MSBuild プロジェクトの共通プロパティCommon MSBuild Project Properties

次の表は、Visual Studio プロジェクト ファイルで定義される、または MSBuild に用意されているターゲット ファイルに含まれている、使用頻度の高いプロパティを示しています。The following table lists frequently used properties that are defined in the Visual Studio project files or included in .targets files that MSBuild provides.

Visual Studio のプロジェクト ファイル (.csproj、vbproj、vcxproj など) には、IDE を使用してプロジェクトをビルドするときに実行される MSBuild XML コードが含まれています。Project files in Visual Studio (.csproj,.vbproj, vcxproj, and others) contain MSBuild XML code that runs when you build a project by using the IDE. 通常、プロジェクトでは、ビルド プロセスを定義するために、1 つ以上の .targets ファイルをインポートします。Projects typically import one or more .targets files to define their build process. 詳しくは、「.Targets ファイル」をご覧ください。For more information, see .Targets Files.

共通のプロパティおよびパラメーター一覧List of Common Properties and Parameters

プロパティ名またはパラメーター名Property or Parameter Name 説明Description
AdditionalLibPathsAdditionalLibPaths コンパイラが参照アセンブリを検索する追加のフォルダーを指定します。Specifies additional folders in which compilers should look for reference assemblies.
AddModulesAddModules 指定ファイル内のすべての型情報をコンパイル対象のプロジェクトで使用できるようにします。Causes the compiler to make all type information from the specified files available to the project you are compiling. このプロパティは、/addModules コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /addModules compiler switch.
ALToolPathALToolPath AL.exe の保存先のパスです。The path where AL.exe can be found. このプロパティによって、AL.exe の現在のバージョンをオーバーライドし、別のバージョンを使用できます。This property overrides the current version of AL.exe to enable use of a different version.
ApplicationIconApplicationIcon Win32 アイコンとして埋め込むためにコンパイラに渡す .ico アイコン ファイルです。The .ico icon file to pass to the compiler for embedding as a Win32 icon. このプロパティは、/win32icon コンパイラ スイッチに相当します。The property is equivalent to the /win32icon compiler switch.
ApplicationManifestApplicationManifest 外部のユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) マニフェスト情報を生成するのに使用するファイルのパスを指定します。Specifies the path of the file that is used to generate external User Account Control (UAC) manifest information. Windows VistaWindows Vista を対象とする Visual Studio プロジェクトにのみ適用されます。Applies only to Visual Studio projects targeting Windows VistaWindows Vista.

ほとんどの場合、マニフェストは埋め込まれます。In most cases, the manifest is embedded. ただし、登録を必要としない COM 配置または ClickOnceClickOnce 配置を使用する場合は、アプリケーション アセンブリと共にインストールされる外部ファイルをマニフェストとして使用できます。However, if you use Registration Free COM or ClickOnceClickOnce deployment, then the manifest can be an external file that is installed together with your application assemblies. 詳細については、このトピックの NoWin32Manifest プロパティを参照してください。For more information, see the NoWin32Manifest property in this topic.
AssemblyOriginatorKeyFileAssemblyOriginatorKeyFile アセンブリ (.snk または .pfx) に署名するために使用されるファイルを指定します。また、このファイルは ResolveKeySource Task に渡され、アセンブリの署名に使用される実際のキーが生成されます。Specifies the file that's used to sign the assembly (.snk or .pfx) and that's passed to the ResolveKeySource Task to generate the actual key that's used to sign the assembly.
AssemblySearchPathsAssemblySearchPaths ビルド時に参照アセンブリを解決するときに検索する場所のリストです。A list of locations to search during build-time reference assembly resolution. このリストでは、先頭から順に優先度が低くなるため、パスを指定する順序が意味を持ちます。The order in which paths appear in this list is meaningful because paths listed earlier takes precedence over later entries.
AssemblyNameAssemblyName プロジェクトのビルド後に生成される最終的な出力アセンブリの名前です。The name of the final output assembly after the project is built.
BaseAddressBaseAddress メイン出力アセンブリのベース アドレスを指定します。‎Specifies the base address of the main output assembly. このプロパティは、/baseaddress コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /baseaddress compiler switch.
BaseOutputPathBaseOutputPath 出力ファイルのベース パスを指定します。Specifies the base path for the output file. 設定されている場合、MSBuildMSBuildOutputPath = $(BaseOutputPath)\$(Configuration)\ を使用します。If it is set, MSBuildMSBuild will use OutputPath = $(BaseOutputPath)\$(Configuration)\. 構文例: <BaseOutputPath>c:\xyz\bin\</BaseOutputPath>Example syntax: <BaseOutputPath>c:\xyz\bin\</BaseOutputPath>
BaseIntermediateOutputPathBaseIntermediateOutputPath すべての構成固有の中間出力ファイルが作成されるトップレベル フォルダーです。The top-level folder where all configuration-specific intermediate output folders are created. 既定値は obj\ です。The default value is obj\. 次にコード例を示します。<BaseIntermediateOutputPath>c:\xyz\obj\</BaseIntermediateOutputPath>The following code is an example: <BaseIntermediateOutputPath>c:\xyz\obj\</BaseIntermediateOutputPath>
BuildInParallelBuildInParallel Multi-Proc MSBuildMSBuild の使用時に複数のプロジェクト参照を同時にビルドまたはクリーンするかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether project references are built or cleaned in parallel when Multi-Proc MSBuildMSBuild is used. 既定値は true です。システムに複数のコアまたはプロセッサがある場合に既定値を使用すると、複数のプロジェクトが同時にビルドされます。The default value is true, which means that projects will be built in parallel if the system has multiple cores or processors.
BuildProjectReferencesBuildProjectReferences MSBuildMSBuild によってプロジェクト参照をビルドするかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether project references are built by MSBuildMSBuild. プロジェクトを Visual StudioVisual Studio 統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) でビルドする場合は false、それ以外の場合は true を指定します。Set false if you are building your project in the Visual StudioVisual Studio integrated development environment (IDE), true if otherwise.
CleanFileCleanFile "クリーン キャッシュ" として使用されるファイルの名前です。The name of the file that will be used as the "clean cache." クリーン キャッシュとは、クリーン操作の実行中に削除される対象の生成されたファイルのリストです。The clean cache is a list of generated files to be deleted during the cleaning operation. このファイルは、ビルド プロセスによって中間出力パスに追加されます。The file is put in the intermediate output path by the build process.

このプロパティでは、パス情報を含まないファイル名だけを指定します。This property specifies only file names that do not have path information.
CodePageCodePage コンパイルですべてのソース コード ファイルに使用するコード ページを指定します。Specifies the code page to use for all source-code files in the compilation. このプロパティは、/codepage コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /codepage compiler switch.
CompilerResponseFileCompilerResponseFile コンパイラ タスクに渡すことができる応答ファイルです (省略可能)。An optional response file that can be passed to the compiler tasks.
構成Configuration ビルドする構成です。"Debug" と "Release" のいずれかを指定します。The configuration that you are building, either "Debug" or "Release."
CscToolPathCscToolPath Visual C#Visual C# コンパイラ csc.exe のパスです。The path of csc.exe, the Visual C#Visual C# compiler.
CustomBeforeMicrosoftCommonTargetsCustomBeforeMicrosoftCommonTargets 共通ターゲットのインポートの前に自動的にインポートされるプロジェクト ファイルまたは targets ファイルの名前です。The name of a project file or targets file that is to be imported automatically before the common targets import.
DebugSymbolsDebugSymbols ビルド時にシンボルを生成するかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether symbols are generated by the build.

コマンド ラインで /p:DebugSymbols=false と設定すると、プログラム データベース (.pdb) シンボル ファイルの生成が無効になります。Setting /p:DebugSymbols=false on the command line disables generation of program database (.pdb) symbol files.
DefineConstantsDefineConstants 条件付きコンパイル定数を定義します。Defines conditional compiler constants. 次の構文に従い、シンボルと値のペアをセミコロン (;) で区切って指定します。Symbol/value pairs are separated by semicolons and are specified by using the following syntax:

symbol1 = value1 ; symbol2 = value2symbol1 = value1 ; symbol2 = value2

このプロパティは、/define コンパイラ スイッチに相当します。The property is equivalent to the /define compiler switch.
DefineDebugDefineDebug 定数 DEBUG を定義するかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether you want the DEBUG constant defined.
DefineTraceDefineTrace 定数 TRACE を定義するかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether you want the TRACE constant defined.
DebugTypeDebugType 生成するデバッグ情報のレベルを定義します。Defines the level of debug information that you want generated. 有効な値は "full"、"pdbonly"、および "none" です。Valid values are "full," "pdbonly," and "none."
DelaySignDelaySign アセンブリに完全署名ではなく遅延署名するかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether you want to delay-sign the assembly rather than full-sign it.
DeterministicDeterministic コンパイラが同じ入力に対して同じアセンブリを生成するかどうかを指示するブール値。A boolean value that indicates whether the compiler should produce identical assemblies for identical inputs. このパラメーターは、vbc.exe コンパイラと csc.exe コンパイラの /deterministic スイッチに相当します。This parameter corresponds to the /deterministic switch of the vbc.exe and csc.exe compilers.
DisabledWarningsDisabledWarnings 指定された警告の出力を抑制します。Suppresses the specified warnings. 警告 ID の数値だけを指定してください。Only the numeric part of the warning identifier must be specified. 複数の警告を指定するときは、セミコロン (;) で区切ります。Multiple warnings are separated by semicolons. このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /nowarn スイッチに相当します。This parameter corresponds to the /nowarn switch of the vbc.exe compiler.
DisableFastUpToDateCheckDisableFastUpToDateCheck Visual StudioVisual Studio のみに適用されるブール値です。A boolean value that applies to Visual StudioVisual Studio only. Visual StudioVisual Studio ビルド マネージャーは、FastUpToDateCheck と呼ばれるプロセスを使用して、プロジェクトをリビルドして最新の状態にする必要があるかどうかを判断します。The Visual StudioVisual Studio build manager uses a process called FastUpToDateCheck to determine whether a project must be rebuilt to be up to date. この判断を行う機能としては、MSBuildMSBuild より、このプロセスの方が高速です。This process is faster than using MSBuildMSBuild to determine this. DisableFastUpToDateCheck プロパティを true に設定すると、Visual StudioVisual Studio ビルド マネージャーをバイパスし、プロジェクトが最新の状態かどうかを判断するために MSBuildMSBuild を使用するように強制できます。Setting the DisableFastUpToDateCheck property to true lets you bypass the Visual StudioVisual Studio build manager and force it to use MSBuildMSBuild to determine whether the project is up to date.
DocumentationFileDocumentationFile XML ドキュメント ファイルとして生成されるファイルの名前です。The name of the file that is generated as the XML documentation file. この名前はファイル名のみを示し、パス情報は含んでいません。This name includes only the file name and has no path information.
ErrorReportErrorReport コンパイラ タスクで内部コンパイル エラーを報告するかどうかを指定します。Specifies how the compiler task should report internal compiler errors. 有効な値は "prompt"、"send"、または "none" です。Valid values are "prompt," "send," or "none." このプロパティは、/errorreport コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /errorreport compiler switch.
ExcludeDeploymentUrlExcludeDeploymentUrl プロジェクト ファイルに次の要素が含まれている場合は、GenerateDeploymentManifest Task によって、deploymentProvider タグが配置マニフェストに追加されます。The GenerateDeploymentManifest Task adds a deploymentProvider tag to the deployment manifest if the project file includes any of the following elements:

- UpdateUrl- UpdateUrl
- InstallUrl- InstallUrl
- PublishUrl- PublishUrl

ただし、ExcludeDeploymentUrl を使用すると、上記の URL が指定されている場合でも、配置マニフェストに deploymentProvider タグが追加されないようにすることができます。Using ExcludeDeploymentUrl, however, you can prevent the deploymentProvider tag from being added to the deployment manifest even if any of the above URLs are specified. これを行うには、次のプロパティをプロジェクト ファイルに追加します。To do this, add the following property to your project file:

<ExcludeDeploymentUrl>true</ExcludeDeploymentUrl> 注意: ExcludeDeploymentUrl は Visual StudioVisual Studio IDE では公開されていないため、プロジェクト ファイルを手動で編集する方法でのみ設定できます。<ExcludeDeploymentUrl>true</ExcludeDeploymentUrl> Note: ExcludeDeploymentUrl is not exposed in the Visual StudioVisual Studio IDE and can be set only by manually editing the project file. このプロパティを設定しても、Visual StudioVisual Studio 内での発行には影響はありません。つまり、PublishUrl で指定された URL に deploymentProvider タグが追加されます。Setting this property does not affect publishing within Visual StudioVisual Studio; that is, the deploymentProvider tag will still be added to the URL specified by PublishUrl.
FileAlignmentFileAlignment 出力ファイルでセクションをアラインするサイズをバイト単位で指定します。Specifies, in bytes, where to align the sections of the output file. 有効値は 512、1024、2048、4096、および 8192 です。Valid values are 512, 1024, 2048, 4096, 8192. このプロパティは、/filealignment コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /filealignment compiler switch.
FrameworkPathOverrideFrameworkPathOverride mscorlib.dll および microsoft.visualbasic.dll の位置を指定します。Specifies the location of mscorlib.dll and microsoft.visualbasic.dll. このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /sdkpath スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /sdkpath switch of the vbc.exe compiler.
GenerateDocumentationGenerateDocumentation (Visual Basic .NET のみ) ビルドによってドキュメントを生成するかどうかを示すブール値パラメーターです。(Visual Basic .NET only) A boolean parameter that indicates whether documentation is generated by the build. true に設定すると、ビルドによってドキュメント情報が生成され、ビルド タスクが作成した実行可能ファイルまたはライブラリの名前と共に .xml ファイルに格納されます。If true, the build generates documentation information and puts it in an .xml file together with the name of the executable file or library that the build task created.
IntermediateOutputPathIntermediateOutputPath 中間出力ファイルの完全パスであり、パスが指定されていない場合に BaseIntermediateOutputPath を基に生成されます。The full intermediate output path as derived from BaseIntermediateOutputPath, if no path is specified. たとえば、\obj\debug\ のようなパスが生成されます。For example, \obj\debug\. このプロパティがオーバーライドされた場合、BaseIntermediateOutputPath は無効になります。If this property is overridden, then setting BaseIntermediateOutputPath has no effect.
KeyContainerNameKeyContainerName 厳密名キーのコンテナー名です。The name of the strong-name key container.
KeyOriginatorFileKeyOriginatorFile 厳密名キー ファイルの名前です。The name of the strong-name key file.
NoWin32ManifestNoWin32Manifest コンパイル時に既定の Win32 マニフェストを生成して出力ファイルに含めるかどうかを決定します。Determines whether the compiler generates the default Win32 manifest into the output assembly. 既定値の false では、すべてのアプリケーションに対して既定の Win32 マニフェストが生成されます。The default value of false means that the default Win32 manifest is generated for all applications. このプロパティは、vbc.exe コンパイラの /nowin32manifest スイッチに相当します。This property is equivalent to the /nowin32manifest compiler switch of vbc.exe.
ModuleAssemblyNameModuleAssemblyName コンパイル済みモジュールを組み込むアセンブリの名前です。The name of the assembly that the compiled module is to be incorporated into. このプロパティは、/moduleassemblyname コンパイラ スイッチに相当します。The property is equivalent to the /moduleassemblyname compiler switch.
NoLogoNoLogo コンパイラ ロゴをオフにするかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether you want compiler logo to be turned off. このプロパティは、/nologo コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /nologo compiler switch.
NoStdLibNoStdLib 標準ライブラリ (mscorlib.dll) の参照を回避するかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether to avoid referencing the standard library (mscorlib.dll). 既定値は false です。The default value is false.
NoVBRuntimeReferenceNoVBRuntimeReference Visual BasicVisual Basic ランタイム (Microsoft.VisualBasic.dll) を参照としてプロジェクトに含めるかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether the Visual BasicVisual Basic runtime (Microsoft.VisualBasic.dll) should be included as a reference in the project.
NoWin32ManifestNoWin32Manifest ユーザー アカウント制御 (UAC) マニフェスト情報をアプリケーションの実行可能ファイルに埋め込むかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether User Account Control (UAC) manifest information will be embedded in the application's executable. Windows VistaWindows Vista を対象とする Visual Studio プロジェクトにのみ適用されます。Applies only to Visual Studio projects targeting Windows VistaWindows Vista. ClickOnceClickOnce および登録を必要としない COM を使用して配置されたプロジェクトでは、この要素無視されます。In projects deployed using ClickOnceClickOnce and Registration-Free COM, this element is ignored. False (既定値) は、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) マニフェスト情報をアプリケーションの実行可能ファイルに埋め込むことを指定します。False (the default value) specifies that User Account Control (UAC) manifest information be embedded in the application's executable. Trueを指定すると、UAC マニフェスト情報は埋め込まれません。True specifies that UAC manifest information not be embedded.

このプロパティは、Visual StudioVisual Studio を対象とする Windows VistaWindows Vista プロジェクトにのみ適用されます。This property applies only to Visual StudioVisual Studio projects targeting Windows VistaWindows Vista. ClickOnceClickOnce および登録を必要としない COM を使用して配置されたプロジェクトでは、このプロパティは無視されます。In projects deployed using ClickOnceClickOnce and Registration-Free COM, this property is ignored.

Visual StudioVisual Studio でマニフェスト情報をアプリケーションの実行可能ファイルに埋め込まない場合に限り、NoWin32Manifest を追加してください。このプロセスは "仮想化" と呼ばれます。You should add NoWin32Manifest only if you do not want Visual StudioVisual Studio to embed any manifest information in the application's executable; this process is called virtualization. 仮想化を使用するには、次のように <ApplicationManifest> と共に <NoWin32Manifest> を設定します。To use virtualization, set <ApplicationManifest> in conjunction with <NoWin32Manifest> as follows:

- Visual BasicVisual Basic プロジェクトの場合は、<ApplicationManifest> ノードを削除します - For Visual BasicVisual Basic projects, remove the <ApplicationManifest> node. (Visual BasicVisual Basic プロジェクトでは、<ApplicationManifest> ノードが存在すると、<NoWin32Manifest> は無視されます)。(In Visual BasicVisual Basic projects, <NoWin32Manifest> is ignored when an <ApplicationManifest> node exists.)
- Visual C#Visual C# プロジェクトの場合は、<ApplicationManifest>False に設定し、<NoWin32Manifest>True に設定します - For Visual C#Visual C# projects, set <ApplicationManifest> to False and <NoWin32Manifest> to True. (Visual C#Visual C# プロジェクトでは、<ApplicationManifest><NoWin32Manifest> によりオーバーライドされます)。(In Visual C#Visual C# projects, <ApplicationManifest> overrides <NoWin32Manifest>.)
OptimizeOptimize true に設定された場合にコンパイラの最適化を有効にするブール値です。A boolean value that when set to true, enables compiler optimizations. このプロパティは、/optimize コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /optimize compiler switch.
OptionCompareOptionCompare 文字列比較の方法を指定します。Specifies how string comparisons are made. 有効な値は "binary" または "text" です。Valid values are "binary" or "text." このプロパティは、vbc.exe コンパイラの /optioncompare スイッチに相当します。This property is equivalent to the /optioncompare compiler switch of vbc.exe.
OptionExplicitOptionExplicit true に設定された場合にソース コードで変数が明示的に宣言されていることを要求するブール値です。A boolean value that when set to true, requires explicit declaration of variables in the source code. このプロパティは、/optionexplicit コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /optionexplicit compiler switch.
OptionInferOptionInfer true に設定された場合に変数の型の推論を可能にするブール値です。A boolean value that when set to true, enables type inference of variables. このプロパティは、/optioninfer コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /optioninfer compiler switch.
OptionStrictOptionStrict true に設定された場合にビルド タスクで厳密な型のセマンティクスを適用して暗黙の型変換を制限するブール値です。A boolean value that when set to true, causes the build task to enforce strict type semantics to restrict implicit type conversions. このプロパティは、vbc.exe コンパイラの /optionstrict スイッチに相当します。This property is equivalent to the /optionstrict switch of the vbc.exe compiler.
OutputPathOutputPath 出力ディレクトリへのパスを、"bin\Debug" のようにプロジェクト ディレクトリを基準とする相対パスで指定します。Specifies the path to the output directory, relative to the project directory, for example, "bin\Debug".
OutputTypeOutputType 出力ファイルのファイル形式を指定します。Specifies the file format of the output file. このパラメーターには、次のいずれかの値を指定できます。This parameter can have one of the following values:

- Library。- Library. コード ライブラリを作成します。Creates a code library. これは既定値です。(Default value.)
- Exe。- Exe. コンソール アプリケーションを作成します。Creates a console application.
- Module。- Module. モジュールを作成します。Creates a module.
- Winexe。- Winexe. Windows ベースのプログラムを作成します。Creates a Windows-based program.

このプロパティは、vbc.exe コンパイラの /target スイッチに相当します。This property is equivalent to the /target switch of the vbc.exe compiler.
OverwriteReadOnlyFilesOverwriteReadOnlyFiles ビルドにおいて読み取り専用ファイルを上書きするかエラーを発生させるかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether you want to enable the build to overwrite read-only files or trigger an error.
PdbFilePdbFile 出力する .pdb ファイルの名前です。The file name of the .pdb file that you are emitting. このプロパティは、csc.exe コンパイラの /pdb スイッチに相当します。This property is equivalent to the /pdb switch of the csc.exe compiler.
プラットフォームPlatform ビルドの対象とするオペレーティング システムです。The operating system you are building for. 有効な値は "Any CPU"、"x86"、および "x64" です。Valid values are "Any CPU", "x86", and "x64".
ProduceReferenceAssemblyProduceReferenceAssembly true に設定すると、現在のアセンブリに対して参照アセンブリの生成が可能になるブール値。A boolean value that when set to true enables production of reference assemblies for the current assembly. この機能の利用時、Deterministictrue にする必要があります。Deterministic should be true when using this feature. このプロパティは、vbc.exe コンパイラと csc.exe コンパイラの /refout スイッチに対応します。This property corresponds to the /refout switch of the vbc.exe and csc.exe compilers.
RemoveIntegerChecksRemoveIntegerChecks 整数オーバーフロー エラー チェックを無効にするかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether to disable integer overflow error checks. 既定値は false です。The default value is false. このプロパティは、vbc.exe コンパイラの /removeintchecks スイッチに相当します。This property is equivalent to the /removeintchecks switch of the vbc.exe compiler.
SGenUseProxyTypesSGenUseProxyTypes SGen.exe によってプロキシ型を生成するかどうかを示すブール値です。A boolean value that indicates whether proxy types should be generated by SGen.exe.

SGen ターゲットは、このプロパティを使用して UseProxyTypes フラグを設定します。The SGen target uses this property to set the UseProxyTypes flag. このプロパティの既定値は true で、これを変更するための UI はありません。This property defaults to true, and there is no UI to change this. webservice 以外の型のシリアル化アセンブリを生成するには、Microsoft.Common.Targets または C#/VB.targets をインポートする前に、このプロパティをプロジェクト ファイルに追加し、その値を false に設定します。To generate the serialization assembly for non-webservice types, add this property to the project file and set it to false before importing the Microsoft.Common.Targets or the C#/VB.targets.
SGenToolPathSGenToolPath SGen.exe の現在のバージョンがオーバーライドされた場合に SGen.exe を取得する場所を示すツール パスです (省略可能)。An optional tool path that indicates where to obtain SGen.exe when the current version of SGen.exe is overridden.
StartupObjectStartupObject Main メソッドまたは Sub Main プロシージャを含むクラスまたはモジュールを指定します。Specifies the class or module that contains the Main method or Sub Main procedure. このプロパティは、/main コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /main compiler switch.
ProcessorArchitectureProcessorArchitecture アセンブリ参照を解決するときに使用されるプロセッサ アーキテクチャです。The processor architecture that is used when assembly references are resolved. 有効な値は "msil"、"x86"、"amd64"、または "ia64" です。Valid values are "msil," "x86," "amd64," or "ia64."
RootNamespaceRootNamespace 埋め込みリソースに名前を付けるときに使用するルート名前空間です。The root namespace to use when you name an embedded resource. この名前空間が埋め込みリソース マニフェスト名の一部になります。This namespace is part of the embedded resource manifest name.
Satellite_AlgorithmIdSatellite_AlgorithmId サテライト アセンブリの作成時に使用する AL.exe ハッシュ アルゴリズムの ID です。The ID of the AL.exe hashing algorithm to use when satellite assemblies are created.
Satellite_BaseAddressSatellite_BaseAddress CreateSatelliteAssemblies ターゲットを使用してカルチャ固有のサテライト アセンブリをビルドするときに使用するベース アドレスです。The base address to use when culture-specific satellite assemblies are built by using the CreateSatelliteAssemblies target.
Satellite_CompanyNameSatellite_CompanyName サテライト アセンブリの生成時に AL.exe に渡す会社名です。The company name to pass into AL.exe during satellite assembly generation.
Satellite_ConfigurationSatellite_Configuration サテライト アセンブリの生成時に AL.exe に渡す構成名です。The configuration name to pass into AL.exe during satellite assembly generation.
Satellite_DescriptionSatellite_Description サテライト アセンブリの生成時に AL.exe に渡す説明テキストです。The description text to pass into AL.exe during satellite assembly generation.
Satellite_EvidenceFileSatellite_EvidenceFile 指定されたファイルをリソース名が "Security.Evidence" であるサテライト アセンブリに埋め込みます。Embeds the specified file in the satellite assembly that has the resource name "Security.Evidence."
Satellite_FileVersionSatellite_FileVersion サテライト アセンブリの File Version フィールドに挿入する文字列を指定します。Specifies a string for the File Version field in the satellite assembly.
Satellite_FlagsSatellite_Flags サテライト アセンブリの Flags フィールドに挿入する値を指定します。Specifies a value for the Flags field in the satellite assembly.
Satellite_GenerateFullPathsSatellite_GenerateFullPaths ビルド タスクがエラー メッセージで報告されるすべてのファイルについて絶対パスを使用します。Causes the build task to use absolute paths for any files reported in an error message.
Satellite_LinkResourceSatellite_LinkResource 指定されたリソース ファイルをサテライト アセンブリにリンクします。Links the specified resource files to a satellite assembly.
Satellite_MainEntryPointSatellite_MainEntryPoint サテライト アセンブリの生成においてモジュールを実行可能ファイルに変換するときにエントリ ポイントとして使用されるメソッドの完全修飾名 (class.method) を指定します。Specifies the fully-qualified name (that is, class.method) of the method to use as an entry point when a module is converted to an executable file during satellite assembly generation.
Satellite_ProductNameSatellite_ProductName サテライト アセンブリの Product フィールドに挿入する文字列を指定します。Specifies a string for the Product field in the satellite assembly.
Satellite_ProductVersionSatellite_ProductVersion サテライト アセンブリの ProductVersion フィールドに挿入する文字列を指定します。Specifies a string for the ProductVersion field in the satellite assembly.
Satellite_TargetTypeSatellite_TargetType サテライト アセンブリの出力ファイルの形式として、"library"、"exe"、"win" のいずれかを指定します。Specifies the file format of the satellite assembly output file as "library," "exe," or "win." 既定値は "library" です。The default value is "library."
Satellite_TitleSatellite_Title サテライト アセンブリの Title フィールドに挿入する文字列を指定します。Specifies a string for the Title field in the satellite assembly.
Satellite_TrademarkSatellite_Trademark サテライト アセンブリの Trademark フィールドに挿入する文字列を指定します。Specifies a string for the Trademark field in the satellite assembly.
Satellite_VersionSatellite_Version サテライト アセンブリのバージョン情報を指定します。Specifies the version information for the satellite assembly.
Satellite_Win32IconSatellite_Win32Icon サテライト アセンブリに .ico アイコン ファイルを挿入します。Inserts an .ico icon file in the satellite assembly.
Satellite_Win32ResourceSatellite_Win32Resource サテライト アセンブリに Win32 リソース (.res ファイル) を挿入します。Inserts a Win32 resource (.res file) into the satellite assembly.
SubsystemVersionSubsystemVersion 生成された実行可能ファイルが使用できるサブシステムの最低限のバージョンを指定します。Specifies the minimum version of the subsystem that the generated executable file can use. このプロパティは、/subsystemversion コンパイラ スイッチに相当します。This property is equivalent to the /subsystemversion compiler switch. このプロパティの既定値については、「/subsystemversion (Visual Basic)」または「/subsystemversion (C# コンパイラ オプション)」を参照してください。For information about the default value of this property, see /subsystemversion (Visual Basic) or /subsystemversion (C# Compiler Options).
TargetCompactFrameworkTargetCompactFramework ビルドするアプリケーションの実行に必要な .NET Compact Framework のバージョンです。The version of the .NET Compact Framework that is required to run the application that you are building. このプロパティを指定すると、通常は参照できない .NET Framework アセンブリを参照できます。Specifying this lets you reference certain framework assemblies that you may not be able to reference otherwise.
TargetFrameworkVersionTargetFrameworkVersion ビルドするアプリケーションの実行に必要な .NET Framework.NET Framework のバージョンです。The version of the .NET Framework.NET Framework that is required to run the application that you are building. このプロパティを指定すると、通常は参照できない .NET Framework アセンブリを参照できます。Specifying this lets you reference certain framework assemblies that you may not be able to reference otherwise.
TreatWarningsAsErrorsTreatWarningsAsErrors ブール値パラメーターであり、true に設定すると、すべての警告がエラーとして扱われます。A boolean parameter that, if true, causes all warnings to be treated as errors. このパラメーターは、/nowarn コンパイラ スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /nowarn compiler switch.
UseHostCompilerIfAvailableUseHostCompilerIfAvailable ブール値パラメーターであり、true に設定すると、ビルド タスクはインプロセス コンパイラを使用します (インプロセス コンパイラが用意されている場合)。A boolean parameter that, if true, causes the build task to use the in-process compiler object, if it is available. このパラメーターは Visual StudioVisual Studio でのみ使用されます。This parameter is used only by Visual StudioVisual Studio.
Utf8OutputUtf8Output ブール値パラメーターであり、true に設定すると、コンパイラ出力が UTF-8 エンコーディングでログに記録されます。A boolean parameter that, if true, logs compiler output by using UTF-8 encoding. このパラメーターは、/utf8Output コンパイラ スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /utf8Output compiler switch.
VbcToolPathVbcToolPath vbc.exe の現在のバージョンがオーバーライドされた場合に vbc.exe の別の場所を示すパスです (省略可能)。An optional path that indicates another location for vbc.exe when the current version of vbc.exe is overridden.
VbcVerbosityVbcVerbosity Visual BasicVisual Basic コンパイラ出力の詳細度を指定します。Specifies the verbosity of the Visual BasicVisual Basic compiler's output. 有効な値は "Quiet"、"Normal" (既定値)、または "Verbose" です。Valid values are "Quiet," "Normal" (the default value), or "Verbose."
VisualStudioVersionVisualStudioVersion このプロジェクトが実行されている Visual Studio のバージョンを指定します。Specifies the version of Visual Studio under which this project should be considered to be running. このプロパティが指定されていない場合、MSBuild によって適切な既定値に設定されます。If this property isn't specified, MSBuild sets it to a reasonable default value.

このプロパティは複数の種類のプロジェクトで使用され、ビルドで利用されるターゲットのセットが指定されます。This property is used in several project types to specify the set of targets that are used for the build. ToolsVersion がプロジェクトに対して 4.0 以上に設定されている場合、VisualStudioVersion によって、使用するサブツールセットが指定されます。If ToolsVersion is set to 4.0 or higher for a project, VisualStudioVersion is used to specify which sub-toolset to use. 詳細については、「ツール セット (ToolsVersion)」を参照してください。For more information, see Toolset (ToolsVersion).
WarningsAsErrorsWarningsAsErrors エラーとして扱う警告の一覧を指定します。Specifies a list of warnings to treat as errors. このパラメーターは、/warnaserror コンパイラ スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /warnaserror compiler switch.
WarningsNotAsErrorsWarningsNotAsErrors エラーとして扱わない警告の一覧を指定します。Specifies a list of warnings that are not treated as errors. このパラメーターは、/warnaserror コンパイラ スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /warnaserror compiler switch.
Win32ManifestWin32Manifest 最終的なアセンブリに埋め込むマニフェスト ファイルの名前です。The name of the manifest file that should be embedded in the final assembly. このパラメーターは、/win32Manifest コンパイラ スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /win32Manifest compiler switch.
Win32ResourceWin32Resource 最終的なアセンブリに埋め込む Win32 リソースのファイル名です。The file name of the Win32 resource to be embedded in the final assembly. このパラメーターは、/win32resource コンパイラ スイッチに相当します。This parameter is equivalent to the /win32resource compiler switch.

関連項目See Also

MSBuild プロジェクトの共通項目Common MSBuild Project Items