MSBuild .Targets ファイル

MSBuild には、項目、プロパティ、ターゲット、および一般的なシナリオ用のタスクが含まれているいくつかの .targets ファイルが含まれます。 これらのファイルはほぼすべて Visual Studio プロジェクト ファイル自動的にインポートされ、これによってメンテナンスが簡素化されて読みやすさが向上します。

通常、プロジェクトでは、ビルド プロセスを定義するために、1 つ以上の .targets ファイルをインポートします。 たとえば、Visual Studio によって作成された Visual C# プロジェクトは、Microsoft.Common.targets をインポートする Microsoft.CSharp.targets をインポートします。 Visual C# プロジェクト自体はそのプロジェクトに固有の項目とプロパティを定義しますが、Visual C# プロジェクトの標準のビルド規則は、インポートされた .targets ファイルで定義されます。

$(MSBuildToolsPath) 値によって、これらの共通 .targets ファイルのパスが指定されます。 ToolsVersion が 4.0 の場合、ファイルは WindowsInstallationPath\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\ に格納されます。

注意

独自のターゲットを作成する方法については、ターゲットに関する記事を参照してください。 Import 要素を使用してプロジェクト ファイルを他のプロジェクト ファイルに挿入する方法については、「Import 要素 (MSBuild)」と「方法: 複数のプロジェクト ファイルで同じターゲットを使用する」を参照してください。

共通 .Targets ファイル

.Targets ファイル 説明
Microsoft.Common.targets Visual Basic プロジェクトおよび Visual C# プロジェクトの標準ビルド プロセスの手順を定義します。

次のステートメントが含まれている Microsoft.CSharp.targets や Microsoft.VisualBasic.targets ファイルによってインポートされます: <Import Project="Microsoft.Common.targets" />
Microsoft.CSharp.targets Visual C# プロジェクトの標準ビルド プロセスの手順を定義します。

次のステートメントが含まれている Visual C# プロジェクト ファイル (.csproj) によってインポートされます: <Import Project="$(MSBuildToolsPath)\Microsoft.CSharp.targets" />
Microsoft.VisualBasic.targets Visual Basic プロジェクトの標準ビルド プロセスの手順を定義します。

次のステートメントが含まれている Visual Basic プロジェクト ファイル (.vbproj) によってインポートされます: <Import Project="$(MSBuildToolsPath)\Microsoft.VisualBasic.targets" />

Directory.Build.Props

Directory.Build.Props は、ディレクトリの下のプロジェクトをカスタマイズできるようにする、ユーザー定義のファイルです。 ImportDirectoryBuildTargets プロパティを false に設定しない限り、このファイルは Microsoft.Common.targets から自動的にインポートされます。

関連項目

Import 要素 (MSBuild)
MSBuild リファレンス
MSBuild