ItemGroup 要素 (MSBuild)

ユーザー定義 Item 要素のセットが含まれます。 MSBuild プロジェクトで使用されるすべての項目は、ItemGroup 要素の子として指定する必要があります。

<Project>
<ItemGroup>

構文

<ItemGroup Condition="'String A' == 'String B'">  
    <Item1>... </Item1>  
    <Item2>... </Item2>  
</ItemGroup>  

属性および要素


以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明
Condition 省略可能な属性です。 評価する条件です。 詳細については、「条件」を参照してください。

子要素

要素 説明
Item ビルド プロセスの入力を定義します。 1 つの ItemGroup に 0 個以上の Item 要素を含めることができます。

親要素

要素 説明
Project MSBuild プロジェクト ファイルの必須のルート要素です。
Target .NET Framework 3.5 以降、Target 要素の中に ItemGroup 要素を使用できるようになりました。 詳細については、ターゲット を参照してください。

コメント


次のコード例は、ItemGroup 要素の中で宣言されたユーザー定義の項目コレクション Res および CodeFiles を示しています。 Res 項目コレクション内のそれぞれの項目には、ユーザー定義の子要素 ItemMetadata が含まれています。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <ItemGroup>  
        <Res Include = "Strings.fr.resources" >  
            <Culture>fr</Culture>  
        </Res>  
        <Res Include = "Dialogs.fr.resources" >  
            <Culture>fr</Culture>  
        </Res>  

        <CodeFiles Include="**\*.cs" Exclude="**\generated\*.cs" />  
        <CodeFiles Include="..\..\Resources\Constants.cs" />  
    </ItemGroup>  
...  
</Project>  

関連項目


プロジェクト ファイル スキーマ リファレンス
項目
MSBuild プロジェクトの共通項目