CallTarget タスクCallTarget Task

プロジェクト ファイル内で指定されたターゲットを呼び出します。Invokes the specified targets within the project file.

タスク パラメーターTask Parameters

CallTarget タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the CallTarget task.

パラメーターParameter 説明Description
RunEachTargetSeparately 省略可能な Boolean 型の出力パラメーターです。Optional Boolean output parameter.

true の場合は、MSBuildMSBuild エンジンがターゲットごとに 1 回呼び出されます。If true, the MSBuildMSBuild engine is called once per target. false の場合は、MSBuildMSBuild エンジンがすべてのターゲットをビルドするために 1 回呼び出されます。If false, the MSBuildMSBuild engine is called once to build all targets. 既定値は false です。The default value is false.
TargetOutputs 省略可能な <xref:Microsoft.Build.Framework.ITaskItem>[] 型の出力パラメーターです。Optional <xref:Microsoft.Build.Framework.ITaskItem>[] output parameter.

ビルドされたすべてのターゲットの出力が含まれます。Contains the outputs of all built targets.
Targets 省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

ビルドする 1 つまたは複数のターゲットを指定します。Specifies the target or targets to build.
UseResultsCache 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、キャッシュされた結果が返されます (存在する場合)。If true, the cached result is returned if present.

メモ MSBuild タスクが実行された場合、その出力は、ビルド項目のリストとしてスコープ ((ProjectFileName, GlobalProperties)[TargetNames]) にキャッシュされます。Note When an MSBuild task is run, its output is cached in a scope (ProjectFileName, GlobalProperties)[TargetNames] as a list of build items.

コメントRemarks

Targets に指定されたターゲットのビルドが失敗し、RunEachTargetSeparatelytrue に設定されている場合、タスクは残りのターゲットのビルドを続行します。If a target specified in Targets fails and RunEachTargetSeparately is true, the task continues to build the remaining targets.

既定のターゲットをビルドする場合は、MSBuild タスクを使用して、Projects パラメーターを $(MSBuildProjectFile) と等しくなるように設定します。If you want to build the default targets, use the MSBuild Task and set the Projects parameter equal to $(MSBuildProjectFile).

上記のパラメーター以外に、このタスクは <xref:Microsoft.Build.Tasks.TaskExtension> クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、<xref:Microsoft.Build.Utilities.Task> クラスから継承されます。In addition to the parameters listed above, this task inherits parameters from the <xref:Microsoft.Build.Tasks.TaskExtension> class, which itself inherits from the <xref:Microsoft.Build.Utilities.Task> class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see TaskExtension Base Class.

Example

次の例では、CallOtherTargets 内から TargetA を呼び出します。The following example calls TargetA from inside CallOtherTargets.

<Project DefaultTargets="CallOtherTargets"  
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  

    <Target Name="CallOtherTargets">  
        <CallTarget Targets="TargetA"/>  
    </Target>  

    <Target Name="TargetA">  
        <Message Text="Building TargetA..." />  
    </Target>  

</Project>  

参照See Also

Task Reference (タスク リファレンス) Task Reference
ターゲットTargets