Exec タスク

指定された引数を使って、指定されたプログラムまたはコマンドを実行します。

パラメーター

Exec タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
Command 必須の String 型のパラメーターです。

実行するコマンドです。 attrib などのシステム コマンド、または program.exe、runprogram.bat、setup.msi などの実行可能ファイルを指定できます。

このパラメーターで複数のコマンド行を指定できます。 または、複数のコマンドをバッチ ファイルに入れ、このパラメーターを使ってそれを実行することもできます。
CustomErrorRegularExpression 省略可能な String 型のパラメーターです。

ツールの出力でエラー行を示すために使う正規表現を指定します。 これは、普通とは異なる書式設定の出力を生成するツールに便利です。
CustomWarningRegularExpression 省略可能な String 型のパラメーターです。

ツールの出力で警告行を示すために使う正規表現を指定します。 これは、普通とは異なる書式設定の出力を生成するツールに便利です。
ExitCode 省略可能な Int32 型の読み取り専用出力パラメーターです。

実行したコマンドの終了コードを示します。
IgnoreExitCode 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、タスクは実行したコマンドで提供されている終了コードを無視します。 それ以外の場合、実行されたコマンドが 0 以外の終了コードを返すときは、タスクは false を返します。
IgnoreStandardErrorWarningFormat 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

false の場合は、標準エラー/警告の形式に一致する出力行を選び、エラー/警告としてログに記録します。 true の場合は、この動作は無効になります。 既定値は false です。
Outputs 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。

タスクからの出力項目を含みます。 Exec タスク自体はこれらを設定しません。 代わりに、タスクが設定したかのようにユーザーが提供して、プロジェクトの後の処理で使うことができます。
StdErrEncoding 省略可能な String 型の出力パラメーターです。

キャプチャしたタスクの標準エラー ストリームのエンコーディングを指定します。 既定値は、現在のコンソール出力のエンコーディングです。
StdOutEncoding 省略可能な String 型の出力パラメーターです。

キャプチャしたタスクの標準出力ストリームのエンコーディングを指定します。 既定値は、現在のコンソール出力のエンコーディングです。
WorkingDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。

コマンドを実行するディレクトリを指定します。

コメント

このタスクは、実行したいジョブの特定の MSBuild タスクを使用できないときに便利です。 ただし、Exec タスクは、固有のタスクとは異なり、実行したツールまたはコマンドから出力を収集することはできません。

Exec タスクは、プロセスを直接呼び出す代わりに cmd.exe を呼び出します。

このタスクでは、このドキュメントで示したパラメーター以外に、ToolTaskExtension クラスからパラメーターを継承し、このクラス自体は ToolTask クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「ToolTaskExtension 基本クラス」を参照してください。

次の例では、Exec タスクを使ってコマンドを実行します。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <ItemGroup>  
        <Binaries Include="*.dll;*.exe"/>  
    </ItemGroup>  

    <Target Name="SetACL">  
        <!-- set security on binaries-->  
        <Exec Command="echo y| cacls %(Binaries.Identity) /G everyone:R"/>  
    </Target>  

</Project>  

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)