BscMake タスク

重要

Visual Studio IDE では、bscmake は使用されなくなりました。 Visual Studio 2008 以降、ブラウザー情報は、ソリューション フォルダーの sdf ファイルに自動的に格納されます。

Microsoft Browse Information Maintenance Utility ツール (bscmake.exe) をラップします。 bscmake.exe ツールは、コンパイル時に作成されるソース ブラウザー ファイル (.sbr) からブラウザー情報ファイル (.bsc) をビルドします。 .bsc ファイルを表示するには、オブジェクト ブラウザーを使用します。 詳細については、「BSCMAKE リファレンス」を参照してください。

パラメーター

BscMake タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。 タスク パラメーターの大部分は、コマンド ライン オプションに対応します。

パラメーター 説明
AdditionalOptions 省略可能な String 型のパラメーターです。

コマンド ラインで指定するオプションのリストです。 "/option1 /option2 /option#" のようになります。 他の BscMake タスク パラメーターでは表されないオプションを指定する場合は、このパラメーターを使用します。

詳細については、「BSCMAKE オプション」でオプションの説明を参照してください。
OutputFile 省略可能な String 型のパラメーターです。

既定の出力ファイル名をオーバーライドするファイル名を指定します。

詳細については、「BSCMAKE オプション」で /o オプションの説明を参照してください。
PreserveSBR 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、ノンインクリメンタル ビルドを強制的に実行します。 フル ノンインクリメンタル ビルドは .bsc ファイルが存在するかどうかに関係なく実行され、.sbr ファイルの切り詰めは行われません。

詳細については、「BSCMAKE オプション」で /n オプションの説明を参照してください。
Sources 省略可能な ITaskItem[] パラメーターです。

タスクで使用および生成できる MSBuild ソース ファイル アイテムの配列を定義します。
SuppressStartupBanner 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、タスクの開始時に著作権およびバージョン番号のメッセージが表示されないようにします。

詳細については、「BSCMAKE オプション」で /n オプションの説明を参照してください。
TrackerLogDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。

トラッカー ログのディレクトリを指定します。

コメント

関連項目

Task Reference (タスク リファレンス)