Visual Studio を修復します

Visual Studio のインストールが損傷したり、破損したりすることがあります。 修復は、更新プログラムの問題など、さまざまなインストール時の問題を修正する場合に役立ちます。

修復を使用する場面

次に関する問題が発生している場合は、修復を使用します。

  • インストールのペイロード。ディスクへのファイルの書き込みに失敗し、ファイルが破損した場合に発生する可能性があります。 修復によって、必要なファイルを再取得できます。
  • クライアント側のダウンロード — インターネット接続またはプロキシに関する問題が修正済みであると仮定します。
  • Visual Studio の更新。 修復では、多くの一般的な更新プログラムの問題が修正されます。

ヒント

不安定なインターネット接続や、Windows インストーラーなどの Windows サービスの問題が原因で、インストールの問題が発生する可能性があります。 このようなシナリオでは、修復も影響を受ける可能性があります。 根本的な問題をチェックするために、Visual Studio インストーラーによって生成されたエラー レポートを確認してください。

注意

Visual Studio を修復すると、ユーザー設定がリセットされ、既存のアセンブリが再インストールされます。 製品の問題が発生しており、修復によってそれが解決されない場合は、Visual Studio フィードバック チケットを作成します。 詳細については、「Visual Studio または Visual Studio インストーラーに関する問題を報告する方法」を参照してください。

修復方法

  1. コンピューター上の Visual Studio インストーラー を見つけます。

    たとえば、Windows 10 Anniversary Update 以降を実行しているコンピューター上では、 [スタート] を選択し、Visual Studio インストーラー としてリスト表示される V の文字までスクロールします。

    注意

    一部のコンピューターでは、Visual Studio インストーラーが Microsoft Visual Studio インストーラー として "M" の項に表示される場合があります。

    Visual Studio インストーラーは C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe にもあります。

  2. インストーラーを開き、 [その他] を選択した後、 [修復] を選択します。

    Visual Studio インストーラーの [その他] ドロップダウン メニューの [修復] オプションを示すスクリーンショット。

    注意

    Visual Studio を修復すると、環境がリセットされます。 昇格なしでインストールした、ユーザーごとの拡張機能などのローカル カスタマイズや、ユーザー設定、およびプロファイルが削除されます。 テーマ、色、キー バインドなど、同期された設定が復元されます。

    ヒント

    [修復] オプションは、インストールされている Visual Studio のインスタンスに対してのみ表示されます。 [修復] オプションが表示されない場合は、Visual Studio インストーラーに "インストール済み" ではなく "使用可能" と表示されているバージョンで [その他] を選択した可能性があります。

  1. コンピューター上の Visual Studio インストーラー を見つけます。

    Windows の [スタート] メニューから「インストーラー」を検索できます。

    [スタート] メニューでの Visual Studio インストーラーの検索結果を示すスクリーンショット。

    注意

    また、Visual Studio インストーラーは次の場所にもあります。

    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe

    続行する前に、インストーラーの更新が必要な場合があります。 その場合は、画面の指示に従います。

  2. インストーラーで、インストールした Visual Studio のエディションを探します。 次に、 [その他] を選択した後、 [修復] を選択します。

    Visual Studio インストーラーの [その他] ドロップダウン メニューの [修復] オプションを示すスクリーンショット。

    注意

    Visual Studio を修復すると、その環境がリセットされます。 昇格なしでインストールした、ユーザーごとの拡張機能などのローカル カスタマイズや、ユーザー設定、およびプロファイルが削除されます。 テーマ、色、キー バインドなどの同期された設定は復元されます。

    ヒント

    [修復] オプションは、インストールされている Visual Studio のインスタンスに対してのみ表示されます。 [修復] オプションが表示されない場合は、Visual Studio インストーラーに "インストール済み" ではなく "使用可能" と表示されているバージョンで [その他] を選択した可能性があります。

  1. コンピューター上の Visual Studio インストーラー を見つけます。

    Windows の [スタート] メニューから「インストーラー」を検索し、結果から [Visual Studio インストーラー] を選択します。

    [スタート] メニューでの Visual Studio インストーラーの検索結果を示すスクリーンショット。

    注意

    また、Visual Studio インストーラーは次の場所にもあります。

    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe

    続行する前に、Visual Studio インストーラーを更新するように求められる場合があります。 その場合は、画面の指示に従います。

  2. Visual Studio インストーラーで、修復する Visual Studio のインストールを探します。 次に、 [その他] ドロップダウン メニューから [修復] を選択します。

    Visual Studio インストーラーの [その他] ドロップダウン メニューの [修復] オプションを示すスクリーンショット。

    注意

    Visual Studio を修復すると、その環境がリセットされます。 昇格なしでインストールしたユーザーごとの拡張機能、ユーザー設定、およびプロファイルなどのローカル カスタマイズが削除されます。 テーマ、色、キー バインドなどの同期された設定は復元されます。

    ヒント

    [修復] オプションは、Visual Studio のインストール済みのインスタンスに対して適用されます。 [その他] ドロップダウン メニューに [修復] オプションが表示されない場合は、Visual Studio インストーラーの [インストール済み] タブではなく、 [使用可能] タブを表示している可能性があります。

サポートまたはトラブルシューティング

ときには、問題が発生してしまうことがあります。 Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Visual Studio のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング」に記載されているステップ バイ ステップ ガイドをご覧ください。

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。

関連項目