AssignTargetPath Task

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

このタスクはリスト ファイルを受け入れ、<TargetPath> 属性がまだ指定されていない場合は、この属性を追加します。

タスク パラメーター

AssignTargetPath タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
RootFolder 省略可能な string 型の入力パラメーターです。

ターゲット リンクを格納しているフォルダーのパスが格納されます。
Files 省略可能な ITaskItem[] 型の入力パラメーターです。

ファイルの受信リストが格納されます。
AssignedFiles 省略可能

ITaskItem [] 型の出力パラメーターです。

ファイルの結果のリストが格納されます。

解説

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「TaskExtension Base Class」を参照してください。

使用例

次の例では、AssignTargetPath タスクを実行してプロジェクトを構成しています。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <Target Name="MyProject">  
        <AssignTargetPath  
RootFolder="Resources"  
            Files="@(ResourceFiles)"  
            <Output TaskParameter="AssignedFiles"  
                ItemName="OutAssignedFiles"/>  
        </AssignTargetPath>  
    </Target>  
</Project>  

参照

タスク
Task Reference