CreateCSharpManifestResourceName タスク

指定した .resx ファイル名または他のリソースから Visual C# スタイルのマニフェスト名を作成します。

パラメーター

次の表では、CreateCSharpManifestResourceName タスク のパラメーターについて説明します。

パラメーター 説明
ManifestResourceNames ITaskItem [] 型の読み取り専用の出力パラメーターです。

生成されたマニフェスト名です。
ResourceFiles 必須の String 型のパラメーターです。

Visual C# マニフェスト名の作成元のリソース ファイルの名前。
RootNamespace 省略可能な String 型のパラメーターです。

通常はプロジェクト ファイルから取得される、リソース ファイルのルート名前空間。 null でもかまいません。
PrependCultureAsDirectory 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、カルチャの名前がマニフェスト リソース名の直前にディレクトリ名として追加されます。 既定値は true です。
ResourceFilesWithManifestResourceNames 省略可能な String 型の読み取り専用の出力パラメーターです。

マニフェスト リソース名を含むようになったリソース ファイルの名前を返します。

コメント

CreateVisualBasicManifestResourceName タスクは、特定の .resx または他のリソース ファイルに割り当てる適切なマニフェスト リソース名を決定します。 このタスクは、リソース ファイルに論理名を提供した後、それをメタデータとして出力パラメーターにアタッチします。

このタスクでは、上記のパラメーター以外に、TaskExtension クラスからパラメーターを継承し、このクラス自体は Task クラスから継承されます。 これらの追加パラメーター一覧とそれらの説明については、「TaskExtension Base Class (TaskExtension 基底クラス)」を参照してください。

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)