GenerateTrustInfo Task

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ベース マニフェスト、TargetZone パラメーター、および ExcludedPermissions パラメーターからアプリケーション信頼を生成します。

パラメーター

GenerateTrustInfo タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター Description
ApplicationDependencies 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

依存アセンブリを指定します。
BaseManifest 省略可能な ITaskItem 型のパラメーターです。

アプリケーション信頼の生成元のベース マニフェストを指定します。
ExcludedPermissions 省略可能な String 型のパラメーターです。

ゾーンの既定のアクセス許可セットから除外される、セミコロン (;) で区切られた 1 つ以上のアクセス許可 ID 値を指定します。
TargetZone 省略可能な String 型のパラメーターです。

コンピューター ポリシーから取得される、ゾーンの既定のアクセス許可セットを指定します。
TrustInfoFile 必須の ITaskItem 型のパラメーターです。

アプリケーションのセキュリティ信頼情報を含むファイルを指定します。

解説

表に示されているパラメーターを使用できるだけでなく、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「TaskExtension Base Class」を参照してください。

参照

タスク
Task Reference