Exec タスクExec Task

指定された引数を使って、指定されたプログラムまたはコマンドを実行します。Runs the specified program or command by using the specified arguments.

パラメーターParameters

Exec タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters for the Exec task.

パラメーターParameter 説明Description
Command 必須の String 型のパラメーターです。Required String parameter.

実行するコマンドです。The command(s) to run. attrib などのシステム コマンド、または program.exe、runprogram.bat、setup.msi などの実行可能ファイルを指定できます。These can be system commands, such as attrib, or an executable, such as program.exe, runprogram.bat, or setup.msi.

このパラメーターで複数のコマンド行を指定できます。This parameter can contain multiple lines of commands. または、複数のコマンドをバッチ ファイルに入れ、このパラメーターを使ってそれを実行することもできます。Alternatively, you can put multiple commands in a batch file and run it by using this parameter.
ConsoleOutput 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。Optional ITaskItem[] output parameter.

各項目出力は、ツールによって生成される標準出力または標準エラー ストリームの行です。Each item output is a line from the standard output or standard error stream emitted by the tool. これは、ConsoleToMsBuildtrue に設定されている場合にのみキャプチャされます。This is only captured if ConsoleToMsBuild is set to true.
ConsoleToMsBuild 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、タスクは、ツールの標準エラーと標準出力をキャプチャして、ConsoleOutput 出力パラメーターで利用できるようにします。If true, the task will capture the standard error and standard output of the tool and make them available in the ConsoleOutput output parameter. 既定値は false です。The default value is false.
CustomErrorRegularExpression 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

ツールの出力でエラー行を示すために使う正規表現を指定します。Specifies a regular expression that is used to spot error lines in the tool output. これは、普通とは異なる書式設定の出力を生成するツールに便利です。This is useful for tools that produce unusually formatted output.
CustomWarningRegularExpression 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

ツールの出力で警告行を示すために使う正規表現を指定します。Specifies a regular expression that is used to spot warning lines in the tool output. これは、普通とは異なる書式設定の出力を生成するツールに便利です。This is useful for tools that produce unusually formatted output.
EchoOff 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、タスクは Command の拡張形式を MSBuild ログに出力しません。If true, the task will not emit the expanded form of Command to the MSBuild log. 既定値は false です。The default value is false.
ExitCode 省略可能な Int32 型の読み取り専用出力パラメーターです。Optional Int32 output read-only parameter.

実行したコマンドの終了コードを示します。Specifies the exit code that is provided by the executed command.
IgnoreExitCode 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、タスクは実行したコマンドで提供されている終了コードを無視します。If true, the task ignores the exit code that is provided by the executed command. それ以外の場合、実行されたコマンドが 0 以外の終了コードを返すときは、タスクは false を返します。Otherwise, the task returns false if the executed command returns a non-zero exit code.
IgnoreStandardErrorWarningFormat 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

false の場合は、標準エラー/警告の形式に一致する出力行を選び、エラー/警告としてログに記録します。If false, selects lines in the output that match the standard error/warning format, and logs them as errors/warnings. true の場合は、この動作は無効になります。If true, disable this behavior. 既定値は false です。The default value is false.
Outputs 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。Optional ITaskItem[] output parameter.

タスクからの出力項目を含みます。Contains the output items from the task. Exec タスク自体はこれらを設定しません。The Exec task does not set these itself. 代わりに、タスクが設定したかのようにユーザーが提供して、プロジェクトの後の処理で使うことができます。Instead, you can provide them as if it did set them, so that they can be used later in the project.
StdErrEncoding 省略可能な String 型の出力パラメーターです。Optional String output parameter.

キャプチャしたタスクの標準エラー ストリームのエンコーディングを指定します。Specifies the encoding of the captured task standard error stream. 既定値は、現在のコンソール出力のエンコーディングです。The default is the current console output encoding.
StdOutEncoding 省略可能な String 型の出力パラメーターです。Optional String output parameter.

キャプチャしたタスクの標準出力ストリームのエンコーディングを指定します。Specifies the encoding of the captured task standard output stream. 既定値は、現在のコンソール出力のエンコーディングです。The default is the current console output encoding.
WorkingDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

コマンドを実行するディレクトリを指定します。Specifies the directory in which the command will run.

コメントRemarks

このタスクは、実行したいジョブの特定の MSBuildMSBuild タスクを使用できないときに便利です。This task is useful when a specific MSBuildMSBuild task for the job that you want to perform is not available. ただし、Exec タスクは、固有のタスクとは異なり、実行したツールまたはコマンドの結果に基づいて追加処理や条件演算を行うことはできません。However, the Exec task, unlike a more specific task, cannot do additional processing or conditional operations based on the result of the tool or command that it runs.

Exec タスクは、プロセスを直接呼び出す代わりに cmd.exe を呼び出します。The Exec task calls cmd.exe instead of directly invoking a process.

このドキュメントにリストされているパラメーター以外に、このタスクは ToolTaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は ToolTask クラスから継承されます。In addition to the parameters listed in this document, this task inherits parameters from the ToolTaskExtension class, which itself inherits from the ToolTask class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「ToolTaskExtension 基本クラス」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see ToolTaskExtension Base Class.

Example

次の例では、Exec タスクを使ってコマンドを実行します。The following example uses the Exec task to run a command.

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <ItemGroup>  
        <Binaries Include="*.dll;*.exe"/>  
    </ItemGroup>  

    <Target Name="SetACL">  
        <!-- set security on binaries-->  
        <Exec Command="echo y| cacls %(Binaries.Identity) /G everyone:R"/>  
    </Target>  

</Project>  

参照See Also

タスク Tasks
Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference