GenerateBootstrapper タスク

アプリケーションとその前提条件を検出、ダウンロード、インストールする自動化方法を提供します。 これは、アプリケーションを構成するすべてのコンポーネントの別々のインストーラーを統合する単一のインストーラーとして機能します。

タスク パラメーター

GenerateBootstrapper タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

  • ApplicationFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    すべての前提条件がインストールされた後に、アプリケーションのインストールを開始するためにブートストラップが使用するファイルを指定します。 BootstrapperItems パラメーターも ApplicationFile パラメーターも指定されていない場合、ビルド エラーが発生します。

  • ApplicationName

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    ブートストラップがインストールするアプリケーションの名前を指定します。 この名前は、ブートストラップがインストール中に使用する UI の中で表示されます。

  • ApplicationRequiresElevation

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true である場合、コンポーネントはターゲット コンピューターにインストールされるとき、管理者特権のアクセス許可で実行されます。

  • ApplicationUrl

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    アプリケーションのインストーラーをホストする Web 上の場所を指定します。

  • BootstrapperComponentFiles

    省略可能な String[] 型の出力パラメーターです。

    ブートストラップ パッケージ ファイルがビルドされた場所を指定します。

  • BootstrapperItems

    省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

    ブートストラップに組み込む製品を指定します。 このパラメーターに渡される項目は、以下の構文に従わなければなりません。

    <BootstrapperItem  
        Include="ProductCode">  
        <ProductName>  
            ProductName  
        </ProductName>  
    </BootstrapperItem>  
    

    Include 属性は、インストールすべき前提条件の名前を表すために使用されます。 ProductName 項目メタデータは省略可能であり、パッケージが見つからなかった場合にユーザー フレンドリーな名前としてビルド エンジンによって使用されます。 これらの項目は、ApplicationFile が指定されている場合を除き、必須の MSBuild 入力パラメーターではありません。 アプリケーション用にインストールすべき前提条件ごとに 1 つの項目を含める必要があります。

    BootstrapperItems パラメーターも ApplicationFile パラメーターも指定されていない場合、ビルド エラーが発生します。

  • BootstrapperKeyFile

    省略可能な String 型の出力パラメーターです。

    setup.exe がビルドされた場所を指定します。

  • ComponentsLocation

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    インストールするインストール前提条件をブートストラップが探す場所を指定します。 このパラメーターには、次の値を指定できます。

    • HomeSite: 前提条件がコンポーネント ベンダーによってホストされていることを示します。

    • Relative: 前提条件がアプリケーションと同じ場所にあることを示します。

    • Absolute: 一元化された URL にすべてのコンポーネントがあることを示します。 この値は ComponentsUrl 入力パラメーターと共に使用する必要があります。

      ComponentsLocation が指定されていない場合は、HomeSite が既定で使用されます。

  • ComponentsUrl

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    インストールの前提条件が含まれる URL を指定します。

  • CopyComponents

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true である場合、ブートストラップはすべての出力ファイルを OutputPath パラメーターで指定されているパスにコピーします。 BootstrapperComponentFiles パラメーターの値はすべてこのパスに基づいたものにしなければなりません。 false である場合、ファイルはコピーされず、BootstrapperComponentFiles の値は Path パラメーターの値に基づいたものとなります。 このパラメーターの既定値は、true です。

  • Culture

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    ブートストラップ UI およびインストールの前提条件に使用されるカルチャを指定します。 指定したカルチャが使用不可能である場合、タスクは FallbackCulture パラメーターの値を使用します。

  • FallbackCulture

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    ブートストラップ UI およびインストール前提条件に使用する 2 次カルチャを指定します。

  • OutputPath

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    setup.exe とすべてのパッケージ ファイルのコピー先を指定します。

  • Path

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    使用可能なすべての前提条件パッケージの場所を指定します。

  • SupportUrl

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    ブートストラップのインストールが失敗した場合に提供する URL を指定します。

  • Validate

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、ブートストラップは指定された入力ブートストラップ項目に対して XSD 検証を実行します。 このパラメーターの既定値は、false です。

コメント

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。

次の例では、前提条件として .NET Framework 2.0 がインストールされていなければならないアプリケーションをインストールするために GenerateBootstrapper タスクが使用されています。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  

    <ItemGroup>  
        <BootstrapperFile Include="Microsoft.Net.Framework.2.0">  
            <ProductName>Microsoft .NET Framework 2.0</ProductName>  
        </BootstrapperFile>  
    </ItemGroup>  

    <Target Name="BuildBootstrapper">  
        <GenerateBootstrapper  
            ApplicationFile="WindowsApplication1.application"  
            ApplicationName="WindowsApplication1"  
            ApplicationUrl="http://mycomputer"  
            BootstrapperItems="@(BootstrapperFile)"  
            OutputPath="C:\output" />  
    </Target>  

</Project>  

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)