Linux のインストールの詳細

Linux は変化の激しい環境であり、膨大な数のデスクトップ環境やディストリビューションがあるため、作業が複雑になる可能性があります。 サポート対象のバージョンである Ubuntu Desktop (16.04 以降)、CentOS 7、または Fedora Workstation (27 以降) を常に使用し、VS Code の公式のディストリビューションのみを使用する場合、このプロセスは簡単です。 ただし、標準ではない構成またはダウンストリーム ディストリビューションを使用する場合は、問題が発生する可能性があります。 このドキュメントでは、要件に関するいくつかの情報と、構成がコミュニティのみでサポートされている場合でも解決に役立つトラブルシューティングの詳細について説明します。 Live Share でサポートされているのは 64 ビット Linux のみであることに注意してください。

Linux の前提条件をインストールする

Linux のディストリビューションによっては、Live Share が機能するために必要なライブラリがありません。 既定では、Live Share は自動で Linux の前提条件を検出してインストールしようとします。 Live Share でライブラリの不足が原因の可能性がある問題が発生すると、それらをインストールする許可を求めるトースト通知が表示されます。

Toast notification showing message that Linux pre-requisites are missing

[インストール] をクリックすると、ターミナル ウィンドウが表示され、続行するには管理者またはルート (sudo) パスワードを入力するように OS から求められます。 スクリプトが正常に完了し、メッセージに従って Visual Studio Code を再度読み込んだら準備完了です。 他のヒントや回避策については、 ディストリビューション別のヒント を確認することもお勧めします。

スクリプトがディストリビューションをサポートしていないことを示すメッセージが表示される場合は、 コミュニティがサポートするディストリビューションのヒント を参照してください。コミュニティが Microsoft と共有している情報が見つかります。

VS Code でこのコマンドを自動的に実行しない場合は、いつでもターミナル ウィンドウから次のコマンドを実行して、このスクリプトの最新バージョンを手動で再実行することもできます。

wget -O ~/vsls-reqs https://aka.ms/vsls-linux-prereq-script && chmod +x ~/vsls-reqs && ~/vsls-reqs

ディストリビューションごとのヒント

上記の前提条件のインストール スクリプトはさまざまなディストリビューションを対象にしていますが、vanilla のインストールに通常は何が不足しているのか疑問に思われるかもしれません。 次の一覧は、指定されたディストリビューションの新規インストールで見つからなかった主なライブラリを示しています。 また、この一覧には、問題が発生した場合の解決に役立つヒントもいくつか用意されています。

Distribution vanilla インストールで不足しているライブラリ 追加の手順
Ubuntu Desktop 22.04 (64 ビット) libssl1.1 "<なし>"
Ubuntu Desktop 18.04 (64 ビット) "<なし>" "<なし>"
Ubuntu Desktop 16.04 (64 ビット) "<なし>" "<なし>"
Kubuntu 18.04 (64 ビット) gnome-keyring desktop-file-utils "<なし>"
Kubuntu 16.04 (64 ビット) gnome-keyring desktop-file-utils "<なし>"
Xubuntu 18.04 (64 ビット) "<なし>"
  • [セッションとスタートアップ] の [詳細] タブで [起動時に GNOME サービスを起動する] がオンに設定されている必要があります。
  • サインインの問題が発生した場合は、seahorse をインストールし、"パスワードとキー" を起動し、"ログイン" キーリングが設定され、ロックを解除できることを確認します。
Xubuntu 16.04 (64 ビット) "<なし>"
  • [セッションとスタートアップ] の [詳細] タブで [起動時に GNOME サービスを起動する] がオンに設定されている必要があります。
  • サインインの問題が発生した場合は、seahorse をインストールし、"パスワードとキー" を起動し、"ログイン" キーリングが設定され、ロックを解除できることを確認します。
Mint 19 Cinnamon (64 ビット) "<なし>" "<なし>"
Mint 18.3 Cinnamon (64 ビット) "<なし>" "<なし>"
Debian 10 (Buster) テスト (64 ビット) リリースが安定していないので、不明です。
Debian 9 GNOME Desktop (64 ビット) "<なし>"
  • 自動インストール スクリプトを使用するには、sudo をインストールして sudo グループにユーザーを追加する必要がある場合があります。
Fedora Workstation 29 (64 ビット) openssl-libs "<なし>"
Fedora Workstation 28 (64 ビット) "<なし>" "<なし>"
Fedora Workstation 27 (64 ビット) "<なし>" "<なし>"
CentOS 7 GNOME Desktop (64 ビット) "<なし>" "<なし>"

Debian、Ubuntu、または RHL 以外がベースになっている他のディストリビューションについては、「コミュニティでサポートされているディストリビューションに関するヒント」を参照してください。

Live Share で必要な特定のライブラリの追加情報については、下記で確認することもできます。

コミュニティでサポートされているディストリビューションに関するヒント

Debian、Ubuntu または RHL のツリーの外部のディストリビューションは、Visual Studio Code または .NET Core では正式にサポートされていません。 つまり、これらは Visual Studio Live Share でも正式にサポートされていないことになります。 ただし、コミュニティでは、多数の追加ディストリビューションで Live Share を実行する方法に関する有用な情報が提供されています。

PR 歓迎: お気に入りのディストリビューションに関する情報を更新したい方は、Microsoft Docs GitHub リポジトリのこちらのファイルに PR を送信してください。 さらに良い方法として、お気に入りのディストリビューションをサポートする依存関係インストーラーを取得する場合は、こちらのファイルに PR を送信できます。

Distribution 動作中? vanilla インストールで不足しているライブラリ その他の手順
Arch Linux (64 ビット) はい 状況に応じて異なります。 考えられるライブラリ: gcr liburcu openssl-1.0 krb5 zlib icu gnome-keyring libsecret desktop-file-utils xorg-xprop icu69
Manjaro 17.1 (64 ビット) はい xorg-xprop liburcu icu69
openSuSE LEAP 15 KDE (64 ビット) はい libopenssl1_0_0 gnome-keyring
  • 前提条件のインストール スクリプトでサポートされます。
Solus 3 (64 ビット) はい xprop
  • 前提条件のインストール スクリプトでサポートされます。
  • リリース 57 以前の vscode パッケージのバージョンには、必要な product.json の値 (下記を参照) が不足していました。 この問題を解決するには、vscodeパッケージをアップグレードしてください。
Gentoo (64 ビット) はい 大きく異なります。 不足している可能性が高いパッケージ: dev-libs/openssl-1.0.2 net-libs/libgsasl dev-libs/icu sys-libs/zlib sys-apps/util-linux app-crypt/libsecret gnome-base/gnome-keyring x11-apps/xprop
  • jorgicio オーバーレイの visual-studio-code パッケージは動作することがわかっています。

前提条件を手動でインストールする

Live Share の依存関係インストール スクリプトを使用することをお勧めしますが、このセクションでは、これらの手順を自分で実行する場合、またはスクリプトでサポートされていないディストリビューションを使用している場合のライブラリ要件の詳細について説明します。

vanilla インストールに通常不足しているライブラリは、「ディストリビューションごとのヒント」および「コミュニティでサポートされているディストリビューションに関するヒント」のセクションを参照してください。

ライブラリの詳細な要件

Visual Studio Live Share のネイティブ ライブラリの要件は .NET Core 2.1 の使用、資格情報を保持するための libsecret、およびブラウザーの統合に基づきます。 次の表は .NET Core で正式にサポートされているディストリビューションの要件をまとめたものです。

Distribution .NET Core の要件 資格情報保持の要件 ブラウザー統合の要件
Ubuntu とダウンストリーム ディストリビューション libssl1.0.0 libkrb5-3 zlib1g libicu55 (Ubuntu 16.04、Mint 18.3 の場合) または libicu57 (Ubuntu 17.10 の場合) または libicu60 (Ubuntu 18.04、Mint 19 の場合) libsecret-1-0 gnome-keyring (または libsecret でサポートされているキーリング - Kwallet では libsecret がサポートされていません) desktop-file-utils x11-utils
Debian 9 およびダウンストリーム ディストリビューション libssl1.0.2 libkrb5-3 zlib1g libicu57 libsecret-1-0 gnome-keyring (または libsecret でサポートされているキーリング - Kwallet では libsecret がサポートされていません) desktop-file-utils x11-utils
RHL/CentOS/Fedora openssl-libs krb5-libs zlib libicu Fedora には openssl-libs も必要です libsecret gnome-keyring (または libsecret でサポートされているキーリング - Kwallet では libsecret がサポートされていません) desktop-file-utils xprop
Alpine Linux openssl1.1 icu krb5 zlib libsecret gnome-keyring (または libsecret でサポートされているキーリング - Kwallet では libsecret がサポートされていません) desktop-file-utils xprop

他のディストリビューションは同じライブラリが必要ですが、パッケージ名は異なる場合があります。 「コミュニティでサポートされているディストリビューションに関するヒント」のセクションでこれらの一部を確認できます。

Debian / Ubuntu

ライブラリは、ターミナルで sudo apt install <library-name> を実行することで Debian または Ubuntu ベースのディストリビューションにインストールできます。

Mint を含む Ubuntu ベースのディストリビューションの場合は、次のように実行します。

sudo apt install libssl1.1 libkrb5-3 zlib1g libicu[0-9][0-9] gnome-keyring libsecret-1-0 desktop-file-utils x11-utils

Debian 9 および Ubuntu 以外のダウンストリーム ディストリビューションの場合は、次のように実行します。

sudo apt install libssl1.0.2 libkrb5-3 zlib1g libicu57 gnome-keyring libsecret-1-0 desktop-file-utils x11-utils

Fedora/CentOS/RHL

ライブラリは、ターミナルで sudo yum install <library-name> を実行することで Fedora、CentOS、または RHL ベースのディストリビューションにインストールできます。 たとえば、次によってすべてのものがインストールされます。

    sudo yum install openssl-libs krb5-libs zlib libicu libsecret gnome-keyring desktop-file-utils xprop

VS Code OSS のイシュー

Arch Linux または Manjaro のユーザー: この問題を回避するには、visual-studio-bin AUR パッケージを使用します。

VS Code OSS の vanilla または変更されたバージョンである Visual Studio Code のパッケージには、Visual Studio Live Share がアクティブ化されないようにするための重要な値が product.json ファイルに含まれていない可能性があります。

この問題が発生していることをすばやく確認するには、[ヘルプ] > [開発者ツールの切り替え] にアクセスし、Live Share 拡張機能が "提示された API" を使用しているためにアクティブ化されなかったことを示すスタック トレースがあるかどうかを確認します。

これが問題であることを確認するには、product.json の内容を確認します。 ファイルの場所はパッケージによって異なりますが、通常は次のいずれかの場所にあります。

  • /usr/share/code/resources/app/product.json
  • /usr/share/vscode/resources/app/product.json

extensionAllowedProposedApi プロパティが指定されていないか、または "ms-vsliveshare.vsliveshare" が参照されていない場合は、この問題のある OSS バージョンを使用しています。

回避策として、product.json に以下を追加することができます。

"extensionAllowedProposedApi": [
  "ms-vsliveshare.vsliveshare",
  "ms-vscode.node-debug",
  "ms-vscode.node-debug2"
]

使用しているディストリビューションの動作が確認されているかどうかの追加情報については、上記を参照してください。

Linux ブラウザーの統合

通常、Visual Studio Live Share では、Linux 上でブラウザーの統合を有効にするために追加のインストール手順が必要ありません

これを実現するために、拡張機能が最初に初期化されるときに、Live Share によってデスクトップ ファイルが自動的に ~/.local/share/applications に、必要なランチャー自体が ~/.local/share/vsliveshare に配置されます。 これが成功した場合、あなたに必要なアクションはありません。

場合によって、ディストリビューションがこの場所をサポートしていないか、または vanilla のインストールで動作するように調整が必要になることがあります。 このような場合、Live Share は代わりに /usr/local/share を使用してフォールバックします。 結果的に、インストール プロセスを完了するには管理者 (sudo) パスワードが必要と通知されることがあります。 ブラウザー ランチャーのインストール先を示すターミナル ウィンドウが表示されます。 入力を求められたらパスワードを入力し、インストールが完了したら Enter キーを押してターミナル ウィンドウを閉じます。

代わりにコマンドを自分で実行する場合は、[代わりにコピーする] をクリックすると、ターミナル コマンドがクリップボードにコピーされます。

最後に、この手順を完全にスキップすることを選択した場合でも、コラボレーション セッションに手動で参加することができますが、ブラウザーで招待リンクを開いて参加することはできなくなります。 Ctrl+Shift+P または Cmd+Shift+P キーを押して、[Live Share: Launcher 設定] コマンドを選択することによって、後でいつでもコマンドにアクセスできます。

関連項目

問題が発生していますか? トラブルシューティングまたはフィードバックの送信に関するページをご覧ください。