Visual Studio 用 IntelliCode の概要IntelliCode for Visual Studio overview

Visual Studio 用 IntelliCode では、次の機能が提供されます。IntelliCode for Visual Studio provides the following functionality:

  • 複数の言語に対する AI 支援 IntelliSense。単にメンバーの一覧がアルファベット順に提示されるのではなく、開発者にとってそれを使うことが正解となる可能性が最も高い API が予測されます。AI-assisted IntelliSense for multiple languages that predicts the most likely correct API for the developer to use instead of just an alphabetical list of members. 開発者が現在記述しているコードの文脈とパターンを使用し、この一覧を動的に提供します。It uses the developer's current code context and patterns to provide this dynamic list.

    C# ユーザーの場合、IntelliCode では、メンバーの提案が提供されるだけでなく、"引数の入力候補" も提供されます。For C# users, in addition to providing member suggestions, IntelliCode also provides argument completion. この機能 (現在プレビュー段階) では、メソッドを呼び出すときに使用する可能性が最も高い引数名に星が付けられ、入力候補一覧の先頭に表示されます。This capability, which is currently in preview, stars the most likely argument names that you'll use when you call a method and places those suggestions at the top of the completion list. かっこ内への入力を始めるか、Ctrl + Space キーを押すと、入力候補一覧が表示されます。The completion list appears when you start typing inside the parentheses or press Ctrl+Space.

    Visual Studio 用 IntelliCode での引数の入力候補

  • ユーザー独自のコードに基づく (プレビュー) AI 支援IntelliSense レコメンデーション (C# のみ)。(Preview) AI-assisted IntelliSense recommendations based on your own code (C# only).

  • (プレビュー) コードベースから .editorconfig ファイルを動的に作成するための、コード スタイルと書式規則の推論 (C# のみ)。(Preview) Inference of code style and formatting conventions to dynamically create an .editorconfig file from your codebase (C# only).

プレビュー機能Preview features

IntelliCode の機能の一部はまだプレビュー段階であり、将来もサポートされる保証はありません。Some of IntelliCode's features are still in preview, meaning there is no guarantee of future support. 既定では、プレビュー機能が無効になっています。Preview features are disabled by default. IntelliCode のプレビュー機能を有効または無効にするには、 [ツール] > [オプション] > [IntelliCode] の順に選択します。To enable or disable IntelliCode preview features, choose Tools > Options > IntelliCode. [プレビュー機能][有効][無効] 、または [既定] を選択して、各機能を構成します。Under Preview Features, choose Enable, Disable, or Default to configure each feature.

IntelliCode のプレビュー機能を有効にするためのオプション

サポートされる言語Supported languages

AI 支援 IntelliSense 入力候補でサポートされている言語は次のとおりです。The supported languages for AI-assisted IntelliSense completions are:

  • C#C#
  • XAMLXAML
  • C++ (プレビュー機能)C++ (preview feature)
  • JavaScript と TypeScript (プレビュー機能)JavaScript and TypeScript (preview feature)

必須コンポーネントPrerequisites

サポートされているワークロードをインストールすると、Visual Studio 2019 バージョン 16.1 より、IntelliCode を組み込み機能として利用できます。Starting in Visual Studio 2019 version 16.1, IntelliCode is available as a built-in feature if you install a supported workload. 前のバージョンの Visual Studio を使用している場合、Visual Studio 用 IntelliCode 拡張機能は以下でサポートされます。If you're using a prior version of Visual Studio, the IntelliCode extension for Visual Studio is supported on:

  • Visual Studio 2019、またはVisual Studio 2019, or,
  • Visual Studio 2017 バージョン 15.8 以降 (すべてのエディション)Visual Studio 2017 version 15.8 and later (all editions)

特定の言語の AI 支援 IntelliSense を表示するには、拡張機能のインストールのみに必要なものよりもさらに新しいバージョンが必要になる場合があります。To see AI-assisted IntelliSense for certain languages, you may need a more recent version than that required just to install the extension:

  • XAML には、Visual Studio 2017 バージョン 15.9 以降が必要ですXAML requires Visual Studio 2017 version 15.9 or later
  • C++ には、Visual Studio 2019 以降が必要ですC++ requires Visual Studio 2019 or later
  • JavaScript と TypeScript には、Visual Studio 2019 バージョン 16.1 以降および TypeScript 3.4.2 以降が必要ですJavaScript and TypeScript requires Visual Studio 2019 version 16.1 or later and TypeScript 3.4.2 or later

サポートされているワークロードSupported workloads

IntelliCode は次のいずれかのワークロードの一部として Visual Studio 2019 バージョン 16.1 に含まれています。IntelliCode is included in Visual Studio 2019 version 16.1 as part of any of the following workloads:

  • Azure の開発Azure development
  • .NET デスクトップ開発.NET desktop development
  • .NET によるモバイル開発Mobile development with .NET
  • Unity でのゲーム開発Game development with Unity
  • .NET Core クロスプラットフォームの開発.NET Core cross-platform development
  • ASP.NET と Web 開発ASP.NET and web development
  • Visual Studio 拡張機能の開発Visual Studio extension development
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム開発Universal Windows Platform development
  • Office/SharePoint 開発Office/SharePoint development
  • C++ によるデスクトップ開発Desktop development with C++
  • C++ によるゲーム開発Game development with C++
  • C++ でのモバイル開発Mobile development with C++
  • C++ による Linux 開発Linux development with C++

トラブルシューティングTroubleshoot

IntelliCode の候補が表示されない場合は、IntelliSense の UI をオーバーライドする拡張機能がインストールされている可能性があります。If you don't see any IntelliCode suggestions, you may have extensions installed that are overriding the IntelliSense UI. この場合、一覧の先頭に IntelliCode の "星印付き" の候補が表示されないことがあります。This can prevent the IntelliCode "starred" suggestions from appearing at the top of the list. この動作の原因が拡張機能であるかどうかを確認するには、IntelliSense をオフにしてから再度オンにしてください。You can verify if extensions are causing this behavior by turning them off and then trying IntelliSense again. または、拡張機能でサポートされている場合は、オート コンプリート機能をオフにします。Or, if the extension supports it, turn off its auto-completion features.

これで問題を解決できない場合、Visual Studio の問題を報告する機能を使用して報告してください。レポートには IntelliCode を含めてください。If this doesn't solve the problem for you, report it by using the Visual Studio Report a Problem feature and mention IntelliCode in your report.

テレメトリTelemetry

IntelliCode では、製品の改良に役立てるため、一部の利用状況データやエラー報告データが匿名化されて取得されます。IntelliCode captures some anonymized usage and error-reporting data to help improve the product. ユーザー定義のコードが Microsoft に送信されることはありませんが、IntelliCode の結果の使用に関する情報は収集されます。No user-defined code is sent to Microsoft, but we do collect information about your use of the IntelliCode results.

オープンソースまたは .NET の型とメンバーである基本モデルの候補については、IntelliCode の候補が選択されたかどうかが取得され、候補の名前がログに記録されます。For base model suggestions, which are open source or .NET types and members, we capture whether you selected an IntelliCode suggestion and log the name of the suggestion. Microsoft ではそのデータを使用して、基本モデルの品質を監視します。Microsoft uses the data to monitor the quality of the base model. カスタム モデルについては、IntelliCode の候補が選択されたかどうかは取得されますが、ユーザー定義の型またはメソッドの名前はログに記録 "されません"。For custom models, we capture whether you selected an IntelliCode suggestion but do not log the names of your user-defined types or methods.

IntelliCode のデータ収集を無効にするには、Visual Studio エクスペリエンス向上プログラムをオプトアウトします。To turn off data collection for IntelliCode, opt out of the Visual Studio Experience Improvement Program. メニュー バーで、 [ヘルプ][フィードバックの送信][設定] の順に選択します。From the menu bar, select Help > Send Feedback > Settings. [Visual Studio エクスペリエンス向上プログラム] ダイアログで [いいえ、参加しません] を選択し、 [OK] を選択します。In the Visual Studio Experience Improvement Program dialog, select No, I would not like to participate and then select OK.

ユーザー独自の C# コードからパターンを学習するモデルを作成するには、Visual Studio にサインインして、モデル トレーニング サービスを使用できるようにする必要があります。To create models that learn patterns from your own C# code, you need to sign in to Visual Studio to be able to use the model training service. トレーニング サービスでは、モデルの作成に必要な最小限のデータのみが収集されます。The training service collects only the minimum data that's required to create the model. トレーニング済みのモデルは Microsoft によって自分のアカウントにセキュリティ保護されるので、自分、および自分が共有することを選択した他のユーザーだけがアクセスできます。Microsoft keeps the trained models secured to your account so only you and those you choose to share them with can access them. 自分のモデルと、そのモデルが自分のコードに関して学習した内容は、プライベートの状態が維持されます。Your model and what it’s learned about your code stays private to you. 詳しくは、「Data and privacy」(データとプライバシー) をご覧ください。For more information, see Data and privacy.

フィードバックの提供Provide feedback

Visual Studio 用 IntelliCode のバグを報告するには、[ヘルプ] > [フィードバックの送信] > [問題の報告] メニューを使用します。To report an IntelliCode for Visual Studio bug, use the Help > Send Feedback > Report a Problem menu. レポートを送信する前に問題を再現した場合、ログがレポートに自動的に含められます。If you reproduce the problem before submitting the report, logs are automatically included in the report.

機能要求の場合は、このページの下部にある [次のフィードバックを送信] > [この製品] ボタンをクリックして、新しい問題を記録します。For feature requests, click the Send feedback about > This product button at the bottom of this page to log a new issue. それが機能要求であることを明記してください。Mention that it's a feature request.

関連項目See also