Visual Studio Live Share とは

Visual Studio Live Share へようこそ。 Live Share では、使っているプログラミング言語や構築しているアプリの種類に関係なく、リアルタイムで他のユーザーと共同で編集やデバッグができます。 現在のプロジェクトを瞬時に安全に共有したり、共同でデバッグ セッションを開始したり、ターミナル インスタンスを共有したり、localhost の Web アプリを転送したり、音声通話などを行うことができます。

従来のペア プログラミングとは異なり、開発者は Visual Studio Live Share で、各自の好みのエディター設定 (テーマ、キー バインドなど) を維持しながら、独自のカーソルを持ち連携することができます。 これにより、次から次へとシームレスに移行し、独自にアイデアやタスクを調べることができます。 この共同作業をしながら独立性を保てる機能により、実際会って行う コラボレーションのようなエクスペリエンスが得られます。

準備はできていますか? この記事では、いくつかの概念と必要な拡張機能のインストール方法について説明します。 簡略化されたバージョンをお探しの場合は、共有参加に関するクイック スタートをご覧ください。

ヒント

ブラウザーから Live Share セッションに参加 できることがわかりましたか。 これは、共同作業のためにデスクトップ クライアントをインストールする必要がなくなったことを意味します。 共有されているリンクをクリックするだけで、ブラウザーで完全に忠実な VS Code エディター エクスペリエンスを得ることができます。 詳しくはこちらをご覧ください

Visual Studio Live Share をインストールする

開始する前に、Live Share のコア要件を満たす Visual Studio または Visual Studio Code のバージョンがインストールされていることを確認する必要があります。

  • Visual Studio Code 1.22.0 以上 - Windows 7、8.1、または 10、macOS "(High Sierra 10.13 以上のみ)"、64 ビット Linux "(64 ビット Ubuntu Desktop 16.04 以上、Fedora 27 以上が推奨されます - 詳細情報)"。
  • Visual Studio 2019 (任意のエディション) - Windows 7、8.1、または 10。
  • Visual Studio 2017 15.6 以上 (任意のエディション) - Windows 7、8.1、または 10。

その後は、Visual Studio Live Share 拡張機能を簡単にダウンロードしてインストールできます。

製品 インストール手順
Visual Studio Code ロゴ Visual Studio Code (1.22.0+)
1. Windows (7、8.1、または 10)、macOS (High Sierra 10.13 以上) 、64 ビット Linux (詳細) 用の Visual Studio Code をインストールします
2. マーケットプレースから Visual Studio Live Share 拡張機能をダウンロードしてインストールします。
3. 再度読み込み、依存関係がダウンロードおよびインストールされるまで待機します (ステータス バーを参照)。
4. Linux: ライブラリのインストールを求められた場合は、インストールをクリックし、パスワードを入力して、完了したら VS Code を再起動します。
Download button
Visual Studio 2019 ロゴ Visual Studio 2019
1. Visual Studio 2019 をインストールします。
2. サポートされているワークロードをインストールします (例: ASP.NET、.NET Core、C++、Python、Node.js)
3. Visual Studio Live Share は、既定でこれらのワークロードと共にインストールされます。
Visual Studio 2017 ロゴ Visual Studio 2017 15.6 以上
1. 最新バージョンの Visual Studio 2017 (15.6+) を Windows (7、8.1、または 10) にインストールします。
2. サポートされているワークロードをインストールします。(例: ASP.NET、.NET Core、C++、Node.js)。
3. マーケットプレースから Visual Studio Live Share 拡張機能をダウンロードしてインストールします。
Download button

Visual Studio Live Share をダウンロードして使用すると、ライセンス条項プライバシーに関する声明に同意したものと見なされます。 問題が発生した場合は、トラブルシューティングに関するページをご覧ください。

必要な作業は以上です。 これで、VS Code の左下にサインイン状態のバーが、Visual Studio の右上に共有ボタンが表示されるようになりました。 次の作業については、ドキュメントの残りの部分をご覧ください。

関連項目

クイックスタート

方法

関連項目

問題が発生していますか? トラブルシューティングまたはフィードバックの送信に関するページをご覧ください。