ファイルの追跡File Tracking

ファイルの追跡では、特定のプロセスとその子プロセスについて、Windows ファイル システムの呼び出しをログに記録します。File tracking logs calls to the Windows file system for a process and its child processes. 下記の関数を呼び出すことで、このログ記録のオンとオフを切り替えるタイミングを制御したり、使用するログ ファイルを指定したりできます。By calling the functions listed below, programs control when to turn this logging on and off and specify the log file to use.

このセクションの内容In This Section

EndTrackingContextEndTrackingContext
現在のコンテキストの追跡を停止します。Stop tracking the current context.

ResumeTrackingResumeTracking
SuspendTracking の呼び出し後に追跡を再開します。Resume tracking after a call to SuspendTracking.

SetThreadCountSetThreadCount
追跡に使用するスレッドの数を設定します。Set the number of threads to use for tracking.

StartTrackingContextStartTrackingContext
新しい追跡コンテキストを開始します。Begin a new tracking context.

StartTrackingContextWithRootStartTrackingContextWithRoot
指定されたルートで新しい追跡コンテキストを開始します。Begin a new tracking context with a specified root.

StopTrackingAndCleanupStopTrackingAndCleanup
追跡を終了し、使用されているリソースを解放します。End tracking and release resources used.

SuspendTrackingSuspendTracking
追跡を一時的に中断します。Temporarily suspend tracking.

WriteAllTLogsWriteAllTLogs
すべてのコンテキストに対する追跡ログを書き出します。Write out the tracking logs for all contexts.

WriteContextTLogsWriteContextTLogs
現在のコンテキストに対する追跡ログを書き出します。Write out the tracking log for the current context.