MSBuild のベスト プラクティス

MSBuild スクリプトを記述するための次のベスト プラクティスを推奨します。

  • 既定のプロパティ値は、コマンド ラインで既定値をオーバーライドできるプロパティを宣言するのではなく、Condition 属性を使用して処理することをお勧めします。 たとえば、次を使用します。
<MyProperty Condition="'$(MyProperty)' == ''">
   MyDefaultValue
</MyProperty>
  • 通常は、項目の選択時にワイルドカードを使用しないようにします。 代わりに、ファイルを明示的に指定します。 これは、ほとんどのプロジェクトの種類では、項目の追加や削除時などのさまざまなタイミングで MSBuild によってワイルドカードが展開され、予期しない動作が発生する可能性があるためです。 これに対する例外は、ワイルドカードを正しく処理する .NET Core SDK スタイルのプロジェクト内にあります。

関連項目