MIDL タスク

Microsoft インターフェイス定義言語 (MIDL: Microsoft Interface Definition Language) コンパイラ ツール (midl.exe) をラップします。 詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」を参照してください。

パラメーター

MIDL タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。 タスク パラメーターの大部分とパラメーターのいくつかのセットは、コマンド ライン オプションに対応します。

  • AdditionalIncludeDirectories

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。

    インポートされた IDL ファイル、組み込みヘッダー ファイル、アプリケーション構成ファイル (ACF) の検索対象ディレクトリのリストにディレクトリを追加します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の/I オプションを参照してください。

  • AdditionalOptions

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    コマンド ライン オプションのリスト。 たとえば、"/option1 /option2 /option#" のような形式です。 他の MIDL タスク パラメーターでは表されないコマンド ライン オプションを指定する場合は、このパラメーターを使用します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」を参照してください。

  • ApplicationConfigurationMode

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、IDL ファイルでいくつかの ACF キーワードを使用できるようになります。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の/app_config オプションを参照してください。

  • ClientStubFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    RPC インターフェイスのクライアント スタブ ファイルの名前を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の/cstub オプションを参照してください。 この表にある ServerStubFile パラメーターも参照してください。

  • CPreprocessOptions

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    C/C++ プリプロセッサに渡すオプションを指定します。 スペースで区切られたプリプロセッサ オプションのリストを指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の/cpp_opt オプションを参照してください。

  • DefaultCharType

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    生成されたコードをコンパイルするために C コンパイラが使用する既定の文字の型を指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    Signed /char signed
    Unsigned /char unsigned
    Ascii /char ascii7

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /char オプションを参照してください。

  • DllDataFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    プロキシ DLL 用に生成される dlldata ファイルのファイル名を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /dlldata オプションを参照してください。

  • EnableErrorChecks

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    生成されたスタブが実行時に実行するエラー チェックの種類を指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    None /error none
    EnableCustom /error
    All /error all

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /error オプションを参照してください。

  • ErrorCheckAllocations

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、メモリ不足のエラーをチェックします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /error allocation オプションを参照してください。

  • ErrorCheckBounds

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、伝送長の指定に対する適合可変配列および可変配列のサイズをチェックします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /error bounds_check オプションを参照してください。

  • ErrorCheckEnumRange

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、enum の値が有効範囲内にあるかどうかをチェックします。

    詳細については、midl.exe のコマンド ライン ヘルプ (/?) の /error enum オプションを参照してください。

  • ErrorCheckRefPointers

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、null 参照ポインターがクライアント スタブに渡されないかどうかをチェックします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /error ref オプションを参照してください。

  • ErrorCheckStubData

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、サーバー側でマーシャリング解除例外をキャッチしてクライアントに伝達するスタブを生成します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /error stub_data オプションを参照してください。

  • GenerateClientFiles

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    RPC インターフェイス用にクライアント側の C ソース ファイルをコンパイラが生成するかどうかを指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    None /client none
    Stub /client stub

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /client オプションを参照してください。

  • GenerateServerFiles

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    RPC インターフェイス用にサーバー側の C ソース ファイルをコンパイラが生成するかどうかを指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    None /server none
    Stub /server stub

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /server オプションを参照してください。

  • GenerateStublessProxies

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、完全に解釈されたスタブ、およびオブジェクト インターフェイスのスタブレス プロキシを生成します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /Oicf オプションを参照してください。

  • GenerateTypeLibrary

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、タイプ ライブラリ (.tlb) ファイルは生成されません。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /notlb オプションを参照してください。

  • HeaderFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    生成されるヘッダー ファイルの名前を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /h または /header オプションを参照してください。

  • IgnoreStandardIncludePath

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、MIDL タスクは AdditionalIncludeDirectories スイッチを使用して指定されるディレクトリのみを検索し、現在のディレクトリおよび INCLUDE 環境変数によって指定されたディレクトリを無視します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /no_def_idir オプションを参照してください。

  • InterfaceIdentifierFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    COM インターフェイスの IID ファイルの名前を指定します。 これは、"_i.c" を IDL ファイル名に追加して取得した既定の名前をオーバーライドします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /iid オプションを参照してください。

  • LocaleID

    省略可能な int 型のパラメーターです。

    入力ファイル、ファイル名、ディレクトリ パスで国際文字を使用できるようにするロケール識別子を指定します。 10 進ロケール識別子を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /lcid オプションを参照してください。 MSDN の「Locale IDs Assigned by Microsoft (Microsoft によって割り当てられたロケール ID)」も参照してください。

  • MkTypLibCompatible

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、入力ファイルを mktyplib.exe バージョン 2.03 と互換性のある形式にしなければならなくなります。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /mktyplib203 オプションを参照してください。 また、MSDN Web サイトの「ODL File Syntax (ODL ファイルの構文)」を参照してください。

  • OutputDirectory

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    MIDL タスクによる出力ファイルの作成先となる既定のディレクトリを指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /out オプションを参照してください。

  • PreprocessorDefinitions

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。

    1 つ以上の定義を指定します。これは、#define ディレクティブによるかのように C プリプロセッサに渡される名前と省略可能な値です。 各定義の形式は name[=value] です。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /D オプションを参照してください。 この表の UndefinePreprocessorDefinitions パラメーターも参照してください。

  • ProxyFileName

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    COM インターフェイスのインターフェイス プロキシ ファイルの名前を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /proxy オプションを参照してください。

  • RedirectOutputAndErrors

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    エラー メッセージや警告などの出力を、標準出力から指定されたファイルにリダイレクトします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /o オプションを参照してください。

  • ServerStubFile

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    RPC インターフェイスのサーバー スタブ ファイルの名前を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /sstub オプションを参照してください。 この表にある ClientStubFile パラメーターも参照してください。

  • Source

    必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

    スペースで区切られたソース ファイルのリストを指定します。

  • StructMemberAlignment

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    対象システム内の構造体の配置 (パッキング レベル) を指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    NotSet <none>
    1 /Zp1
    2 /Zp2
    4 /Zp4
    8 /Zp8

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /Zp オプションを参照してください。 /Zp オプションは、/pack オプションおよび以前の /align オプションに相当します。

  • SuppressCompilerWarnings

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、MIDL タスクからの警告メッセージを非表示にします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /no_warn オプションを参照してください。

  • SuppressStartupBanner

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、タスクの開始時に著作権およびバージョン番号のメッセージが表示されないようにします。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /nologo オプションを参照してください。

  • TargetEnvironment

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    アプリケーションが実行される環境を指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    NotSet <none>
    Win32 /env win32
    Itanium /env ia64
    X64 /env x64

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /env オプションを参照してください。

  • TrackerLogDirectory

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    このタスクの追跡ログの格納先となる中間ディレクトリを指定します。

  • TypeLibFormat

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    タイプ ライブラリ ファイルの形式を指定します。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    NewFormat /newtlb
    OldFormat /oldtlb

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /newtlb オプションおよび /oldtlb オプションを参照してください。

  • TypeLibraryName

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    タイプ ライブラリ ファイルの名前を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /tlb オプションを参照してください。

  • UndefinePreprocessorDefinitions

    省略可能な String[] 型のパラメーターです。

    #undefine ディレクティブによるかのように名前を C プリプロセッサに渡すことにより、名前の以前の定義をすべて削除します。 以前に定義された 1 つ以上の名前を指定します。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /U オプションを参照してください。 この表の PreprocessorDefinitions パラメーターも参照してください。

  • ValidateAllParameters

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、実行時に整合性チェックを実行するために使用されるエラー チェックの追加情報を生成します。 false の場合、エラー チェック情報は生成されません。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /robust オプションおよび /no_robust オプションを参照してください。

  • WarnAsError

    省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

    true の場合、すべての警告をエラーとして扱います。

    WarningLevel MIDL タスク パラメーターが指定されていない場合、既定レベルであるレベル 1 の警告はエラーとして扱われます。

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /WX オプションを参照してください。 この表にある WarningLevel パラメーターも参照してください。

  • WarningLevel

    省略可能な String 型のパラメーターです。

    出力する警告の重大度 (警告レベル) を指定します。 値が 0 の場合、警告は出力されません。 それ以外の場合、警告レベルの数値が指定された値以下であれば、警告が出力されます。

    次のいずれかの値を指定します。各値はコマンド ライン オプションに対応しています。

    コマンド ライン オプション
    0 /W0
    1 /W1
    2 /W2
    3 /W3
    4 /W4

    詳細については、MSDN Web サイトの「MIDL Command-Line Reference (MIDL コマンド ライン リファレンス)」の /W オプションを参照してください。 この表にある WarnAsError パラメーターも参照してください。

コメント

関連項目

Task Reference (タスク リファレンス)