GenerateTemporaryTargetAssembly タスク

GenerateTemporaryTargetAssembly タスクは、プロジェクト内の少なくとも 1 つの Extensible Application Markup Language (XAML) ページが、そのプロジェクトでローカルに宣言されている型を参照している場合に、アセンブリを生成します。 生成されたアセンブリは、ビルド処理が完了した後、またはビルド処理が失敗した場合に削除されます。

タスク パラメーター

パラメーター 説明
AssemblyName 必須の String 型のパラメーターです。

プロジェクトのために生成されるアセンブリの短い名前を指定します。この名前は、一時的に生成されるターゲット アセンブリの名前にもなります。 たとえば、プロジェクトが WinExeAssembly.exe という名前の Windows 実行可能ファイルを生成する場合、AssemblyName パラメーターの値は WinExeAssembly になります。
CompileTargetName 必須の String 型のパラメーターです。

ソース コード ファイルからアセンブリを生成するために使用される Microsoft Build Engine (MSBuild) ターゲットの名前を指定します。 CompileTargetName の一般的な値は、CoreCompile です。
CompileTypeName 必須の String 型のパラメーターです。

CompileTargetName パラメーターで指定したターゲットによって実行されるコンパイルの種類を指定します。 CoreCompile ターゲットでは、この値は Compile です。
CurrentProject 必須の String 型のパラメーターです。

一時ターゲット アセンブリを必要とするプロジェクトの、MSBuild プロジェクト ファイルの完全なパスを指定します。
GeneratedCodeFiles 省略可能な ITaskItem[] パラメーターです。

MarkupCompilePass1 タスクによって生成された言語固有のマネージ コード ファイルの一覧を指定します。
IntermediateOutputPath 必須の String 型のパラメーターです。

生成される一時ターゲット アセンブリが格納されるディレクトリを指定します。
MSBuildBinPath 必須の String 型のパラメーターです。

一時ターゲット アセンブリをコンパイルするために必要な MSBuild.exe の場所を指定します。
ReferencePath 省略可能な ITaskItem[] パラメーターです。

一時ターゲット アセンブリにコンパイルされる型によって参照されるアセンブリの一覧を、パスおよびファイル名を使用して指定します。
ReferencePathTypeName 必須の String 型のパラメーターです。

コンパイル ターゲット (CompileTargetName) パラメーターによって使用される、アセンブリ参照の一覧 (ReferencePath) を指定するパラメーターを指定します。 適切な値は、ReferencePath です。

コメント

MarkupCompilePass1 によって実行される最初のマークアップ コンパイル パスでは、XAML ファイルがバイナリ形式にコンパイルされます。 したがって、コンパイラでは、XAML ファイルで使用される型を含んでいる参照アセンブリの一覧が必要になります。 ただし、同じプロジェクト内で定義されている型が XAML ファイルで使用されていると、そのプロジェクトの対応するアセンブリは、プロジェクトがビルドされるまで作成されません。 このため、最初のマークアップ コンパイル パスの間にアセンブリ参照を用意することができません。

代わりに、MarkupCompilePass1 は、同じプロジェクト内の型への参照を含む XAML ファイルの変換を、MarkupCompilePass2 によって実行される 2 番目のマークアップ コンパイル パスまで延期します。 MarkupCompilePass2 が実行される前に、一時アセンブリが生成されます。 このアセンブリには、マークアップ コンパイル パスが延期された XAML ファイルによって使用される型が含まれます。 MarkupCompilePass2 の実行時には、生成されたアセンブリへの参照を指定します。これにより、コンパイルが延期された XAML ファイルをバイナリ形式にコンパイルできるようになります。

次の例では、Page1.xaml が同じプロジェクト内の型への参照を含んでいるため、一時アセンブリが作成されます。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
  <UsingTask  
    TaskName="Microsoft.Build.Tasks.Windows.GenerateTemporaryTargetAssembly"   
    AssemblyFile="C:\Program Files\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\v3.0\PresentationBuildTasks.dll" />  
  <Target Name="GenerateTemporaryTargetAssemblyTask">  
    <GenerateTemporaryTargetAssembly  
      AssemblyName="WPFMSBuildSample"  
      CompileTargetName="CoreCompile"  
      CompileTypeName="Compile"  
      CurrentProject="FullBuild.proj"  
      GeneratedCodeFiles="obj\debug\app.g.cs;obj\debug\Page1.g.cs;obj\debug\Page2.g.cs"  
      ReferencePath="c:\windows\Microsoft.net\Framework\v2.0.50727\System.dll;C:\Program Files\Reference Assemblies\Microsoft\WinFx\v3.0\PresentationCore.dll;C:\Program Files\Reference Assemblies\Microsoft\WinFx\v3.0\PresentationFramework.dll;C:\Program Files\Reference Assemblies\Microsoft\WinFx\v3.0\WindowsBase.dll"  
      IntermediateOutputPath=".\obj\debug\"  
      MSBuildBinPath="$(MSBuildBinPath)"  
      ReferencePathTypeName="ReferencePath"/>  
  </Target>  
</Project>  

関連項目

WPF MSBuild リファレンス
Task Reference (タスク リファレンス)
MSBuild リファレンス
Task Reference (タスク リファレンス)
WPF アプリケーション (WPF) のビルド
WPF XAML ブラウザー アプリケーションの概要