エディターの動作Editor Behavior

入力時にコードの書式が設定されるようにエディターの動作を設定することができます。Editor behaviors can be set to allow code to be formatted as it is written. これらのアクションは、 [Visual Studio] > [ユーザー設定] > [テキスト エディター] > [動作] で設定します。よく使用される機能の一部を以下で説明します。These actions are set under Visual Studio > Preferences > Text Editor > Behavior, and some of the more commonly used functions are described below:

エディターの [動作] オプション

  • 新しいクラス、メソッド、またはプロパティを作成するときに、対応する右波かっこをコードに自動的に追加することができます。Matching closing braces can be added automatically to code when creating new classes, methods, or properties. このオプションをオンにして { と入力すると、} が自動的に追加されます。When this option is selected, typing { will automatically add }.
  • セミコロンや波かっこなどの文字列を入力すると、実行時のコード書式設定がトリガーされ、設定されている書式設定が列挙されます。On-the-fly code formatting is triggered by character presses, such as semi-colon or braces, which will emulate the formatting preferences that are set.
  • また、保存時にファイルの書式を選択することもできます。この機能を利用すると、好きなようにコードを作成し、既存のユーザー設定に従って IDE で自動的にコードの書式を設定することができます。You can also choose to format the file when saving it, which allows the writing of code as desired and leaves the IDE responsible for formatting code as set by existing preferences.
  • [インデント] は、[なし]、[自動]、または [スマート] に設定できます。Indentation can be set to None, Auto, or Smart. 機能は次のとおりです。These do the following:
    • なし - カレットを次行の行頭に設定しますNone - sets the caret to the start of the next line
    • 自動 - カレットを次行の同じカラムに設定しますAuto - sets the caret to the same column on the next line
    • スマート - コードに基づいて次行にインデントを設定しますSmart - indents on the following line based on the code
  • 単語を区切る動作は、OS によって異なります。ナビゲーションのために、テキスト エディターは単語の開始位置と終了位置を認識している必要があります。Word-breaking behavior differs between OSes, and for navigation purposes, the text editor needs to know where words begin or end. 書式は Unix または Windows に設定できます。The formatting can be set to Unix or Windows.

また、XML、CSS、HTML、および JSON の書式設定規則も設定できます。You can also set formatting rules for XML, CSS, HTML, and JSON.

関連項目See also