方法 : 最初にビルドするターゲットを指定する

プロジェクト ファイルには、プロジェクトのビルド方法を定義する 1 つ以上の Target 要素を含めることができます。 Microsoft Build Engine (MSBuild) エンジンは、見つけた最初のプロジェクトと依存関係をビルドします。ただし、プロジェクト ファイルに DefaultTargets 属性または InitialTargets 属性が含まれている場合や、コマンド ラインで /target スイッチを使ってターゲットが指定されている場合は例外です。

InitialTargets 属性を使用する

Project 要素の InitialTargets 属性は、最初に実行するターゲットを指定します。これは、ターゲットがコマンド ラインまたは DefaultTargets 属性に指定されている場合でも変わりありません。

1 つの初期ターゲットを指定するには

  • Project 要素の InitialTargets 属性の既定のターゲットを指定します。 例:

    <Project InitialTargets="Clean">

    ターゲットを順番に一覧表示し、セミコロンを使って各ターゲットを区切ることにより、InitialTargets 属性で複数の初期ターゲットを指定できます。 リスト内のターゲットは、順番に実行されます。

2 つ以上の初期ターゲットを指定するには

  • Project 要素の InitialTargets 属性で、セミコロンで区切られた初期ターゲットを一覧表示します。 たとえば、Clean ターゲットを実行してから Compile ターゲットを実行する場合は、次を入力します。

    <Project InitialTargets="Clean;Compile">

DefaultTargets 属性を使用する

Project 要素の DefaultTargets 属性は、ターゲットがコマンド ラインで明示的に指定されていない場合にビルドするターゲット (複数可) を指定します。 ターゲットが InitialTargets 属性と DefaultTargets 属性の両方で指定され、コマンド ラインではターゲットが指定されていない場合、MSBuild は、InitialTargets 属性で指定されたターゲットを実行し、次に DefaultTargets 属性で指定されたターゲットを実行します。

1 つの既定のターゲットを指定するには

  • Project 要素の DefaultTargets 属性の既定のターゲットを指定します。 例:

    <Project DefaultTargets="Compile">

    ターゲットを順番に一覧表示し、セミコロンを使って各ターゲットを区切ることにより、DefaultTargets 属性で複数の既定のターゲットを指定できます。 リスト内のターゲットは、順番に実行されます。

2 つ以上の既定のターゲットを指定するには

  • Project 要素の DefaultTargets 属性で、セミコロンで区切られた既定のターゲットを一覧表示します。 たとえば、Clean ターゲットを実行してから Compile ターゲットを実行する場合は、次を入力します。

    <Project DefaultTargets="Clean;Compile">

/target スイッチを使用する

既定のターゲットがプロジェクト ファイルで定義されていない場合、またはその既定のターゲットを使用しない場合は、コマンド ライン スイッチ /target を使用して別のターゲットを指定できます。 DefaultTargets 属性で指定されたターゲットではなく、/target スイッチで指定されたターゲットが実行されます。 InitialTargets 属性で指定されたターゲットが常に最初に実行されます。

最初に既定のターゲット以外のターゲットを使用する

  • /target コマンド ライン スイッチを使用してターゲットを最初のターゲットとして指定します。 例:

    msbuild file.proj /target:Clean

最初に既定のターゲット以外の複数のターゲットを使用するには

  • /target コマンド ライン スイッチを使用して、セミコロンまたはコンマで区切られたターゲットを一覧表示します。 例:

    msbuild <file name>.proj /t:Clean;Compile

関連項目

MSBuild
ターゲット
方法 : ビルドをクリーンする