MSBuild プロジェクトの共通項目Common MSBuild project items

MSBuild では、項目は 1 つ以上のファイルに対応する名前付きの参照です。In MSBuild, an item is a named reference to one or more files. 項目には、ファイル名、パス、バージョン番号などのメタデータが含まれます。Items contain metadata such as file names, paths, and version numbers. Visual Studio のすべてのプロジェクト タイプには、共通の項目がいくつかあります。All project types in Visual Studio have several items in common. これらの項目は、Microsoft.Build.CommonTypes.xsd ファイルで定義されています。These items are defined in the file Microsoft.Build.CommonTypes.xsd.

共通の項目Common items

次に、プロジェクトの共通項目の一覧を示します。The following is a list of all the common project items.

関連項目Reference

プロジェクト内のアセンブリ (マネージド) 参照を表します。Represents an assembly (managed) reference in the project.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
HintPathHintPath 省略可能な文字列。Optional string. アセンブリの相対パスまたは絶対パスを指定します。Relative or absolute path of the assembly.
名前Name 省略可能な文字列。Optional string. アセンブリの表示名を指定します (たとえば、"System.Windows.Forms")。The display name of the assembly, for example, "System.Windows.Forms."
FusionNameFusionName 省略可能な文字列。Optional string. 項目の簡易または厳密な fusion 名を指定します。Specifies the simple or strong fusion name for the item.

この属性が存在する場合、fusion 名を得るためにアセンブリ ファイルを開く必要がないため、時間を節約できます。When this attribute is present, it can save time because the assembly file does not have to be opened to obtain the fusion name.
SpecificVersionSpecificVersion 省略可能なブール値。Optional boolean. fusion 名の特定のバージョンを参照する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether only the version in the fusion name should be referenced.
AliasesAliases 省略可能な文字列。Optional string. 参照の任意のエイリアスです。Any aliases for the reference.
PrivatePrivate 省略可能なブール値。Optional boolean. 参照を出力フォルダーにコピーする必要があるかどうかを指定します。Specifies whether the reference should be copied to the output folder. この属性は、Visual Studio IDE に存在する参照の [ローカルにコピー] プロパティに一致します。This attribute matches the Copy Local property of the reference that's in the Visual Studio IDE.

COMReferenceCOMReference

プロジェクト内の COM (アンマネージ) コンポーネント参照を表します。Represents a COM (unmanaged) component reference in the project. この項目は .NET プロジェクトにのみ適用されます。This item applies only to .NET projects.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
名前Name 省略可能な文字列。Optional string. コンポーネントの表示名を指定します。The display name of the component.
GUIDGuid 必須の文字列。Required string. コンポーネントの GUID を {12345678-1234-1234-1234-1234567891234} の形式で指定します。A GUID for the component, in the form {12345678-1234-1234-1234-1234567891234}.
VersionMajorVersionMajor 必須の文字列。Required string. コンポーネントのメジャー バージョン番号を指定します。The major part of the version number of the component. たとえば、完全なバージョン番号が "5.46" である場合、"5" を指定します。For example, "5" if the full version number is "5.46."
VersionMinorVersionMinor 必須の文字列。Required string. コンポーネントのマイナー バージョン番号を指定します。The minor part of the version number of the component. たとえば、完全なバージョン番号が "5.46" である場合、"46" を指定します。For example, "46" if the full version number is "5.46."
LCIDLCID 省略可能な文字列。Optional string. コンポーネントの LocaleID です。The LocaleID for the component.
WrapperToolWrapperTool 省略可能な文字列。Optional string. コンポーネントで使用されるラッパー ツールの名前を指定します (たとえば、"tlbimp")。The name of the wrapper tool that is used on the component, for example, "tlbimp."
IsolatedIsolated 省略可能なブール値。Optional boolean. コンポーネントが Reg-Free コンポーネントであるかどうかを指定します。Specifies whether the component is a reg-free component.

COMFileReferenceCOMFileReference

ResolveComReference ターゲットの TypeLibFiles パラメーターに渡されるタイプ ライブラリの一覧を表します。Represents a list of type libraries that are passed to the TypeLibFiles parameter of the ResolveComReference target. この項目は .NET プロジェクトにのみ適用されます。This item applies only to .NET projects.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
WrapperToolWrapperTool 省略可能な文字列。Optional string. コンポーネントで使用されるラッパー ツールの名前を指定します (たとえば、"tlbimp")。The name of the wrapper tool that is used on the component, for example, "tlbimp."

NativeReferenceNativeReference

ネイティブ マニフェスト ファイル、またはこのようなファイルへの参照を表します。Represents a native manifest file or a reference to such a file.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
名前Name 必須の文字列。Required string. マニフェスト ファイルの基本名を指定します。The base name of the manifest file.
HintPathHintPath 必須の文字列。Required string. マニフェスト ファイルの相対パスを指定します。The relative path of the manifest file.

ProjectReferenceProjectReference

別のプロジェクトへの参照を表します。Represents a reference to another project. ProjectReference 項目は ResolveProjectReferences ターゲットによって参照項目に変換されるため、参照の有効なメタデータは、変換処理で上書きされない場合、ProjectReferenceで有効になることがあります。ProjectReference items are transformed into Reference items by the ResolveProjectReferences target, so any valid metadata on a Reference may be valid on ProjectReference, if the transformation process doesn't overwrite it.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
名前Name 省略可能な文字列。Optional string. 参照の表示名を指定します。The display name of the reference.
GlobalPropertiesToRemoveGlobalPropertiesToRemove string[] で、省略可能です。Optional string[]. 参照プロジェクトのビルド時に削除するプロパティの名前。たとえば、RuntimeIdentifier;PackOnBuildNames of properties to remove when building the referenced project, for example RuntimeIdentifier;PackOnBuild. 既定値は空です。Defaults to empty.
ProjectProject 省略可能な文字列。Optional string. 参照の GUID を {12345678-1234-1234-1234-1234567891234} の形式で指定します。A GUID for the reference, in the form {12345678-1234-1234-1234-1234567891234}.
OutputItemTypeOutputItemType 省略可能な文字列。Optional string. ターゲット出力の出力先となる項目の種類。Item type to emit target outputs into. 既定値は空白です。Default is blank. 参照メタデータが "true" (既定値) に設定されている場合、ターゲット出力はコンパイラの参照になります。If the Reference metadata is set to "true" (default) then target outputs will become references for the compiler.
ReferenceOutputAssemblyReferenceOutputAssembly 省略可能なブール値。Optional boolean. false を設定した場合、このプロジェクトの Reference として参照されたプロジェクトの出力は含まれませんが、このプロジェクトをビルドする前の他のプロジェクトのビルドは保証されます。If set to false, does not include the output of the referenced project as a Reference of this project, but still ensures that the other project builds before this one. 既定値は true です。Defaults to true.
SetConfigurationSetConfiguration 省略可能な文字列。Optional string. 参照プロジェクトのグローバル プロパティ Configuration を設定します。たとえば、Configuration=Release です。Sets the global property Configuration for the referenced project, for example Configuration=Release.
SetPlatformSetPlatform 省略可能な文字列。Optional string. 参照プロジェクトのグローバル プロパティ Platform を設定します。たとえば、Platform=AnyCPU です。Sets the global property Platform for the referenced project, for example Platform=AnyCPU.
SetTargetFrameworkSetTargetFramework 省略可能な文字列。Optional string. 参照プロジェクトのグローバル プロパティ TargetFramework を設定します。たとえば、TargetFramework=netstandard2.0 です。Sets the global property TargetFramework for the referenced project, for example TargetFramework=netstandard2.0.
SkipGetTargetFrameworkPropertiesSkipGetTargetFrameworkProperties 省略可能なブール値。Optional boolean. true の場合、最も互換性のある TargetFramework 値をネゴシエートせずに参照プロジェクトをビルドします。If true, builds the referenced project without negotiating the most compatible TargetFramework value. 既定値は false です。Defaults to false.
対象サーバーTargets string[] で、省略可能です。Optional string[]. ビルドする参照プロジェクトのターゲットをセミコロンで区切って一覧にしたもの。Semicolon separated list of targets in the referenced projects that should be built. 既定は $(ProjectReferenceBuildTargets) の値であり、指定しないと空になり、既定のターゲットを示します。Default is the value of $(ProjectReferenceBuildTargets) which defaults to empty, indicating the default targets.

CompileCompile

コンパイラのソース ファイルを表します。Represents the source files for the compiler.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
DependentUponDependentUpon 省略可能な文字列。Optional string. 正しくコンパイルする必要があるファイルを指定します。Specifies the file this file depends on to compile correctly.
AutoGenAutoGen 省略可能なブール値。Optional boolean. Visual Studio 統合開発環境 (IDE) によってプロジェクト用にファイルが生成されたかどうかを示します。Indicates whether the file was generated for the project by the Visual Studio integrated development environment (IDE).
LinkLink 省略可能な文字列。Optional string. プロジェクト ファイルの影響が及ばない物理的な場所にファイルが配置されるときに表示される表記パスです。The notational path to be displayed when the file is physically located outside the influence of the project file.
VisibleVisible 省略可能なブール値。Optional boolean. Visual Studio の ソリューション エクスプローラー にファイルを表示するかどうかを示します。Indicates whether to display the file in Solution Explorer in Visual Studio.
CopyToOutputDirectoryCopyToOutputDirectory 省略可能な文字列。Optional string. 出力ディレクトリにファイルをコピーするかどうかを判断します。Determines whether to copy the file to the output directory. 値は次のとおりです。Values are:

1.Never1. Never
2.Always2. Always
3.PreserveNewest3. PreserveNewest

EmbeddedResourceEmbeddedResource

生成されるアセンブリに埋め込まれるリソースを表します。Represents resources to be embedded in the generated assembly.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
DependentUponDependentUpon 省略可能な文字列。Optional string. 正しくコンパイルするために、このファイルが依存するファイルを指定しますSpecifies the file this file depends on to compile correctly
GeneratorGenerator 必須の文字列。Required string. この項目に対して実行される任意のファイル ジェネレーターの名前です。The name of any file generator that is run on this item.
LastGenOutputLastGenOutput 必須の文字列。Required string. この項目に対して実行された任意のファイル ジェネレーターによって作成されたファイルの名前です。The name of the file that was created by any file generator that ran on this item.
CustomToolNamespaceCustomToolNamespace 必須の文字列。Required string. 名前空間を指定します。指定した名前空間で、この項目に対して実行する任意のファイル ジェネレーターによってコードが作成されます。The namespace in which any file generator that runs on this item should create code.
LinkLink 省略可能な文字列。Optional string. プロジェクトの影響が及ばない物理的な場所にファイルが配置されるときに表示される表記パスです。The notational path is displayed if the file is physically located outside the influence of the project.
VisibleVisible 省略可能なブール値。Optional boolean. Visual Studio の ソリューション エクスプローラー にファイルを表示するかどうかを示します。Indicates whether to display the file in Solution Explorer in Visual Studio.
CopyToOutputDirectoryCopyToOutputDirectory 省略可能な文字列。Optional string. 出力ディレクトリにファイルをコピーするかどうかを判断します。Determines whether to copy the file to the output directory. 値は次のとおりです。Values are:

1.Never1. Never
2.Always2. Always
3.PreserveNewest3. PreserveNewest
LogicalNameLogicalName 必須の文字列。Required string. 埋め込まれるリソースの論理名です。The logical name of the embedded resource.

ContentContent

プロジェクトにコンパイルはされないものの、プロジェクトと共に埋め込まれるか発行されることのあるファイルを表します。Represents files that are not compiled into the project, but may be embedded or published together with it.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
DependentUponDependentUpon 省略可能な文字列。Optional string. 正しくコンパイルする必要があるファイルを指定します。Specifies the file this file depends on to compile correctly.
GeneratorGenerator 必須の文字列。Required string. この項目に対して実行する任意のファイル ジェネレーターの名前です。The name of any file generator that runs on this item.
LastGenOutputLastGenOutput 必須の文字列。Required string. この項目に対して実行された任意のファイル ジェネレーターによって作成されたファイルの名前です。The name of the file that was created by any file generator that was run on this item.
CustomToolNamespaceCustomToolNamespace 必須の文字列。Required string. 名前空間を指定します。指定した名前空間で、この項目に対して実行する任意のファイル ジェネレーターによってコードが作成されます。The namespace in which any file generator that runs on this item should create code.
LinkLink 省略可能な文字列。Optional string. プロジェクトの影響が及ばない物理的な場所にファイルが配置されるときに表示される表記パスです。The notational path to be displayed if the file is physically located outside the influence of the project.
PublishStatePublishState 必須の文字列。Required string. コンテンツの発行状態を示すもので、以下のいずれかの値を取ります。The publish state of the content, either:

- Default- Default
- Included- Included
- Excluded- Excluded
- DataFile- DataFile
- Prerequisite- Prerequisite
IsAssemblyIsAssembly 省略可能なブール値。Optional boolean. ファイルがアセンブリであるかどうかを指定します。Specifies whether the file is an assembly.
VisibleVisible 省略可能なブール値。Optional boolean. Visual Studio の ソリューション エクスプローラー にファイルを表示するかどうかを示します。Indicates whether to display the file in Solution Explorer in Visual Studio.
CopyToOutputDirectoryCopyToOutputDirectory 省略可能な文字列。Optional string. 出力ディレクトリにファイルをコピーするかどうかを判断します。Determines whether to copy the file to the output directory. 値は次のとおりです。Values are:

1.Never1. Never
2.Always2. Always
3.PreserveNewest3. PreserveNewest

NoneNone

ビルド プロセスでは使用しないことが推奨されるファイルを表します。Represents files that should have no role in the build process.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
DependentUponDependentUpon 省略可能な文字列。Optional string. 正しくコンパイルする必要があるファイルを指定します。Specifies the file this file depends on to compile correctly.
GeneratorGenerator 必須の文字列。Required string. この項目に対して実行される任意のファイル ジェネレーターの名前です。The name of any file generator that is run on this item.
LastGenOutputLastGenOutput 必須の文字列。Required string. この項目に対して実行された任意のファイル ジェネレーターによって作成されたファイルの名前です。The name of the file that was created by any file generator that ran on this item.
CustomToolNamespaceCustomToolNamespace 必須の文字列。Required string. 名前空間を指定します。指定した名前空間で、この項目に対して実行する任意のファイル ジェネレーターによってコードが作成されます。The namespace in which any file generator that runs on this item should create code.
LinkLink 省略可能な文字列。Optional string. プロジェクトの影響が及ばない物理的な場所にファイルが配置されるときに表示される表記パスです。The notational path to be displayed if the file is physically located outside the influence of the project.
VisibleVisible 省略可能なブール値。Optional boolean. Visual Studio の ソリューション エクスプローラー にファイルを表示するかどうかを示します。Indicates whether to display the file in Solution Explorer in Visual Studio.
CopyToOutputDirectoryCopyToOutputDirectory 省略可能な文字列。Optional string. 出力ディレクトリにファイルをコピーするかどうかを判断します。Determines whether to copy the file to the output directory. 値は次のとおりです。Values are:

1.Never1. Never
2.Always2. Always
3.PreserveNewest3. PreserveNewest

AssemblyMetadataAssemblyMetadata

[AssemblyMetadata(key, value)] として生成されるアセンブリ属性を表します。Represents assembly attributes to be generated as [AssemblyMetadata(key, value)].

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
包含Include AssemblyMetadataAttribute 属性コンストラクターの最初のパラメーター (キー) になります。Becomes the first parameter (the key) in the AssemblyMetadataAttribute attribute constructor.
[値]Value 必須の文字列。Required string. AssemblyMetadataAttribute 属性コンストラクターの 2 番目のパラメーター (値) になります。Becomes the second parameter (the value) in the AssemblyMetadataAttribute attribute constructor.

注意

この項目は、SDK for .NET 5 (および .NET Core) 以降のバージョンを使用するプロジェクトに適用されます。This item applies to projects using the SDK for .NET 5 (and .NET Core) and later versions.

InternalsVisibleToInternalsVisibleTo

[InternalsVisibleTo(..)] アセンブリ属性として出力されるアセンブリを指定します。Specifies assemblies to be emitted as [InternalsVisibleTo(..)] assembly attributes.

項目メタデータの名前Item metadata name 説明Description
包含Include アセンブリ名。The assembly name.
キーKey 省略可能な文字列。Optional string. アセンブリの公開キー。The public key of the assembly.

注意

この項目は、SDK for .NET 5 (および .NET Core) 以降のバージョンを使用するプロジェクトに適用されます。This item applies to projects using the SDK for .NET 5 (and .NET Core) and later versions.

BaseApplicationManifestBaseApplicationManifest

ビルドの基本アプリケーション マニフェストを表し、ClickOnce 配置セキュリティ情報を含みます。Represents the base application manifest for the build, and contains ClickOnce deployment security information.

CodeAnalysisImportCodeAnalysisImport

インポートする FxCop プロジェクトを表します。Represents the FxCop project to import.

インポートImport

Visual Basic コンパイラによってその名前空間がインポートされるアセンブリを表します。Represents assemblies whose namespaces should be imported by the Visual Basic compiler.

関連項目See also