Move タスク

ファイルを新しい場所に移動します。

パラメーター

Move タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
DestinationFiles 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。

ソース ファイルの移動先ファイルの一覧を指定します。 この一覧は、SourceFiles パラメーターに指定された一覧の内容と 1 対 1 で対応している必要があります。 つまり、SourceFiles に指定された最初のファイルは、DestinationFiles に指定された最初の場所に移動され、2 番目以降のファイルも同様に処理されます。
DestinationFolder 省略可能な ITaskItem 型のパラメーターです。

ファイルの移動先ディレクトリを指定します。
MovedFiles 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。

正常に移動されたアイテムが格納されます。
OverwriteReadOnlyFiles 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、ファイルが読み取り専用としてマークされている場合でも、ファイルを上書きします。
SourceFiles 必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

移動するファイルを指定します。

コメント

DestinationFolder パラメーターか DestinationFiles パラメーターのいずれかを指定する必要がありますが、両方は指定できません。 両方を指定した場合、タスクは失敗し、エラーがログに記録されます。

Move タスクでは、対象ファイルに必要なフォルダーを作成します。

表に示されているパラメーターを使用できるだけでなく、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)