低帯域幅または信頼性の低いネットワーク環境に Visual Studio 2017 をインストールする

Visual Studio 2017 インストーラーは、さまざまなネットワーク環境またはさまざまなコンピューター環境で問題なく動作するように設計されています。

  • Visual Studio のインストールに必要なファイルはグローバル配信ネットワークで配信されます。そのため、ローカル サーバーから届けられます。
  • インストール プロセス中、アンチウイルス/プロキシ ソフトウェアによる干渉を最小限に抑えるために、3 つの異なるダウンロード技術 (WebClient、BITS、WinInet) が試されます。
  • 新しいワークロード ベース モデルでは、旧バージョンの Visual Studio よりインストール回数が少なくなります。

そのため、新しい Web インストーラーを推奨しています。その利便性を実感していただけるものと考えております。 しかしながら、インストール ファイルが正しくダウンロードされたことを確認してから Visual Studio のインストールを始めるのであれば、それも可能です。 コマンド ラインを利用して必要なファイルのローカル キャッシュを作成してからインストールを開始できます。

ここではその方法を説明します。

Visual Studio ブートストラップをダウンロードする

最初に、選択したエディションの Visual Studio の Visual Studio ブートストラップをダウンロードします。

セットアップ ファイル— (具体的にはブートストラップ ファイル)— は、次のいずれかになります (あるいは同様のファイル)。

エディション ファイル
Visual Studio コミュニティ vs_community.exe
Visual Studio Professional vs_professional.exe
Visual Studio Enterprise vs_enterprise.exe

ローカル インストール キャッシュを作成する

ローカル レイアウトを作成するには、コマンド プロンプトを開き、次の例にあるいずれかのコマンドを使用します。 この例では、Visual Studio Community ブートストラップをダウンロードしているものと想定しています。ご利用のエディションに合わせ、コマンドを適宜調整してください。

  • .NET Web と .NET デスクトップ開発の場合、次を実行します。 vs_community.exe --layout c:\vs2017layout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --add Component.GitHub.VisualStudio --includeOptional --lang en-US
  • .NET デスクトップと Office 開発の場合、次を実行します。 vs_community.exe --layout c:\vs2017layout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.Office --includeOptional --lang en-US
  • C++ デスクトップ開発の場合、次を実行します。

    vs_community.exe --layout c:\vs2017layout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop --includeRecommended --lang en-US
    
  • すべての機能を備えた完全ローカル レイアウトを作成するには (これには時間がかかりますが、_たくさん_の機能があります)、次を実行します。

    vs_community.exe --layout c:\vs2017layout --lang en-US
    

英語以外の言語をインストールする場合、このページの下の一覧にあるロケールに en-US を変更します。 この利用できるコンポーネントとワークロードの一覧を利用し、必要に応じて、インストール キャッシュをさらにカスタマイズできます。

ローカル キャッシュからインストールする

ローカル インストール キャッシュから実行するとき、各ファイルのローカル バージョンを使用します。 ただし、インストール中、キャッシュにないコンポーネントを選択すると、インターネットからのダウンロードが試行されます。

ダウンロードしたファイルのみがインストールされるように、レイアウト キャッシュの作成に利用したものと同じコマンド ライン オプションを使用します。 たとえば、次のコマンドでレイアウト キャッシュを作成した場合、

vs_community.exe --layout c:\vs2017layout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --add Component.GitHub.VisualStudio --includeOptional --lang en-US

このコマンドを利用してインストールを実行します。

c:\vs2017layout\vs_community.exe --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --add Component.GitHub.VisualStudio --includeOptional

言語ロケールの一覧

言語ロケール 言語
cs-CZ チェコ語
de-DE ドイツ語
en-US 英語
es-ES スペイン語
fr-FR フランス語
it-IT イタリア語
ja-JP 日本語
ko-KR 韓国語
pl-PL ポーランド語
pt-BR ポルトガル語 - ブラジル
ru-RU ロシア語
tr-TR トルコ語
zh-CN 中国語 - 簡体字
zh-TW 中国語 - 繁体字

関連項目