ItemDefinitionGroup 要素 (MSBuild)

ItemDefinitionGroup 要素を使うと、一連の項目定義を定義できます。これは、プロジェクト内のすべての項目に既定で適用されるメタデータ値です。 ItemDefinitionGroup は、CreateItem タスクおよび CreateProperty タスクを使う必要性より優先されます。 詳細については、「項目定義」を参照してください。

<Project>
<ItemDefinitionGroup>

構文

<ItemGroup Condition="'String A' == 'String B'">  
    <Item1>... </Item1>  
    <Item2>... </Item2>  
</ItemGroup>  

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明
Condition 省略可能な属性です。 評価する条件です。 詳細については、「条件」を参照してください。

子要素

要素 説明
Item ビルド プロセスの入力を定義します。 1 つの ItemDefinitionGroup に 0 個以上の Item 要素を含めることができます。

親要素

要素 説明
Project MSBuild プロジェクト ファイルの必須のルート要素です。

次のコード例では、ItemDefinitionGroup に 2 つのメタデータ項目 m と n を定義します。 この例では、項目 "i" ではメタデータ "m" が明示的に定義されていないため、既定のメタデータ "m" が項目 "i" に適用されます。 ただし、項目 "i" でメタデータ "n" が既に定義されているため、既定のメタデータ "n" は項目 "i" には適用されません。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <ItemDefinitionGroup>  
        <i>  
            <m>m1</m>  
            <n>n1</n>  
        </i>        
    </ItemDefinitionGroup>  
    <ItemGroup>  
        <i Include="a">  
            <o>o1</o>  
            <n>n2</n>  
        </i>  
    </ItemGroup>  
    ...  
</Project>  

関連項目

プロジェクト ファイル スキーマ リファレンス
項目