AspNetCompiler タスクAspNetCompiler Task

AspNetCompiler タスクは、ASP.NETASP.NET アプリケーションをプリコンパイルするためのユーティリティである aspnet_compiler.exe をラップします。The AspNetCompiler task wraps aspnet_compiler.exe, a utility to precompile ASP.NETASP.NET applications.

タスク パラメーターTask Parameters

AspNetCompiler タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the AspNetCompiler task.

パラメーターParameter 説明Description
AllowPartiallyTrustedCallers 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

このパラメーターが true の場合、厳密な名前のアセンブリは部分的に信頼された呼び出し元を許可します。If this parameter is true,, the strong-name assembly will allow partially trusted callers.
Clean 省略可能な Boolean 型のパラメーターですOptional Boolean parameter

このパラメーターが true の場合、プリコンパイルされたアプリケーションはクリーン ビルドされます。If this parameter is true, the precompiled application will be built clean. 以前にコンパイルされたコンポーネントは、再コンパイルされます。Any previously compiled components will be recompiled. 既定値は false です。The default value is false. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -c スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -c switch on aspnet_compiler.exe.
Debug 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

このパラメーターが true の場合、コンパイル中にデバッグ情報 (.PDB ファイル) が生成されます。If this parameter is true, debug information (.PDB file) is emitted during compilation. 既定値は false です。The default value is false. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -d スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -d switch on aspnet_compiler.exe.
DelaySign 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

このパラメーターが true の場合、アセンブリは作成時に完全に署名されません。If this parameter is true, the assembly is not fully signed when created.
FixedNames 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

このパラメーターが true の場合、コンパイルされたアセンブリに固定名が指定されます。If this parameter is true, the compiled assemblies will be given fixed names..
Force 省略可能な Boolean 型のパラメーターですOptional Boolean parameter

このパラメーターが true の場合、タスクはターゲット ディレクトリが既に存在する場合は上書きします。If this parameter is true, the task will overwrite the target directory if it already exists. 既存の内容は失われます。Existing contents are lost. 既定値は false です。The default value is false. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -f スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -f switch on aspnet_compiler.exe.
KeyContainer 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

厳密な名前のキー コンテナーを指定します。Specifies a strong name key container.
KeyFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

厳密な名前のキー ファイルへの物理パスを指定します。Specifies the physical path to the strong name key file..
MetabasePath 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

アプリケーションの IIS メタベースの完全パスを指定します。Specifies the full IIS metabase path of the application. このパラメーターを VirtualPath または PhysicalPath パラメーターと組み合わせることはできません。This parameter cannot be combined with the VirtualPath or PhysicalPath parameters. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -m スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -m switch on aspnet_compiler.exe.
PhysicalPath 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

コンパイルされるアプリケーションの物理パスを指定します。Specifies the physical path of the application to be compiled. このパラメーターを指定しないと、アプリケーションの場所の特定には IIS メタベースが使われます。If this parameter is missing, the IIS metabase is used to locate the application. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -p スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -p switch on aspnet_compiler.exe.
TargetFrameworkMoniker 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

使う必要がある aspnet_compiler.exe の .NET Framework バージョンを示す TargetFrameworkMoniker を指定します。Specifies the TargetFrameworkMoniker indicating which .NET Framework version of aspnet_compiler.exe should be used. .NET Framework モニカーのみを受け付けます。Only accepts .NET Framework monikers.
TargetPath 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

アプリケーションのコンパイル先の物理パスを指定します。Specifies the physical path to which the application is compiled. 指定しないと、アプリケーションはインプレースでプリコンパイルされます。If not specified, the application is precompiled in-place.
Updateable 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

このパラメーターが true の場合、プリコンパイルされたアプリケーションは更新可能です。If this parameter is true, the precompiled application will be updateable. 既定値は false です。The default value is false. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -u スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -u switch on aspnet_compiler.exe.
VirtualPath 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

コンパイル対象のアプリケーションの仮想パス。The virtual path of the application to be compiled. PhysicalPath を指定すると、アプリケーションの場所の指定に物理パスが使われます。If PhysicalPath specified, the physical path is used to locate the application. それ以外の場合は IIS メタベースが使われ、アプリケーションは既定のサイトにあるものと想定されます。Otherwise, the IIS metabase is used, and the application is assumed to be in the default site. このパラメーターは、aspnet_compiler.exe の -v スイッチに対応します。This parameter corresponds to the -v switch on aspnet_compiler.exe.

コメントRemarks

上記のパラメーター以外に、このタスクは ToolTaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、ToolTask クラスから継承されます。In addition to the parameters listed above, this task inherits parameters from the ToolTaskExtension class, which itself inherits from the ToolTask class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「ToolTaskExtension 基本クラス」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see ToolTaskExtension Base Class.

Example

次のコード例では、AspNetCompiler タスクを使って ASP.NETASP.NET アプリケーションをプリコンパイルします。The following code example uses the AspNetCompiler task to precompile an ASP.NETASP.NET application.

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <Target Name="PrecompileWeb">  
        <AspNetCompiler  
            VirtualPath="/MyWebSite"  
            PhysicalPath="c:\inetpub\wwwroot\MyWebSite\"  
            TargetPath="c:\precompiledweb\MyWebSite\"  
            Force="true"  
            Debug="true"  
        />  
    </Target>  
</Project>  

参照See Also

タスク Tasks
Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference