AspNetCompiler タスク

AspNetCompiler タスクは、ASP.NET アプリケーションをプリコンパイルするためのユーティリティである aspnet_compiler.exe をラップします。

タスク パラメーター

AspNetCompiler タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
AllowPartiallyTrustedCallers 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

このパラメーターが true の場合、厳密な名前のアセンブリは部分的に信頼された呼び出し元を許可します。
Clean 省略可能な Boolean 型のパラメーターです

このパラメーターが true の場合、プリコンパイルされたアプリケーションはクリーン ビルドされます。 以前にコンパイルされたコンポーネントは、再コンパイルされます。 既定値は false です。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -c スイッチに対応します。
Debug 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

このパラメーターが true の場合、コンパイル中にデバッグ情報 (.PDB ファイル) が生成されます。 既定値は false です。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -d スイッチに対応します。
DelaySign 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

このパラメーターが true の場合、アセンブリは作成時に完全に署名されません。
FixedNames 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

このパラメーターが true の場合、コンパイルされたアセンブリに固定名が指定されます。
Force 省略可能な Boolean 型のパラメーターです

このパラメーターが true の場合、タスクはターゲット ディレクトリが既に存在する場合は上書きします。 既存の内容は失われます。 既定値は false です。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -f スイッチに対応します。
KeyContainer 省略可能な String 型のパラメーターです。

厳密な名前のキー コンテナーを指定します。
KeyFile 省略可能な String 型のパラメーターです。

厳密な名前のキー ファイルへの物理パスを指定します。
MetabasePath 省略可能な String 型のパラメーターです。

アプリケーションの IIS メタベースの完全パスを指定します。 このパラメーターを VirtualPath または PhysicalPath パラメーターと組み合わせることはできません。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -m スイッチに対応します。
PhysicalPath 省略可能な String 型のパラメーターです。

コンパイルされるアプリケーションの物理パスを指定します。 このパラメーターを指定しないと、アプリケーションの場所の特定には IIS メタベースが使われます。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -p スイッチに対応します。
TargetFrameworkMoniker 省略可能な String 型のパラメーターです。

使う必要がある aspnet_compiler.exe の .NET Framework バージョンを示す TargetFrameworkMoniker を指定します。 .NET Framework モニカーのみを受け付けます。
TargetPath 省略可能な String 型のパラメーターです。

アプリケーションのコンパイル先の物理パスを指定します。 指定しないと、アプリケーションはインプレースでプリコンパイルされます。
Updateable 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

このパラメーターが true の場合、プリコンパイルされたアプリケーションは更新可能です。 既定値は false です。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -u スイッチに対応します。
VirtualPath 省略可能な String 型のパラメーターです。

コンパイル対象のアプリケーションの仮想パス。 PhysicalPath を指定すると、アプリケーションの場所の指定に物理パスが使われます。 それ以外の場合は IIS メタベースが使われ、アプリケーションは既定のサイトにあるものと想定されます。 このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -v スイッチに対応します。

コメント

このタスクでは、上記のパラメーター以外に、ToolTaskExtension クラスからパラメーターを継承し、このクラス自体は ToolTask クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「ToolTaskExtension 基本クラス」を参照してください。

次のコード例では、AspNetCompiler タスクを使って ASP.NET アプリケーションをプリコンパイルします。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <Target Name="PrecompileWeb">  
        <AspNetCompiler  
            VirtualPath="/MyWebSite"  
            PhysicalPath="c:\inetpub\wwwroot\MyWebSite\"  
            TargetPath="c:\precompiledweb\MyWebSite\"  
            Force="true"  
            Debug="true"  
        />  
    </Target>  
</Project>  

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)