LC タスク

LC.exe をラップします。LC.exe は .licx ファイルから .license ファイルを生成します。 LC.exe の詳細については、「Lc.exe (ライセンス コンパイラ)」を参照してください。

パラメーター

LC タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
LicenseTarget 必須の ITaskItem 型のパラメーターです。

.licenses ファイルを生成する実行可能ファイルを指定します。
NoLogo 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

Microsoft 著作権情報を表示しません。
OutputDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。

出力 .licenses ファイルを格納するディレクトリを指定します。
OutputLicense 省略可能な ITaskItem 型の出力パラメーターです。

.licenses ファイルの名前を指定します。 名前を指定しなかった場合には、.licx ファイルの名前が使用され、.licenses ファイルは、.licx ファイルが格納されているディレクトリに作成されます。
ReferencedAssemblies 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

.license ファイルの生成時に読み込む参照コンポーネントを指定します。
SdkToolsPath 省略可能な String 型のパラメーターです。

resgen.exe などの SDK ツールのパスを指定します。
Sources 必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

.licenses ファイルに組み込むライセンス付きコンポーネントを格納するアイテムを指定します。 詳細については、「Lc.exe (ライセンス コンパイラ)」にある /complist スイッチの説明を参照してください。

上記のパラメーター以外に、このタスクは ToolTaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、ToolTask クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「ToolTaskExtension 基本クラス」を参照してください。

LC タスクを使用してライセンスをコンパイルする例を次に示します。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
<!-- Item declarations, etc -->  

    <Target Name="CompileLicenses">  
        <LC  
            Sources="@(LicxFile)"  
            LicenseTarget="$(TargetFileName)"  
            OutputDirectory="$(IntermediateOutputPath)"  
            OutputLicenses="$(IntermediateOutputPath)$(TargetFileName).licenses"  
            ReferencedAssemblies="@(ReferencePath);@(ReferenceDependencyPaths)">  

            <Output  
                TaskParameter="OutputLicenses"  
                ItemName="CompiledLicenseFile"/>  
        </LC>  
    </Target>  
</Project>  

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)