コマンド ライン パラメーターを使用して Visual Studio 2017 をインストールするUse command-line parameters to install Visual Studio 2017

コマンド プロンプトから Visual Studio 2017 をインストールする場合、さまざまなコマンド ライン パラメーターを使用してインストールを管理またはカスタマイズすることができます。When you install Visual Studio 2017 from a command prompt, you can use a variety of command-line parameters to control or customize the installation. コマンド ラインから、次の操作を行うことができます。From the command line, you can perform the following actions:

  • 特定のオプションをあらかじめ選択してインストールする。Start the install with certain options preselected.
  • インストール プロセスを自動化する。Automate the installation process.
  • 後で使用できるようにインストール ファイルのキャッシュ (レイアウト) を作成する。Create a cache (layout) of the installation files for later use.

コマンド ライン オプションは、セットアップ ブートストラップという、ダウンロード プロセスを開始する約 1 MB の小さなファイルと組み合わせて使用されます。The command-line options are used in conjunction with the setup bootstrapper, which is the small (approximately 1MB) file that initiates the download process. ブートストラップは、Visual Studio サイトからダウンロードしたときに起動される最初の実行可能ファイルです。The bootstrapper is the first executable that is launched when you download from the Visual Studio site. 次のリンクから、インストールする製品エディションに応じた最新リリースのブートストラップを直接取得できます。Use the following links to get a direct link to the latest release bootstrapper for the product edition that you're installing:

コマンド ライン パラメーターの一覧List of command-line parameters

Visual Studio のコマンド ライン パラメーターでは、大文字と小文字は区別されません。Visual Studio command-line parameters are case-insensitive.

構文: vs_enterprise.exe [command] <options>...Syntax: vs_enterprise.exe [command] <options>...

(vs_enterprise.exe は、インストールする製品エディションに適宜置き換えてください。)(Replace vs_enterprise.exe as appropriate for the product edition you're installing.)

ヒント

コマンドラインを使用して Visual Studio 2017 をインストールする方法の例については、コマンド ライン パラメーターの例に関するページをご覧ください。For more examples of how to use the command line to install Visual Studio 2017, see the Command-line parameter examples page.)

コマンドCommand 説明Description
(空白)(blank) 製品をインストールします。Installs the product.
modify インストールされている製品を変更します。Modifies an installed product.
update インストールされている製品を更新します。Updates an installed product.
repair インストールされている製品を修復します。Repairs an installed product.
uninstall インストールされている製品をアンインストールします。Uninstalls an installed product.
インストール オプションInstall option 説明Description
--installPath <dir> 操作するインスタンスのインストール ディレクトリです。The installation directory for the instance to act upon. インストール コマンドの場合、これは省略可能で、インスタンスがインストールされる場所になります。For the install command, this is Optional and is where the instance will be installed. その他のコマンドではこれは必須で、以前にインストール済みのインスタンスがインストールされた場所になります。For other commands, this is Required and is where the previously installed instance was installed.
--addProductLang <language-locale> 省略可能: インストールまたは変更操作時に、製品にインストールされる UI 言語パックを決定します。Optional: During an install or modify operation, this determines the UI language packs that are installed to the product. コマンド ラインに複数回指定して複数の言語パックを追加できます。It can appear multiple times on the command line to add multiple language packs. 指定しない場合、インストール時にはコンピューターのロケールが使用されます。If not present, the installation uses the machine locale. 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。For more information, see the List of language locales section on this page.
--removeProductLang <language-locale> 省略可能: インストールまたは変更操作時に、製品から削除される UI 言語パックを決定します。Optional: During an install or modify operation, this determines the UI language packs that are to be removed from the product. コマンド ラインに複数回指定して複数の言語パックを追加できます。It can appear multiple times on the command line to add multiple language packs. 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。For more information, see the List of language locales section on this page.
--add <one or more workload or component IDs> 省略可能: 1 つ以上のワークロード ID またはコンポーネント ID を追加します。Optional: One or more workload or component IDs to add. 成果物の必須のコンポーネントはインストールされますが、推奨されるコンポーネントまたは省略可能なコンポーネントはインストールされません。The required components of the artifact are installed, but not the recommended or optional components. --includeRecommended--includeOptional を使用して、他のコンポーネントをグローバルに制御できます。You can control additional components globally using --includeRecommended and/or --includeOptional. 複数のワークロードやコンポーネントを含める場合、--add コマンドを繰り返します (例: --add Workload1 --add Workload2)。To include multiple workloads or components, repeat the --add command (for example, --add Workload1 --add Workload2). 詳細に制御するために、ID に ;includeRecommended または ;includeOptional を追加できます (例: --add Workload1;includeRecommended または --add Workload2;includeRecommended;includeOptional)。For finer-grained control, you can append ;includeRecommended or ;includeOptional to the ID (for example, --add Workload1;includeRecommended or --add Workload2;includeRecommended;includeOptional). 詳しくは、ワークロード ID とコンポーネント ID に関するページをご覧ください。For more information, see the Workload and component IDs page. 必要に応じて、このオプションを繰り返すことができます。You can repeat this option as necessary.
--remove <one or more workload or component IDs> 省略可能: 1 つ以上のワークロード ID またはコンポーネント ID を削除します。Optional: One or more workload or component IDs to remove. 詳しくは、ワークロード ID とコンポーネント ID に関するページをご覧ください。For more information, see our Workload and component IDs page. 必要に応じて、このオプションを繰り返すことができます。You can repeat this option as necessary.
--in <path> 省略可能: 応答ファイルへの URI またはパスです。Optional: The URI or path to a response file.
--all 省略可能: 製品のすべてのワークロードおよびコンポーネントをインストールするかどうかを指定します。Optional: Whether to install all workloads and components for a product.
--allWorkloads 省略可能: すべてのワークロードとコンポーネントをインストールし、推奨されるコンポーネントと省略可能なコンポーネントはインストールしません。Optional: Installs all workloads and components, no recommended or optional components.
--includeRecommended 省略可能: インストールされているワークロードの推奨されるコンポーネントを含めますが、オプションのコンポーネントは含めません。Optional: Includes the recommended components for any workloads that are installed, but not the optional components. ワークロードは、--allWorkloads または --add のいずれかで指定されます。The workloads are specified either with --allWorkloads or --add.
--includeOptional 省略可能: インストールされているワークロードのオプションのコンポーネントを含めますが、推奨されるコンポーネントは含めません。Optional: Includes the optional components for any workloads that are installed, but not the recommended components. ワークロードは、--allWorkloads または --add のいずれかで指定されます。The workloads are specified either with --allWorkloads or --add.
--quiet, -q 省略可能: インストールの実行中にユーザー インターフェイスを表示しません。Optional: Do not display any user interface while performing the installation.
--passive, -p 省略可能: ユーザー インターフェイスを表示しますが、ユーザーに対話式操作を要求することはありません。Optional: Display the user interface, but do not request any interaction from the user.
--norestart 省略可能: 指定した場合、--passive または --quiet を含むコマンドでは、コンピューターを自動的に再起動することはありません (必要な場合)。Optional: If present, commands with --passive or --quiet will not automatically restart the machine (if necessary). --passive または --quiet のどちらも指定されていない場合は、無視されます。This is ignored if neither --passive nor --quiet are specified.
--nickname <name> 省略可能: インストールされている製品に割り当てるニックネームを定義します。Optional: This defines the nickname to assign to an installed product. ニックネームは 10 文字を超えることはできません。The nickname cannot be longer than 10 characters.
--productKey 省略可能: インストールされる製品に使用するプロダクト キーを定義します。Optional: This defines the product key to use for an installed product. xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx または xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx のいずれかの形式の英数字 25 文字で構成されます。It is composed of 25 alphanumeric characters either in the format xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx or xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
--help, --?, -h, -? このページのオフライン バージョンを表示します。Display an offline version of this page.

注: 複数のワークロードとコンポーネントを指定する場合、項目ごとに --add または --remove コマンド ライン スイッチを繰り返す必要があります。Note: When specifying multiple workloads and components, you must repeat the --add or --remove command-line switch for each item.

レイアウト オプションLayout options 説明Description
--layout <dir> オフライン インストールのキャッシュを作成するディレクトリを指定します。Specifies a directory to create an offline install cache. 詳細については、「Visual Studio のネットワーク ベース インストールを作成する」をご覧ください。For more information, see Create a network-based installation of Visual Studio.
--lang <one or more language-locales> 省略可能: --layout とともに使用して、指定した言語でのリソース パッケージによるオフライン インストール キャッシュを準備します。Optional: Used with --layout to prepare an offline install cache with resource packages with the specified language(s). 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。For more information, see the List of language locales section on this page.
--add <one or more workload or component IDs> 省略可能: 1 つ以上のワークロード ID またはコンポーネント ID を追加します。Optional: One or more workload or component IDs to add. 成果物の必須のコンポーネントはインストールされますが、推奨されるコンポーネントまたは省略可能なコンポーネントはインストールされません。The required components of the artifact are installed, but not the recommended or optional components. --includeRecommended--includeOptional を使用して、他のコンポーネントをグローバルに制御できます。You can control additional components globally using --includeRecommended and/or --includeOptional. 詳細に制御するために、ID に ;includeRecommended または ;includeOptional を追加できます (例: --add Workload1;includeRecommended または --add Workload2;includeOptional)。For finer-grained control, you can append ;includeRecommended or ;includeOptional to the ID (for example, --add Workload1;includeRecommended or --add Workload2;includeOptional). 詳しくは、ワークロード ID とコンポーネント ID に関するページをご覧ください。For more information, see the Workload and component IDs page.
注意: --add を使用する場合、指定したワークロードとコンポーネント、およびその依存関係のみがダウンロードされます。Note: If --add is used, only the specified workloads and components and their dependencies are downloaded. --add を指定しない場合は、すべてのワークロードとコンポーネントがレイアウトにダウンロードされます。If --add is not specified, all workloads and components are downloaded to the layout.
--includeRecommended 省略可能: インストールされているワークロードの推奨されるコンポーネントを含めますが、オプションのコンポーネントは含めません。Optional: Includes the recommended components for any workloads that are installed, but not the optional components. ワークロードは、--allWorkloads または --add のいずれかで指定されます。The workloads are specified either with --allWorkloads or --add.
--includeOptional 省略可能: レイアウトに含まれるワークロードに、推奨および省略可能なコンポーネントが含まれます。Optional: Includes the recommended and optional components for any workloads being included in the layout. ワークロードは、--add で指定されます。The workloads are specified with --add.
--keepLayoutVersion 15.3 の新機能、省略可能: レイアウトのバージョンを更新することなく、レイアウトに変更を適用します。New in 15.3, optional: Apply changes to the layout without updating the version of the layout.
--verify 15.3 の新機能、省略可能: レイアウトの内容を確認します。New in 15.3, optional: Verify the contents of a layout. 破損または欠落しているすべてのファイルが一覧に表示されます。Any corrupt or missing files are listed.
--fix 15.3 の新機能、省略可能: レイアウトの内容を確認します。New in 15.3, optional: Verify the contents of a layout. 破損または欠落しているファイルが見つかった場合は、再ダウンロードします。If any files are found to be corrupt or missing, they are redownloaded. レイアウトを修正するには、インターネットへのアクセスが必要です。Internet access is required to fix a layout.
--clean <one or more paths to catalogs> 15.3 の新機能、省略可能: 新しいバージョンに更新されたレイアウトから古いバージョンのコンポーネントを削除します。New in 15.3, optional: Removes old versions of components from a layout that has been updated to a newer version.
高度なインストール オプションAdvanced install options 説明Description
--channelId <id> 省略可能: インストールするインスタンスのチャネル ID です。Optional: The ID of the channel for the instance to be installed. インストール コマンドでは必須です。--installPath を指定した場合、その他のコマンドは無視されます。This is required for the install command, ignored for other commands if --installPath is specified.
--channelUri <uri> 省略可能: チャネル マニフェストの URI です。Optional: The URI of the channel manifest. 更新が望ましくない場合は、--channelUri で存在しないファイルを指定できます If updates are not desired, --channelUri can point to a non-existent file. (例: --channelUri C:\doesntExist.chman)。これはインストール コマンドに使用できます。その他のコマンドでは無視されます。(for example, --channelUri C:\doesntExist.chman) This can be used for the install command; it is ignored for other commands.
--installChannelUri <uri> 省略可能: インストールに使用するチャネル マニフェストの URI です。Optional: The URI of the channel manifest to use for the installation. --channelUri で指定された URI (--installChannelUri を指定した場合は必ず指定する必要があります) は、更新プログラムを検出するために使用されます。The URI specified by --channelUri (which must be specified when --installChannelUri is specified) is used to detect updates. インストール コマンドに使用できます。その他のコマンドでは無視されます。This can be used for the install command; it is ignored for other commands.
--installCatalogUri <uri> 省略可能: インストールに使用するカタログ マニフェストの URI です。Optional: The URI of the catalog manifest to use for the installation. これを指定すると、チャネル マネージャーは、インストール チャネル マニフェストの URI を使用する前に、この URI からカタログ マニフェストをダウンロードしようとします。If specified, the channel manager attempts to download the catalog manifest from this URI before using the URI in the install channel manifest. このパラメーターは、レイアウトのキャッシュが既にダウンロードされている製品カタログで作成される、オフライン インストールをサポートするために使用されます。This parameter is used to support offline install, where the layout cache will be created with the product catalog already downloaded. インストール コマンドに使用できます。その他のコマンドでは無視されます。This can be used for the install command; it is ignored for other commands.
--productId <id> 省略可能: インストールされるインスタンスの製品 ID です。Optional The ID of the product for the instance that will be installed. これは、通常のインストールの条件下では事前に配布されています。This is prepopulated in normal installation conditions.
--wait 省略可能: インストールが完了し、終了コードが返されるまでプロセスは待機します。Optional: The process will wait until the install is completed before returning an exit code. このオプションは、インストールが完了するまで待ってから、そのインストールからのリターン コードを処理する必要があるインストールの自動化に役立ちます。This is useful when automating installations where one needs to wait for the install to finish to handle the return code from that install.
--locale <language-locale> 省略可能: インストーラー自体のユーザー インターフェイスの表示言語を変更します。Optional: Change the display language of the user interface for the installer itself. 設定は保持されます。Setting will be persisted. 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。For more information, see the List of language locales section on this page.
--cache 15.2 の新機能、省略可能: 指定した場合、インストールされた後、その後の修復用にパッケージが保持されます。New in 15.2, optional: If present, packages will be kept after being installed for subsequent repairs. このオプションでは、その後のインストール、修復、または修正に使用されるグローバル ポリシー設定がオーバーライドされます。This overrides the global policy setting to be used for subsequent installs, repairs, or modifications. 既定のポリシーでは、パッケージをキャッシュします。The default policy is to cache packages. アンインストール コマンドでは、これは無視されます。This is ignored for the uninstall command. 詳細については、「disable or move the package cache」 (パッケージ キャッシュの無効化または移動) を参照してください。Read how to disable or move the package cache for more information.
--nocache 15.2 の新機能、省略可能: 指定した場合、パッケージはインストールまたは修復された後、削除されます。New in 15.2, optional: If present, packages will be deleted after being installed or repaired. 必要な場合にのみ、もう一度ダウンロードされ、使用後はもう一度削除されます。They will be downloaded again only if needed and deleted again after use. このオプションでは、その後のインストール、修復、または修正に使用されるグローバル ポリシー設定がオーバーライドされます。This overrides the global policy setting to be used for subsequent installs, repairs, or modifications. 既定のポリシーでは、パッケージをキャッシュします。The default policy is to cache packages. アンインストール コマンドでは、これは無視されます。This is ignored for the uninstall command. 詳細については、「disable or move the package cache」 (パッケージ キャッシュの無効化または移動) を参照してください。Read how to disable or move the package cache for more information.
--noUpdateInstaller 15.2 の新機能、省略可能: 指定した場合、quiet が指定されていると、インストーラーはインストーラー自体を更新しません。New in 15.2, optional: If present, prevents the installer from updating itself when quiet is specified. インストーラーの更新が必要な場合に、noUpdateInstaller と quiet の両方が指定されていると、インストーラーはコマンドを失敗させて、0 以外の終了コードを返します。The installer will fail the command and return a non-zero exit code if noUpdateInstaller is specified with quiet when an installer update is required.
--noWeb 15.3 の新機能、省略可能: インターネットからインストールしているコンテンツのダウンロードが即時セットアップされます。New in 15.3, optional: Setup now downloads any content that it is installing from the Internet. インストールされるすべてのコンテンツがオフライン レイアウトで使用できる必要があります。All content that is being installed must be available in an offline layout. レイアウトにコンテンツがない場合、セットアップは失敗します。If the layout is missing content, setup fails. 詳細については、「ネットワーク インストールから展開する」をご覧ください。For more information, see Deploying from a network installation.
--path <name>=<path> 15.7 の新機能、省略可能: インストール用のカスタム インストール パスを指定するために使用します。New in 15.7, optional: Used to specify custom install paths for the installation. サポートされているパス名は、shared、cache、および install です。Supported path names are shared, cache, and install.
--path cache=<path> 15.7 の新機能、省略可能: 指定した場所を使用してインストール ファイルをダウンロードします。New in 15.7, optional: Uses the location you specify to download installation files. この場所は、Visual Studio を初めてインストールするときにのみ設定することができます。This location can only be set the first time that Visual Studio is installed. 例 : --path cache="C:\VS\cache"Example: --path cache="C:\VS\cache"
--path shared=<path> 15.7 の新機能、省略可能: Visual Studio のサイド バイ サイド インストール用の共有ファイルが含まれています。New in 15.7, optional: Contains shared files for side-by-side Visual Studio installations. ツールおよび SDK については、このドライブ上の場所にインストールされるものもあれば、この設定をオーバーライドして、別のドライブにインストールされるものもあります。Some tools and SDKs install to a location on this drive, while some others might override this setting and install to another drive. 例 : --path shared="C:\VS\shared"Example: --path shared="C:\VS\shared"

重要: これは Visual Studio を初めてインストールするときに 1 回のみ設定できます。Important: This can be set only once and on the first time that Visual Studio is installed.
--path install=<path> 15.7 の新機能、省略可能: –-installPath と等価です。New in 15.7, optional: Equivalent to –-installPath. 具体的には、--installPath "C:\VS"--path install="C:\VS" が等価です。Specifically, --installPath "C:\VS" and --path install="C:\VS" are equivalent. これらは、一度に 1 つずつしか使用できません。Only one of these can be used at a time.

ワークロード ID とコンポーネント ID の一覧List of workload IDs and component IDs

Visual Studio 製品ごとに並べられているワークロード ID とコンポーネント ID の一覧については、「Visual Studio 2017 のワークロード ID とコンポーネント ID」のページを参照してください。For a list of workload and component IDs sorted by Visual Studio product, see the Visual Studio 2017 Workload and Component IDs page.

言語ロケールの一覧List of language locales

言語ロケールLanguage-locale LanguageLanguage
Cs-czCs-cz チェコ語Czech
De-deDe-de ドイツ語German
En-usEn-us 英語English
Es-esEs-es スペイン語Spanish
Fr-frFr-fr フランス語French
It-itIt-it イタリア語Italian
Ja-jpJa-jp 日本語Japanese
Ko-krKo-kr 韓国語Korean
Pl-plPl-pl ポーランド語Polish
Pt-brPt-br ポルトガル語 - ブラジルPortuguese - Brazil
Ru-ruRu-ru ロシア語Russian
Tr-trTr-tr トルコ語Turkish
Zh-cnZh-cn 中国語 - 簡体字Chinese - Simplified
Zh-twZh-tw 中国語 - 繁体字Chinese - Traditional

エラー コードError codes

操作の結果に応じて、%ERRORLEVEL% 環境変数は、次のいずれかの値に設定されます。Depending on the result of the operation, the %ERRORLEVEL% environment variable is set to one of the following values:

[値]Value 結果Result
00 操作は正常に終了しましたOperation completed successfully
16021602 操作が取り消されましたOperation was canceled
30103010 操作は正常に完了しましたが、インストールした製品を使用する前に再起動が必要ですOperation completed successfully, but install requires reboot before it can be used
50045004 操作が取り消されましたOperation was canceled
50075007 操作がブロックされました - コンピューターが要件を満たしていませんOperation was blocked - the computer does not meet the requirements
その他Other 失敗の状態が発生しました。詳細については、ログを参照してくださいFailure condition occurred - check the logs for more information

操作ごとに、インストールの進行状況を示す複数のログ ファイルが %TEMP% ディレクトリに生成されます。Each operation generates several log files in the %TEMP% directory that indicate the progress of the installation. フォルダーを日付で並べ替え、dd_bootstrapperdd_clientdd_setup で始まるファイルを探します (それぞれブートストラップ、インストーラー アプリ、セットアップ エンジンを表します)。Sort the folder by date and look for files that begin with dd_bootstrapper, dd_client, and dd_setup for the bootstrapper, the installer app, and the setup engine, respectively.

サポートを受けるGet support

ときには、問題が発生してしまうことがあります。Sometimes, things can go wrong. Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Troubleshooting Visual Studio 2017 installation and upgrade issues (Visual Studio 2017 のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング)」ページをご覧ください。If your Visual Studio installation fails, see the Troubleshooting Visual Studio 2017 installation and upgrade issues page. トラブルシューティングの手順でも解決しない場合は、ライブ チャットでインストールの支援を依頼してください (英語のみ)。If none of the troubleshooting steps help, you can contact us by live chat for installation assistance (English only). 詳細については、Visual Studio のサポート ページをご覧ください。For details, see the Visual Studio support page.

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。Here are a few more support options:

関連項目See also