CL タスクCL Task

Visual C++ コンパイラ ツール (cl.exe) をラップします。Wraps the Visual C++ compiler tool, cl.exe. コンパイラは、実行可能ファイル (.exe)、ダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイル、またはコード モジュール (.netmodule) ファイルを生成します。The compiler produces executable (.exe) files, dynamic-link library (.dll) files, or code module (.netmodule) files. 詳細については、「コンパイラ オプション」を参照してください。For more information, see Compiler Options.

パラメーターParameters

CL タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the CL task. タスク パラメーターの大部分とパラメーターのいくつかのセットは、コマンド ライン オプションに対応します。Most task parameters, and a few sets of parameters, correspond to a command-line option.

  • AdditionalIncludeDirectoriesAdditionalIncludeDirectories

    省略可能な String[] 型のパラメーター。Optional String[] parameter.

    インクルード ファイルを検索するディレクトリのリストにディレクトリを追加します。Adds a directory to the list of directories that are searched for include files.

    詳細については、「/I (追加インクルード ディレクトリ)」を参照してください。For more information, see /I (Additional Include Directories).

  • AdditionalOptionsAdditionalOptions

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    コマンド ライン オプションのリスト。A list of command-line options. "/option1 /option2 /option#" のようになります。For example, "/option1 /option2 /option#". 他のタスク パラメーターでは表されないコマンド ライン オプションを指定する場合は、このパラメーターを使用します。Use this parameter to specify command-line options that are not represented by any other task parameter.

    詳細については、「コンパイラ オプション」を参照してください。For more information, see Compiler Options.

  • AdditionalUsingDirectories省略可能な String[] 型のパラメーター。AdditionalUsingDirectoriesOptional String[] parameter.

    #using ディレクティブに渡されたファイル参照を解決するために、コンパイラによって検索されるディレクトリを指定します。Specifies a directory that the compiler will search to resolve file references passed to the #using directive.

    詳細については、「/AI (メタデータ ディレクトリの指定)」を参照してください。For more information, see /AI (Specify Metadata Directories).

  • AlwaysAppendAlwaysAppend

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    コマンド ラインで常に出力される文字列。A string that always gets emitted on the command line. 既定値は "/c" です。Its default value is "/c".

  • AssemblerListingLocationAssemblerListingLocation

    アセンブリ コードを含むリスティング ファイルを作成します。Creates a listing file that contains assembly code.

    詳細については、「/FA、/Fa (リスティング ファイル)」の /Fa オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /Fa option in /FA, /Fa (Listing File).

  • AssemblerOutputAssemblerOutput

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    アセンブリ コードを含むリスティング ファイルを作成します。Creates a listing file that contains assembly code.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • NoListing - <なし>NoListing - <none>

    • AssemblyCode - /FAAssemblyCode - /FA

    • AssemblyAndMachineCode - /FAcAssemblyAndMachineCode - /FAc

    • AssemblyAndSourceCode - /FAsAssemblyAndSourceCode - /FAs

    • All - /FAcsAll - /FAcs

      詳細については、「/FA、/Fa (リスティング ファイル)」の /FA/FAc/FAs、および /FAcs の各オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /FA, /FAc, /FAs, and /FAcs options in /FA, /Fa (Listing File).

  • BasicRuntimeChecksBasicRuntimeChecks

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    runtime_checks プラグマと組み合わせて使用し、ランタイム エラー チェック機能を有効および無効にします。Enables and disables the run-time error checks feature, in conjunction with the runtime_checks pragma.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • Default - <none>Default - <none>

    • StackFrameRuntimeCheck - /RTCsStackFrameRuntimeCheck - /RTCs

    • UninitializedLocalUsageCheck - /RTCuUninitializedLocalUsageCheck - /RTCu

    • EnableFastChecks - /RTC1EnableFastChecks - /RTC1

      詳細については、「/RTC (ランタイム エラー チェック)」を参照してください。For more information, see /RTC (Run-Time Error Checks).

  • BrowseInformationBrowseInformation

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、ブラウザー情報ファイルが作成されます。If true, creates a browse information file.

    詳細については、「/FR、/Fr (.sbr ファイルの作成)」の /FR オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /FR option in /FR, /Fr (Create .Sbr File).

  • BrowseInformationFileBrowseInformationFile

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    ブラウザー情報ファイルのファイル名を指定します。Specifies a file name for the browse information file.

    詳細については、この表の BrowseInformation パラメーターを参照してください。また、「/FR、/Fr (.sbr ファイルの作成)」も参照してください。For more information, see the BrowseInformation parameter in this table, and also see /FR, /Fr (Create .Sbr File).

  • BufferSecurityCheckBufferSecurityCheck

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、リターン アドレス (バッファー サイズの制限を適用しないコードを利用するための一般的な方法) を上書きするいくつかのバッファー オーバーランが検出されます。If true, detects some buffer overruns that overwrite the return address, a common technique for exploiting code that does not enforce buffer size restrictions.

    詳細については、「/GS (バッファーのセキュリティ チェック)」を参照してください。For more information, see /GS (Buffer Security Check).

  • BuildingInIDEBuildingInIDE

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、IDE によって MSBuild が呼び出されることを示します。If true, indicates that MSBuild is invoked by the IDE. それ以外の場合は、コマンドラインで MSBuild が呼び出されます。Otherwise, MSBuild is invoked on the command line.

  • CallingConventionCallingConvention

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    関数の引数をスタックにプッシュする順序、呼び出し元と呼び出し先のどちらの関数が呼び出しの最後にスタックから引数を削除するか、および個々の関数を識別するためにコンパイラが使用する名前装飾規約を決定する、呼び出し規則を指定します。Specifies the calling convention, which determines the order in which function arguments are pushed onto the stack, whether the caller function or called function removes the arguments from the stack at the end of the call, and the name-decorating convention that the compiler uses to identify individual functions.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • CompileAsCompileAs

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    入力ファイルを C と C++ のどちらのソース ファイルとしてコンパイルするかを指定します。Specifies whether to compile the input file as a C or C++ source file.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • CompileAsManagedCompileAsManaged

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    アプリケーションおよびコンポーネントで、共通言語ランタイム (CLR) の機能を使用できるようにします。Enables applications and components to use features from the common language runtime (CLR).

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • CreateHotpatchableImageCreateHotpatchableImage

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、ホット パッチ用のイメージを準備するようにコンパイラに指示します。If true, tells the compiler to prepare an image for hot patching. このパラメーターを使用することで、各関数の最初の命令が確実にホットパッチに必要な 2 バイトになります。This parameter ensures that the first instruction of each function is two bytes, which is required for hot patching.

    詳細については、「/hotpatch (ホットパッチ可能なイメージの作成)」を参照してください。For more information, see /hotpatch (Create Hotpatchable Image).

  • DebugInformationFormatDebugInformationFormat

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    プログラムに対して作成するデバッグ情報の種類を選択し、デバッグ情報をオブジェクト (.obj) ファイルに保存するのかプログラム データベース (PDB) に保存するのかを選択します。Selects the type of debugging information created for your program and whether this information is kept in object (.obj) files or in a program database (PDB).

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • DisableLanguageExtensionsDisableLanguageExtensions

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、ANSI C や ANSI C++ と互換性のない言語コンストラクトに対してエラーを出力するようコンパイラに指示します。If true, tells the compiler to emit an error for language constructs that are not compatible with either ANSI C or ANSI C++.

    詳細については、「/Za、/Ze (言語拡張機能の無効化)」の /Za オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /Za option in /Za, /Ze (Disable Language Extensions).

  • DisableSpecificWarningsDisableSpecificWarnings

    省略可能な String[] 型のパラメーター。Optional String[] parameter.

    セミコロン区切りリストで指定されている警告番号を無効にします。Disables the warning numbers that are specified in a semicolon-delimited list.

    詳細については、「/w、/Wn、/WX、/Wall、/wln、/wdn、/wen、/won (警告レベル)」の /wd オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /wd option in /w, /W0, /W1, /W2, /W3, /W4, /w1, /w2, /w3, /w4, /Wall, /wd, /we, /wo, /Wv, /WX (Warning Level).

  • EnableEnhancedInstructionSetEnableEnhancedInstructionSet

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    ストリーミング SIMD 拡張命令 (SSE) およびストリーミング SIMD 拡張命令 2 (SSE2) の命令を使用するコード生成のアーキテクチャを指定します。Specifies the architecture for code generation that uses the Streaming SIMD Extensions (SSE) and Streaming SIMD Extensions 2 (SSE2) instructions.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

    • StreamingSIMDExtensions - /arch:SSEStreamingSIMDExtensions - /arch:SSE

    • StreamingSIMDExtensions2 - /arch:SSE2StreamingSIMDExtensions2 - /arch:SSE2

      詳細については、「/arch (x86)」を参照してください。For more information, see /arch (x86).

  • EnableFiberSafeOptimizationsEnableFiberSafeOptimizations

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合、静的スレッド ローカル ストレージを使用して割り当てられたデータ (つまり、__declspec(thread) を使用して割り当てられたデータ) に対して、ファイバー保護をサポートします。If true, support fiber safety for data allocated by using static thread-local storage, that is, data allocated by using __declspec(thread).

    詳細については、「/GT (スレッド ローカル ストレージを使用したファイバー保護のサポート)」を参照してください。For more information, see /GT (Support Fiber-Safe Thread-Local Storage).

  • EnablePREfastEnablePREfast

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合、コード分析が有効になります。If true, enable code analysis.

    詳細については、「/analyze (コード分析)」を参照してください。For more information, see /analyze (Code Analysis).

  • ErrorReportingErrorReporting

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    内部コンパイル エラー (ICE) 情報を Microsoft に直接報告できます。Lets you provide internal compiler error (ICE) information directly to Microsoft. 既定では、IDE ビルドの設定は Prompt、コマンド ライン ビルドの設定は Queue になります。By default, the setting in IDE builds is Prompt and the setting in command-line builds is Queue.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • ExceptionHandlingExceptionHandling

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    コンパイラで使用する例外処理のモデルを指定します。Specifies the model of exception handling to be used by the compiler.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • ExpandAttributedSourceExpandAttributedSource

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合、ソース ファイルに拡張された属性を挿入したリスティング ファイルが作成されます。If true, creates a listing file that has expanded attributes injected into the source file.

    詳細については、「/Fx (挿入されたコードのマージ)」を参照してください。For more information, see /Fx (Merge Injected Code).

  • FavorSizeOrSpeedFavorSizeOrSpeed

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    コードのサイズとコードの速度のどちらを優先するかを指定します。Specifies whether to favor code size or code speed.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • FloatingPointExceptionsFloatingPointExceptions

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、信頼性の高い浮動小数点例外モデルが有効になります。If true, enables the reliable floating-point exception model. 例外は発生直後にスローされます。Exceptions will be raised immediately after they are triggered.

    詳細については、「/fp (浮動小数点の動作の指定)」の /fp:except オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /fp:except option in /fp (Specify Floating-Point Behavior).

  • FloatingPointModelFloatingPointModel

    省略可能な String 型のパラメーター。Optional String parameter.

    浮動小数点モデルを設定します。Sets the floating point model.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • ForceConformanceInForLoopScopeForceConformanceInForLoopScope

    省略可能な Boolean 型のパラメーター。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、Microsoft の拡張機能 (/Ze) を使用する for ループの標準 C++ 動作が実装されます。If true, implements standard C++ behavior in for loops that use Microsoft extensions (/Ze).

    詳細については、「/Zc:forScope (for ループのスコープの強制準拠)」を参照してください。For more information, see /Zc:forScope (Force Conformance in for Loop Scope).

  • ForcedIncludeFilesForcedIncludeFiles

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    プリプロセッサで、指定された 1 つ以上のヘッダー ファイルが処理されます。Causes the preprocessor to process one or more specified header files.

    詳細については、「/FI (強制インクルード ファイルの名前の指定)」を参照してください。For more information, see /FI (Name Forced Include File).

  • ForcedUsingFilesForcedUsingFiles

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    プリプロセッサで、指定された 1 つ以上の #using ファイルが処理されます。Causes the preprocessor to process one or more specified #using files.

    詳細については、「/FU (強制 #using ファイルの名前の指定)」を参照してください。For more information, see /FU (Name Forced #using File).

  • FunctionLevelLinkingFunctionLevelLinking

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、コンパイラで、パッケージ化された関数の形式 (COMDATs) で個別の関数をパッケージ化できるようにします。If true, enables the compiler to package individual functions in the form of packaged functions (COMDATs).

    詳細については、「/Gy (関数レベルのリンクの有効化)」を参照してください。For more information, see /Gy (Enable Function-Level Linking).

  • GenerateXMLDocumentationFilesGenerateXMLDocumentationFiles

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、コンパイラでソース コード ファイルのドキュメント コメントが処理され、ドキュメント コメントを含むソース コード ファイルごとに .xdc ファイルが作成されます。If true, causes the compiler to process documentation comments in source code files and to create an .xdc file for each source code file that has documentation comments.

    詳細については、「/doc (ドキュメント コメントの処理) (C/C++)」を参照してください。For more information, see /doc (Process Documentation Comments) (C/C++). この表の XMLDocumentationFileName パラメーターも参照してください。Also see the XMLDocumentationFileName parameter in this table.

  • IgnoreStandardIncludePathIgnoreStandardIncludePath

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、コンパイラが、PATH および INCLUDE 環境変数で指定されているディレクトリ内のインクルード ファイルを検索しないようにします。If true, prevents the compiler from searching for include files in directories specified in the PATH and INCLUDE environment variables.

    詳細については、「/X (標準インクルード パスの無視)」を参照してください。For more information, see /X (Ignore Standard Include Paths).

  • InlineFunctionExpansionInlineFunctionExpansion

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ビルドのインライン関数の拡張レベルを指定します。Specifies the level of inline function expansion for the build.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • IntrinsicFunctionsIntrinsicFunctions

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、一部の関数呼び出しが組み込み関数に置き換えられます。それ以外の場合は、特殊な形式の関数が使用されます。これは、アプリケーションの実行時間を短縮するのに役立ちます。If true, replaces some function calls with intrinsic or otherwise special forms of the function that help your application run faster.

    詳細については、「/Oi (組み込み関数の生成)」を参照してください。For more information, see /Oi (Generate Intrinsic Functions).

  • MinimalRebuildMinimalRebuild

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、最小リビルドが有効になります。これにより、(ヘッダー (.h) ファイルに格納されている) 変更された C++ クラス定義を含む C++ ソース ファイルを再コンパイルする必要があるかどうかが決定されます。If true, enables minimal rebuild, which determines whether C++ source files that include changed C++ class definitions (stored in header (.h) files) must be recompiled.

    詳細については、「/Gm (簡易リビルドの有効化)」を参照してください。For more information, see /Gm (Enable Minimal Rebuild).

  • MultiProcessorCompilationMultiProcessorCompilation

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、複数のプロセッサを使用してコンパイルします。If true, use multiple processors to compile. このパラメーターでは、コンピューター上の有効なプロセッサごとにプロセスが作成されます。This parameter creates a process for each effective processor on your computer.

    詳細については、「/MP (複数のプロセスを使用したビルド)」を参照してください。For more information, see /MP (Build with Multiple Processes). この表にある ProcessorNumber パラメーターも参照してください。Also, see the ProcessorNumber parameter in this table.

  • ObjectFileNameObjectFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    既定値の代わりに使用する、オブジェクト (.obj) ファイルの名前またはディレクトリを指定します。Specifies an object (.obj) file name or directory to be used instead of the default.

    詳細については、「/Fo (オブジェクト ファイルの名前の指定)」を参照してください。For more information, see /Fo (Object File Name).

  • ObjectFilesObjectFiles

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    オブジェクト ファイルのリスト。A list of object files.

  • OmitDefaultLibNameOmitDefaultLibName

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、オブジェクト (.obj) ファイルの既定の C ランタイム ライブラリ名が省略されます。If true, omits the default C run-time library name from the object (.obj) file. 既定では、コンパイラでライブラリ名が .obj ファイルにプッシュされ、リンカーに適切なライブラリが示されます。By default, the compiler puts the name of the library into the .obj file to direct the linker to the correct library.

    詳細については、「/Zl (既定のライブラリ名の省略)」を参照してください。For more information, see /Zl (Omit Default Library Name).

  • OmitFramePointersOmitFramePointers

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、呼び出し履歴にフレーム ポインターが作成されなくなります。If true, suppresses creation of frame pointers on the call stack.

    詳細については、「/Oy (フレーム ポインターの省略)」を参照してください。For more information, see /Oy (Frame-Pointer Omission).

  • OpenMPSupportOpenMPSupport

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、コンパイラで OpenMP 句とディレクティブが処理されます。If true, causes the compiler to process OpenMP clauses and directives.

    詳細については、「/openmp (OpenMP 2.0 サポートの有効化)」を参照してください。For more information, see /openmp (Enable OpenMP 2.0 Support).

  • OptimizationOptimization

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    速度とサイズに関するさまざまなコードの最適化を指定します。Specifies various code optimizations for speed and size.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • PrecompiledHeaderPrecompiledHeader

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ビルド時にプリコンパイル済みヘッダー (.pch) ファイルを作成または使用します。Create or use a precompiled header (.pch) file during the build.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • PrecompiledHeaderFilePrecompiledHeaderFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    作成または使用するプリコンパイル済みヘッダー ファイルの名前を指定します。Specifies a precompiled header file name to create or use.

    詳細については、「/Yc (プリコンパイル済みヘッダー ファイルの作成)」と「/Yu (プリコンパイル済みヘッダー ファイルの使用)」を参照してください。For more information, see /Yc (Create Precompiled Header File) and /Yu (Use Precompiled Header File).

  • PrecompiledHeaderOutputFilePrecompiledHeaderOutputFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    既定のパス名を使用する代わりにプリコンパイル済みヘッダーのパス名を指定します。Specifies a path name for a precompiled header instead of using the default path name.

    詳細については、「/Fp (.pch ファイルの名前の指定)」を参照してください。For more information, see /Fp (Name .Pch File).

  • PreprocessKeepCommentsPreprocessKeepComments

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合は、プリプロセス時にコメントが保持されます。If true, preserves comments during preprocessing.

    詳細については、「/C (プリプロセス時のコメントの保持)」を参照してください。For more information, see /C (Preserve Comments During Preprocessing).

  • PreprocessorDefinitionsPreprocessorDefinitions

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    ソース ファイルの前処理シンボルを定義します。Defines a preprocessing symbol for your source file.

    詳細については、「/D (プリプロセッサの定義)」を参照してください。For more information, see /D (Preprocessor Definitions).

  • PreprocessOutputPreprocessOutput

    省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

    タスクで使用および生成できるプリプロセッサ出力項目の配列を定義します。Defines an array of preprocessor output items that can be consumed and emitted by tasks.

  • PreprocessOutputPathPreprocessOutputPath

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    PreprocessToFile パラメーターで前処理済みの出力を書き込む出力ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the output file to which the PreprocessToFile parameter writes preprocessed output.

    詳細については、「/Fi (出力ファイル名のプリプロセス)」を参照してください。For more information, see /Fi (Preprocess Output File Name).

  • PreprocessSuppressLineNumbersPreprocessSuppressLineNumbers

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、C および C++ ソース ファイルが前処理され、前処理されたファイルが標準出力デバイスにコピーされます。If true, preprocesses C and C++ source files and copies the preprocessed files to the standard output device.

    詳細については、「/EP (#line ディレクティブを挿入しない stdout へのプリプロセス)」を参照してください。For more information, see /EP (Preprocess to stdout Without #line Directives).

  • PreprocessToFilePreprocessToFile

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、C および C++ ソース ファイルが前処理され、前処理済みの出力がファイルに書き込まれます。If true, preprocesses C and C++ source files and writes the preprocessed output to a file.

    詳細については、「/P (プリプロセス出力のファイルへの書き込み)」を参照してください。For more information, see /P (Preprocess to a File).

  • ProcessorNumberProcessorNumber

    省略可能な Integer 型のパラメーターです。Optional Integer parameter.

    マルチプロセッサ コンパイル時に使用するプロセッサの最大数を指定します。Specifies the maximum number of processors to use in a multiprocessor compilation. このパラメーターは、MultiProcessorCompilation パラメーターと組み合わせて使用します。Use this parameter in combination with the MultiProcessorCompilation parameter.

  • ProgramDataBaseFileNameProgramDataBaseFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    プログラム データベース (PDB) ファイルの名前を指定します。Specifies a file name for the program database (PDB) file.

    詳細については、「/Fd (プログラム データベース ファイル名)」を参照してください。For more information, see /Fd (Program Database File Name).

  • RuntimeLibraryRuntimeLibrary

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    マルチスレッド モジュールが DLL であるかどうかを指定し、ランタイム ライブラリのリテール バージョンまたはデバッグ バージョンを選択します。Indicates whether a multithreaded module is a DLL, and selects retail or debug versions of the run-time library.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • RuntimeTypeInfoRuntimeTypeInfo

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、実行時に C++ のオブジェクト型をチェックするコードが追加されます (ランタイム型情報)。If true, adds code to check C++ object types at run time (run-time type information).

    詳細については、「/GR (ランタイム型情報の有効化)」を参照してください。For more information, see /GR (Enable Run-Time Type Information).

  • ShowIncludesShowIncludes

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、コンパイラでインクルード ファイルの一覧が出力されます。If true, causes the compiler to output a list of the include files.

    詳細については、「/showIncludes (インクルード ファイル一覧)」を参照してください。For more information, see /showIncludes (List Include Files).

  • SmallerTypeCheckSmallerTypeCheck

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、値がより小さいデータ型に割り当てられ、データ損失が発生したときに、ランタイム エラーが報告されます。If true, reports a run-time error if a value is assigned to a smaller data type and causes a data loss.

    詳細については、「/RTC (ランタイム エラー チェック)」の /RTCc オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /RTCc option in /RTC (Run-Time Error Checks).

  • SourcesSources

    必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。Required ITaskItem[] parameter.

    スペースで区切られたソース ファイルのリストを指定します。Specifies a list of source files separated by spaces.

  • StringPoolingStringPooling

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、コンパイラで、プログラム イメージに同一文字列の 1 つのコピーを作成できます。If true, enables the compiler to create one copy of identical strings in the program image.

    詳細については、「/GF (同一文字列の削除)」を参照してください。For more information, see /GF (Eliminate Duplicate Strings).

  • StructMemberAlignmentStructMemberAlignment

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    構造体のすべてのメンバーのバイト配置を指定します。Specifies the byte alignment for all members in a structure.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • SuppressStartupBannerSuppressStartupBanner

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、タスクの開始時に著作権およびバージョン番号のメッセージが表示されないようにします。If true, prevents the display of the copyright and version number message when the task starts.

    詳細については、「/nologo (著作権情報の非表示) (C/C++)」を参照してください。For more information, see /nologo (Suppress Startup Banner) (C/C++).

  • TrackerLogDirectoryTrackerLogDirectory

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    このタスクの追跡ログの格納先となる中間ディレクトリを指定します。Specifies the intermediate directory where tracking logs for this task are stored.

    詳細については、この表にある TLogReadFiles および TLogWriteFiles パラメーターを参照してください。For more information, see the TLogReadFiles and TLogWriteFiles parameters in this table.

  • TreatSpecificWarningsAsErrorsTreatSpecificWarningsAsErrors

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    指定したコンパイラ警告の一覧をエラーとして扱います。Treats the specified list of compiler warnings as errors.

    詳細については、「/w、/Wn、/WX、/Wall、/wln、/wdn、/wen、/won (警告レベル)」の /wen オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /wen option in /w, /W0, /W1, /W2, /W3, /W4, /w1, /w2, /w3, /w4, /Wall, /wd, /we, /wo, /Wv, /WX (Warning Level).

  • TreatWarningAsErrorTreatWarningAsError

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、コンパイラが生成する警告がすべてエラーとして扱われます。If true, treat all compiler warnings as errors.

    詳細については、「/w、/Wn、/WX、/Wall、/wln、/wdn、/wen、/won (警告レベル)」の /WX オプションに関する記述を参照してください。For more information, see /WX option in /w, /W0, /W1, /W2, /W3, /W4, /w1, /w2, /w3, /w4, /Wall, /wd, /we, /wo, /Wv, /WX (Warning Level).

  • TreatWChar_tAsBuiltInTypeTreatWChar_tAsBuiltInType

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、wchar_t 型はネイティブ型として扱われます。If true, treat the wchar_t type as a native type.

    /Zc:wchar_t (wchar_t をネイティブ型として認識)」を参照してください。For more information, see /Zc:wchar_t (wchar_t Is Native Type).

  • UndefineAllPreprocessorDefinitionsUndefineAllPreprocessorDefinitions

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、コンパイラで定義されている Microsoft 固有のシンボルの定義が解除されます。If true, undefines the Microsoft-specific symbols that the compiler defines.

    詳細については、「/U、/u (定義済みマクロ シンボルの未定義化)」の /u オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /u option in /U, /u (Undefine Symbols).

  • UndefinePreprocessorDefinitionsUndefinePreprocessorDefinitions

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

    定義を解除する 1 つ以上のプリプロセッサ シンボルの一覧を指定します。Specifies a list of one or more preprocessor symbols to undefine.

    詳細については、「/U、/u (定義済みマクロ シンボルの未定義化)」の /U オプションに関する記述を参照してください。For more information, see /U option in /U, /u (Undefine Symbols).

  • UseFullPathsUseFullPaths

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、診断時にコンパイラに渡されるソース コード ファイルの完全パスが表示されます。If true, displays the full path of source code files passed to the compiler in diagnostics.

    詳細については、「/FC (診断時のソース コード ファイルの完全パス)」を参照してください。For more information, see /FC (Full Path of Source Code File in Diagnostics).

  • UseUnicodeForAssemblerListingUseUnicodeForAssemblerListing

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、出力ファイルが UTF-8 形式で作成されます。If true, causes the output file to be created in UTF-8 format.

    詳細については、「/FA、/Fa (リスティング ファイル)」の /FAu オプションに関する記述を参照してください。For more information, see the /FAu option in /FA, /Fa (Listing File).

  • WarningLevelWarningLevel

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    コンパイラによって生成される警告の最高レベルを指定します。Specifies the highest level of warning that is to be generated by the compiler.

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。Specify one of the following values, each of which corresponds to a command-line option.

  • WholeProgramOptimizationWholeProgramOptimization

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、プログラム全体の最適化が有効になります。If true, enables whole program optimization.

    詳細については、「/GL (プログラム全体の最適化)」を参照してください。For more information, see /GL (Whole Program Optimization).

  • XMLDocumentationFileNameXMLDocumentationFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    生成される XML ドキュメント ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the generated XML documentation files. このパラメーターには、ファイルまたはディレクトリ名を指定できます。This parameter can be a file or directory name.

    詳細については、「/doc (ドキュメント コメントの処理) (C/C++)」の name 引数に関する記述を参照してください。For more information, see the name argument in /doc (Process Documentation Comments) (C/C++). この表の GenerateXMLDocumentationFiles パラメーターも参照してください。Also see the GenerateXMLDocumentationFiles parameter in this table.

  • MinimalRebuildFromTrackingMinimalRebuildFromTracking

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、追跡対象のインクリメンタル ビルドが実行され、false の場合は、リビルドが実行されます。If true, a tracked incremental build is performed; if false, a rebuild is performed.

  • TLogReadFilesTLogReadFiles

    省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

    ファイルの読み取り追跡ログを表す項目の配列を指定します。Specifies an array of items that represent the read file tracking logs.

    ファイルの読み取り追跡ログ (.tlog) には、タスクによって読み取られ、プロジェクト ビルド システムによってインクリメンタル ビルドをサポートするために使用される入力ファイルの名前が含まれています。A read-file tracking log (.tlog) contains the names of the input files that are read by a task, and is used by the project build system to support incremental builds. 詳細については、この表の TrackerLogDirectory および TrackFileAccess パラメーターを参照してください。For more information, see the TrackerLogDirectory and TrackFileAccess parameters in this table.

  • TLogWriteFilesTLogWriteFiles

    省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

    ファイルの書き込み追跡ログを表す項目の配列を指定します。Specifies an array of items that represent the write file tracking logs.

    ファイルの書き込み追跡ログ (.tlog) には、タスクによって読み取られ、プロジェクト ビルド システムによってインクリメンタル ビルドをサポートするために使用される出力ファイルの名前が含まれています。A write-file tracking log (.tlog) contains the names of the output files that are written by a task, and is used by the project build system to support incremental builds. 詳細については、この表の TrackerLogDirectory および TrackFileAccess パラメーターを参照してください。For more information, see the TrackerLogDirectory and TrackFileAccess parameters in this table.

  • TrackFileAccessTrackFileAccess

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、ファイル アクセス パターンが追跡されます。If true, tracks file access patterns.

    詳細については、この表にある TLogReadFiles および TLogWriteFiles パラメーターを参照してください。For more information, see the TLogReadFiles and TLogWriteFiles parameters in this table.

コメントRemarks

関連項目See Also

Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference