CallTarget Task

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

プロジェクト ファイル内で指定されたターゲットを呼び出します。

タスク パラメーター

CallTarget タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター Description
RunEachTargetSeparately 省略可能な Boolean 型の出力パラメーターです。

true の場合は、MSBuild エンジンがターゲットごとに 1 回呼び出されます。 false の場合は、MSBuild エンジンがすべてのターゲットをビルドするために 1 回呼び出されます。 既定値 false です。
TargetOutputs 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーター。

ビルドされたすべてのターゲットの出力がここに格納されます。
Targets 省略可能な String[] 型のパラメーターです。

ビルドするターゲットを指定します。
UseResultsCache 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、キャッシュされた結果が返されます (存在する場合)。

メモ MSBuild タスクが実行された場合、その出力は、ビルド項目のリストとしてスコープ ((ProjectFileName, GlobalProperties)[TargetNames]) にキャッシュされます。

解説

Targets に指定されたターゲットのビルドが失敗し、RunEachTargetSeparatelytrue に設定されている場合は、タスクは残りのターゲットのビルドを継続します。

既定のターゲットをビルドする場合は、MSBuild タスク を使用し、Projects パラメーターを $(MSBuildProjectFile) と等しくなるように設定します。

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「TaskExtension Base Class」を参照してください。

使用例

次の例は、CallOtherTargets 内から TargetA を呼び出します。

<Project DefaultTargets="CallOtherTargets"  
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  

    <Target Name="CallOtherTargets">  
        <CallTarget Targets="TargetA"/>  
    </Target>  

    <Target Name="TargetA">  
        <Message Text="Building TargetA..." />  
    </Target>  

</Project>  

参照

Task Reference
ターゲット