースを開く)5. "Open in Portal" context menu option (opens a resource in the Azure portal)
6.VM デバッグ用にキー コンテナーを作成して使用します (例: myvault.vault.azure.net)6. Creates and uses key vaults for VM debugging (Example: myvault.vault.azure.net)

7.クラスターおよび使用可能なポート内のノード数に基づいて、ポートのブロックを動的に割り当てます。7. Dynamically allocates block of ports based on number of nodes in the cluster and the available ports.

最低 10 個のポートでノード数の取得を 3 回試みます。A port block will try to get three times the number of nodes with minimum of 10 ports.

ストリーミング トレースの場合、810 からポート ブロックの取得が試みられます。For Streaming traces, an attempt is made to get the port block from 810. そのポート ブロックのいずれかが既に使用されている場合は、次のブロックを取得する試みが行われるという具合に進められます If any of that port block is already used, then an attempt is made to get the next block, and so on. (ロード バランサーが空の場合、ほとんどは 810 からのポートが使用されます)。(It the load balancer is empty, then ports from 810 are most likely used)

デバッグの場合と同様に、ポート ブロックの 4 つのセットが予約されます。Similarly for debugging, four sets of the ports blocks are reserved:
- connectorPort:30398、- connectorPort: 30398,
- forwarderPort:31398、- forwarderPort: 31398,
- forwarderPortx86:31399、- forwarderPortx86: 31399,
- fileUploadPort:32398- fileUploadPort: 32398
Cloud ServicesCloud Services 1.RDP1. RDP

2. core.windows.net2. core.windows.net

3. management.azure.com3. management.azure.com
management.core.windows.netmanagement.core.windows.net

4. *.blob.core.windows.net4. *.blob.core.windows.net
*.queue.core.windows.net*.queue.core.windows.net
*.table.core.windows.net*.table.core.windows.net

5. portal.azure.com5. portal.azure.com

6. <ユーザーのクラウド サービス>.cloudapp.net6. <user's cloud service>.cloudapp.net
<ユーザーの VM>.<リージョン>.azure.com<user's VM>.<region>.azure.com
1. rdp1. rdp

2. https2. https

3. https3. https

4. https4. https

5. https5. https

6. tcp6. tcp
1. 33891. 3389

2. 4432. 443

3. 4433. 443

4. 4434. 443

5. 4435. 443

6. a) 303986. a) 30398
6. b) 304006. b) 30400
6. c) 313986. c) 31398
6. d) 314006. d) 31400
6. e) 323986. e) 32398
6. f) 324006. f) 32400
1.リモート デスクトップと Cloud Services VM1. Remote Desktop to Cloud Services VM

2.プライベート診断構成のストレージ アカウント コンポーネント2. Storage account component of the private diagnostics configuration

3.Azure ポータル3. Azure portal

4.サーバー エクスプローラー - Azure Storage * は顧客によって名前が付けられるストレージ アカウントです4. Server Explorer - Azure Storage * is customer named storage account

5.ポータルを開くリンク/サブスクリプション証明書のダウンロード/ 設定ファイルの発行5. Links to open the portal / Download the subscription certificate / Publish settings file

6. a) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のコネクタ ローカル ポート6. a) Connector local port for remote debug for cloud service and VM
6. b) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のコネクタ パブリック ポート6. b) Connector public port for remote debug for cloud service and VM
6. c) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のフォワーダー ローカル ポート6. c) Forwarder local port for remote debug for cloud service and VM
6. d) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のフォワーダー パブリック ポート6. d) Forwarder public port for remote debug for cloud service and VM
6. e) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のファイル アップローダー ローカル ポート6. e) File uploader local port for remote debug for cloud service and VM
6. f) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のファイル アップローダー パブリック ポート6. f) File uploader public port for remote debug for cloud service and VM
Service FabricService Fabric 1.1.
ocs.Microsoft.comocs.Microsoft.com
aka.msaka.ms
go.microsoft.comgo.microsoft.com

2.2.
vssftools.blob.core.windows.netvssftools.blob.core.windows.net
Vault.azure.comVault.azure.com
Portal.azure.comPortal.azure.com

3. * vault.azure.net3. * vault.azure.net

4.4.
app.vsaex.visualstudio.comapp.vsaex.visualstudio.com
* .vsspsext.visualstudio.com* .vsspsext.visualstudio.com
clouds.vsrm.visualstudio.comclouds.vsrm.visualstudio.com
clouds.visualstudio.comclouds.visualstudio.com
app.vssps.visualstudio.comapp.vssps.visualstudio.com
* .visualstudio.com* .visualstudio.com
httpshttps 443443 1.ドキュメント1. Documentation

2.クラスター機能の作成2. Create Cluster feature

3.* は Azure Key Vault 名です (例:- test11220180112110108.vault.azure.net)3. The * is the Azure key vault name (Example:- test11220180112110108.vault.azure.net

4.* は動的です (例: vsspsextprodch1su1.vsspsext.visualstudio.com)4. The * is dynamic (Example: vsspsextprodch1su1.vsspsext.visualstudio.com)
スナップショットSnapshot
デバッガーDebugger
1. go.microsoft.com1. go.microsoft.com
2. management.azure.com2. management.azure.com
3. *azurewebsites.net3. *azurewebsites.net
4. *scm.azurewebsites.net4. *scm.azurewebsites.net
5. api.nuget.org/v3/index.json5. api.nuget.org/v3/index.json
6. msvsmon6. msvsmon
1. https1. https
2. https2. https
3. http3. http
4. https4. https
5. https5. https
6.Concord6. Concord
1. 4431. 443
2. 4432. 443
3. 803. 80
4. 4434. 443
5. 4435. 443
6. 4022 (Visual Studio バージョン依存)6. 4022 (Visual Studio version dependent)
1..json ファイルに対してクエリを実行して、アプリ サービス SKU サイズを取得します1. Query .json file for app service SKU size
2.さまざまな Azure RM 呼び出し2. Various Azure RM calls
3.サイト ウォーム アップ呼び出し3. Site warmup call via
4.顧客の対象 App Service Kudu エンドポイント4. Customer's targeted App Service Kudu endpoint
5.nuget.org で発行されたサイト拡張機能バージョンに対してクエリを実行します5. Query Site Extension version published in nuget.org
6.リモート デバッグ チャンネル6. Remote debugging channel
Azure Stream AnalyticsAzure Stream Analytics

HDInsightHDInsight
Management.azure.comManagement.azure.com httpshttps 443443 ASA ジョブの表示、送信、実行、管理で使用されますUsed to view, submit, run, and manage ASA jobs

HDI クラスターを参照し、HDI ジョブを送信、診断、およびデバッグするために使用されますUsed to browse HDI clusters, and to submit, diagnose, and debug HDI jobs
Azure Data LakeAzure Data Lake *.azuredatalakestore.net*.azuredatalakestore.net
*.azuredatalakeanalytics.net*.azuredatalakeanalytics.net
httpshttps 443443 ジョブのコンパイル、送信、表示、診断、およびデバッグのために使用されます。ADLS ファイルを参照するために使用されます。ファイルをアップロードおよびダウンロードするために使用されます。Used to compile, submit, view, diagnose, and debug jobs; used to browse ADLS files; used to upload and download files
パッケージ サービスPackaging Service [アカウント].visualstudio.com[account].visualstudio.com
[アカウント].*.visualstudio.com[account].*.visualstudio.com
*.blob.core.windows.net*.blob.core.windows.net
registry.npmjs.orgregistry.npmjs.org
nodejs.orgnodejs.org
dist.nuget.orgdist.nuget.org
nuget.orgnuget.org
httpshttps 443443 特定のビルド タスク (NuGet Tool インストーラー、Node Tool インストーラーなど) にのみ、またはフィードで公共のアップストリームを使用する場合にのみ、*.npmjs.org、*.nuget.org、*.nodejs.org が必要です。The *.npmjs.org, *.nuget.org, and *.nodejs.org are only required for certain build task scenarios (for example: NuGet Tool Installer, Node Tool Installer) or if you intend to use public upstreams with your Feeds. パッケージ サービスの中心的機能には、他の 3 つのドメインが必要です。The other three domains are required for core functionality of the Packaging service.
Azure DevOps ServicesAzure DevOps Services *.vsassets.io*.vsassets.io
static2.sharepointonline.comstatic2.sharepointonline.com
Azure DevOps Services と接続するために使用Used to connect with Azure DevOps Services

場合によって、ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの内側で Visual Studio をインストールし使用するときにネットワークまたはプロキシに関連するエラーが発生する場合があります。Sometimes, you might run in to network- or proxy-related errors when you install or use Visual Studio behind a firewall or a proxy server. このようなエラー メッセージの解決策の詳細については、「Troubleshooting network-related errors when you install or use Visual Studio」 (Visual Studio をインストールまたは使用するときのネットワーク関連のエラーのトラブルシューティング) ページを参照してください。For more information about solutions for such error messages, see the Troubleshooting network-related errors when you install or use Visual Studio page.

サポートを受けるGet support

インストール関連の問題については、ライブ チャット (英語のみ) でのサポート オプションが用意されています。We offer a live chat (English only) support option for installation-related issues.

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。Here are a few more support options:

関連項目See also