GenerateBootstrapper タスクGenerateBootstrapper Task

アプリケーションとその前提条件を検出、ダウンロード、インストールする自動化方法を提供します。Provides an automated way to detect, download, and install an application and its prerequisites. これは、アプリケーションを構成するすべてのコンポーネントの別々のインストーラーを統合する単一のインストーラーとして機能します。It serves as a single installer that integrates the separate installers for all the components making up an application.

タスク パラメーターTask Parameters

GenerateBootstrapper タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the GenerateBootstrapper task.

  • ApplicationFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    すべての前提条件がインストールされた後に、アプリケーションのインストールを開始するためにブートストラップが使用するファイルを指定します。Specifies the file the bootstrapper will use to begin the installation of the application after all prerequisites have been installed. BootstrapperItems パラメーターも ApplicationFile パラメーターも指定されていない場合、ビルド エラーが発生します。A build error will result if neither the BootstrapperItems nor the ApplicationFile parameter is specified.

  • ApplicationName

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ブートストラップがインストールするアプリケーションの名前を指定します。Specifies the name of the application that the bootstrapper will install. この名前は、ブートストラップがインストール中に使用する UI の中で表示されます。This name will appear in the UI the bootstrapper uses during installation.

  • ApplicationRequiresElevation

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true である場合、コンポーネントはターゲット コンピューターにインストールされるとき、管理者特権のアクセス許可で実行されます。If true, the component runs with elevated permissions when it is installed on a target computer.

  • ApplicationUrl

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    アプリケーションのインストーラーをホストする Web 上の場所を指定します。Specifies the Web location that is hosting the application's installer.

  • BootstrapperComponentFiles

    省略可能な String[] 型の出力パラメーターです。Optional String[] output parameter.

    ブートストラップ パッケージ ファイルがビルドされた場所を指定します。Specifies the built location of bootstrapper package files.

  • BootstrapperItems

    省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

    ブートストラップに組み込む製品を指定します。Specifies the products to build into the bootstrapper. このパラメーターに渡される項目は、以下の構文に従わなければなりません。The items passed to this parameter should have the following syntax:

    <BootstrapperItem  
        Include="ProductCode">  
        <ProductName>  
            ProductName  
        </ProductName>  
    </BootstrapperItem>  
    

    Include 属性は、インストールすべき前提条件の名前を表すために使用されます。The Include attribute is used to represent the name of a prerequisite which should be installed. ProductName 項目メタデータは省略可能であり、パッケージが見つからなかった場合にユーザー フレンドリーな名前としてビルド エンジンによって使用されます。The ProductName item metadata is optional, and will be used by the build engine as a user-friendly name in case the package cannot be found. これらの項目は、ApplicationFile が指定されている場合を除き、必須の MSBuildMSBuild 入力パラメーターではありません。These items are not required MSBuildMSBuild input parameters unless no ApplicationFile is specified. アプリケーション用にインストールすべき前提条件ごとに 1 つの項目を含める必要があります。You should include one item for every prerequisite which must be installed for your application.

    BootstrapperItems パラメーターも ApplicationFile パラメーターも指定されていない場合、ビルド エラーが発生します。A build error will result if neither the BootstrapperItems nor the ApplicationFile parameter is specified.

  • BootstrapperKeyFile

    省略可能な String 型の出力パラメーターです。Optional String output parameter.

    setup.exe がビルドされた場所を指定します。Specifies the built location of setup.exe

  • ComponentsLocation

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    インストールするインストール前提条件をブートストラップが探す場所を指定します。Specifies a location for the bootstrapper to look for installation prerequisites to install. このパラメーターには、次の値を指定できます。This parameter can have the following values::

    • HomeSite: 前提条件がコンポーネント ベンダーによってホストされていることを示します。HomeSite: Indicates that the prerequisite is being hosted by the component vendor.

    • Relative: 前提条件がアプリケーションと同じ場所にあることを示します。Relative: Indicates that the preqrequisite is at the same location of the application.

    • Absolute: 一元化された URL にすべてのコンポーネントがあることを示します。Absolute: Indicates that all components are to be found at a centralized URL. この値は ComponentsUrl 入力パラメーターと共に使用する必要があります。This value should be used in conjunction with the ComponentsUrl input parameter.

      ComponentsLocation が指定されていない場合は、HomeSite が既定で使用されます。If ComponentsLocation is not specified, HomeSite is used by default.

  • ComponentsUrl

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    インストールの前提条件が含まれる URL を指定します。Specifies the URL containing the installation prerequisites.

  • CopyComponents

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true である場合、ブートストラップはすべての出力ファイルを OutputPath パラメーターで指定されているパスにコピーします。If true, the bootstrapper copies all output files to the path specified in the OutputPath parameter. BootstrapperComponentFiles パラメーターの値はすべてこのパスに基づいたものにしなければなりません。The values of the BootstrapperComponentFiles parameter should all be based on this path. false である場合、ファイルはコピーされず、BootstrapperComponentFiles の値は Path パラメーターの値に基づいたものとなります。If false, the files are not copied, and the BootstrapperComponentFiles values are based on the value of the Path parameter. このパラメーターの既定値は、true です。The default value of this parameter is true.

  • Culture

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ブートストラップ UI およびインストールの前提条件に使用されるカルチャを指定します。Specifies the culture to use for the bootstrapper UI and installation prerequisites. 指定したカルチャが使用不可能である場合、タスクは FallbackCulture パラメーターの値を使用します。If the specified culture is unavailabe, the task uses the value of the FallbackCulture parameter.

  • FallbackCulture

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ブートストラップ UI およびインストール前提条件に使用する 2 次カルチャを指定します。Specifies the secondary culture to use for the bootstraper UI and installation prerequisites.

  • OutputPath

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    setup.exe とすべてのパッケージ ファイルのコピー先を指定します。Specifies the location to copy setup.exe and all package files.

  • Path

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    使用可能なすべての前提条件パッケージの場所を指定します。Specifies the location of all available prerequisite packages.

  • SupportUrl

    省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

    ブートストラップのインストールが失敗した場合に提供する URL を指定します。Specifies the URL to provide should the bootstrapper installation fail

  • Validate

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

    true の場合、ブートストラップは指定された入力ブートストラップ項目に対して XSD 検証を実行します。If true, the bootstrapper performs XSD validation on the specified input bootstrapper items. このパラメーターの既定値は、false です。The default value of this parameter is false.

コメントRemarks

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。In addition to the parameters listed above, this task inherits parameters from the TaskExtension class, which itself inherits from the Task class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see TaskExtension Base Class.

Example

次の例では、前提条件として .NET Framework 2.0.NET Framework 2.0 がインストールされていなければならないアプリケーションをインストールするために GenerateBootstrapper タスクが使用されています。The following example uses the GenerateBootstrapper task to install an application that must have the .NET Framework 2.0.NET Framework 2.0 installed as a prerequisite.

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  

    <ItemGroup>  
        <BootstrapperFile Include="Microsoft.Net.Framework.2.0">  
            <ProductName>Microsoft .NET Framework 2.0</ProductName>  
        </BootstrapperFile>  
    </ItemGroup>  

    <Target Name="BuildBootstrapper">  
        <GenerateBootstrapper  
            ApplicationFile="WindowsApplication1.application"  
            ApplicationName="WindowsApplication1"  
            ApplicationUrl="http://mycomputer"  
            BootstrapperItems="@(BootstrapperFile)"  
            OutputPath="C:\output" />  
    </Target>  

</Project>  

参照See Also

タスク Tasks
Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference