ソース エディターSource editor

信頼できるソース エディターは、簡潔かつ効率的にコードを記述するために不可欠です。A reliable source editor is essential for writing code succinctly and efficiently. Visual Studio for Mac には、IDE との対話の中心になる高機能のソース エディターがあります。Visual Studio for Mac provides a sophisticated source editor that is at the center of your interactions with the IDE. ソース エディターには、開発者が作業を容易にするために期待する機能や必要とする機能が用意されています。具体的には、構文の強調表示、コード スニペット、コードの折りたたみといった基本的な機能をはじめ、完全に機能する IntelliSense コード補完などの Roslyn コンパイラとの統合による機能もあります。The source editor provides features that you might expect and need to do your work with ease: From the basics such a syntax highlighting, code snippets, and code folding, to the benefits of its Roslyn compiler integration, such as fully functional IntelliSense code completion.

Visual Studio for Mac のソース エディターでは、デバッグ、リファクタリング、バージョン管理の統合など、IDE に含まれる他のすべての機能とのシームレスなエクスペリエンスが提供されます。The source editor in Visual Studio for Mac allows for a seamless experience with all the other functionality in the IDE such as debugging, refactoring, and version control integration.

この記事では、ソース エディターの主な機能をいくつか紹介し、最大限に生産性が向上するような Visual Studio for Mac の使い方について説明します。This article introduces some of the key features of the source editor and explores how you can use Visual Studio for Mac to be as productive as possible.

ソース エディターのエクスペリエンスThe source editor experience

コード全体を効率的に表示して移動することは、開発ワークフローにとって不可欠な部分です。Viewing and moving efficiently throughout code is an integral part of the development workflow. 正確にどのような方法でコードを表示して管理するかは個人的な決定であり、開発者により、そして多くの場合はプロジェクトにより異なります。Exactly how you decide to view and maintain code is a personal decision, which varies between developers - and often between projects.

Visual Studio for Mac には、クロスプラット フォーム開発を可能な限りわかりやすく、使いやすいものにする、多くの強力な機能が用意されています。Visual Studio for Mac offers many powerful features to make cross-platform development as accessible and as useful as possible. 以下のセクションでは、主な特徴について説明します。The following sections describe some of the highlights.

コードの折りたたみCode folding

コードの折りたたみを使うと、ディレクティブ、定型のコードとコメント、#region ステートメントなどを使って、コードの完全なセクションを表示したり非表示にしたりできるので、大きなソース コード ファイルを管理しやくなります。Code folding makes it easier to manage large source code files by allowing developers to show or hide complete sections of code, such as using directives, boilerplate code and comments, and #region statements. Visual Studio for Mac では、コードの折りたたみは既定でオフになっています。Code folding is turned off by default in Visual Studio for Mac

コードの折りたたみを有効にするには、 [Visual Studio] > [ユーザー設定] > [テキスト エディター] > [全般] > [コードの折りたたみ] の順に移動します。To turn on code folding, navigate to Visual Studio > Preferences > Text Editor > General > Code Folding:

[コードの折りたたみ] オプション

このメニューでは、#regions やコメントを既定で折りたたんだり、コードの代わりに名前付きのヒントを表示したりすることもできます。This menu also includes the option to fold #regions and comments by default, displaying a named hint, in place of code.

セクションを表示または非表示にするには、行番号の横にある表示ウィジェットを使います。To show or hide sections, use the disclosure widget next to the line number:

コードのセクションの表示または非表示

[表示] > [折りたたみ] > [折りたたみを反転]/[折りたたみをすべて反転] メニュー項目を使って、折りたたみの表示と非表示を切り替えることもできます。You can also switch between showing and hiding the folds by using the View > Folding > Toggle Fold / Toggle All Folds menu item:

[折りたたみ] メニュー項目

このメニュー項目を使って、コードの折りたたみを有効または無効にすることもできます。This menu item can also be used to enable or disable code folding.

右端で折り返すWord wrap

右端での折り返しは、長いコード行または限られたビュー空間で作業する場合に、スペースを管理するのに役立ちます。Word wrap can assist you in managing space when working on long lines of code or with limited view space. 右端での折り返しを使用すると、ビューを覆い隠したり、ソース ビューの幅を狭めたりする可能性があるウィンドウを開いたときでも、コード ビューにソース ファイルの完全な内容を確実に含めることができます。Word wrap can also ensure that your code view contains the full contents of your source file even when opening panes that may obscure your view or reduce the width of your source view.

右端での折り返しは既定では無効になっていますが、Visual Studio for Mac の [ユーザー設定] で有効にすることができます。Word wrap is disabled by default but can be enabled via Preferences in Visual Studio for Mac.

右端での折り返しを有効にするには、 [Visual Studio] > [ユーザー設定] > [テキスト エディター] > [右端で折り返す] の順に移動します。To enable word wrap, navigate to Visual Studio > Preferences > Text Editor > Word Wrap:

右端での折り返しオプション

右端での折り返しを有効にすると、ご利用のソース エディタ ビューの幅を超える行は、自動的にご利用のソース ファイル内の次の行に折り返されます。With word wrap enabled, lines which exceed the width of your source editor view will automatically wrap to the next line within your source file. 右端で折り返された行の横に見やすいグリフを表示するオプションを有効にすることもできます。You can also enable an option which will display a visible glyph next to wrapped lines. これにより、自動的に折り返された行と手動で折り返された行を区別することができます。This will allow you to differentiate between lines which have been wrapped automatically and those which you've wrapped manually.

[右端で折り返す] を有効にして折り返したテキスト

ルーラーRuler

列ルーラーは行の長さを判断する場合に役立ちます。特に、行の長さのガイドラインがあるチームで作業する場合に便利です。The column ruler is useful for determining line lengths, particularly when working on a team that has line length guidelines. 次の図のように、 [Visual Studio] > [ユーザー設定] > [テキスト エディター] > [マーカーとルーラー] に移動し、 [列ルーラーを表示する] を選択 (または、選択を解除) することで、列ルーラーを有効または無効にすることができます。The column ruler can be turned on or off by navigating to Visual Studio > Preferences > Text Editor > Markers and Rulers and selecting (or deselecting) Show Column ruler, as illustrated in the following image:

[列ルーラーを表示する] が強調表示されている [ユーザー設定] ダイアログ

列ルーラーは、ソース エディターに垂直の明るい灰色の線として表示されます。This displays as a vertical light gray line in the source editor.

識別子参照の強調表示Highlight identifier references

[識別子の参照を強調表示する] オプションを有効にしてソース コードの任意のシンボルを選択すると、そのファイル内の他のすべての参照に対する視覚的なガイドが表示されます。With the "Highlight identifier references" option is enabled, you can select any symbol in the source code and the source editor will provide a visual guide to all other references in that file. このオプションを有効にするには、次の図のように、 [Visual Studio] > [ユーザー設定] > [テキスト エディター] > [マーカーとルーラー] に移動し、 [識別子の参照を強調表示する] を選択にします。To turn on this option, go to Visual Studio > Preferences > Text Editor > Markers and Rulers and select Highlight identifier references, as illustrated in the following image:

[識別子の参照を強調表示する] が強調表示されている [ユーザー設定] ダイアログ

強調表示の色は、何かが割り当てられたり参照されたりしていることを確認するのにも便利です。The color of the highlight is also useful for denoting that something is being assigned or referenced. 割り当てられているものは赤で強調表示され、参照されているものは青で強調表示されます。If something is assigned, it is highlighted in red; if it is referenced, it is highlighted in blue:

強調表示の色を示す例

関連項目See also