Message タスク

ビルド中のメッセージをログに記録します。

パラメーター

Message タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
Importance 省略可能な String 型のパラメーターです。

メッセージの重要度を指定します。 このパラメーターの値には、highnormal、または low を指定できます。 既定値は normal です。
Text 省略可能な String 型のパラメーターです。

ログに記録するエラー テキスト。

注釈

Message タスクを使用すると、MSBuild プロジェクトで、ビルド処理のさまざまな段階でロガーにメッセージを発行できます。

Condition パラメーターが true と評価されると、Text パラメーターの値がログに記録され、ビルド処理が継続されます。 Condition パラメーターが存在しない場合は、メッセージ テキストがログに記録されます。 ログ処理の詳細については、ビルド ログの取得に関するページを参照してください。

既定では、登録されているすべてのロガーにメッセージが送信されます。 ロガーによって Importance パラメーターが解釈されます。 通常、high に設定されたメッセージは、ロガーの詳細度が LoggerVerbosity に設定されている場合に送信されます。Minimal 必要です。 ロガーの詳細度が LoggerVerbosity に設定されている場合、low に設定されたメッセージが送信されます。Detailed

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「TaskExtension Base Class」を参照してください。

次のコード例は、登録されているすべてのロガーにメッセージをログ記録します。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">
    <Target Name="DisplayMessages">
        <Message Text="Project File Name = $(MSBuildProjectFile)" />
        <Message Text="Project Extension = $(MSBuildProjectExtension)" />
    </Target>
    ...
</Project>

関連項目