MSBuild 応答ファイルMSBuild Response Files

応答 (.rsp) ファイルは、MSBuild.exe のコマンド ライン スイッチを含むテキスト ファイルです。Response (.rsp) files are text files that contain MSBuild.exe command line switches. 各スイッチを個別の行に記述することも、すべてのスイッチを 1 つの行に記述することもできます。Each switch can be on a separate line or all switches can be on one line. コメント行は # 記号で始まります。Comment lines are prefaced with a # symbol. @ スイッチは、MSBuild.exe に別の応答ファイルを渡すために使用されます。The @ switch is used to pass another response file to MSBuild.exe.

MSBuild.rspMSBuild.rsp

自動応答ファイルは、プロジェクトをビルドする際に MSBuild.exe が自動的に使用する特別な .rsp ファイルです。The auto-response file is a special .rsp file that MSBuild.exe automatically uses when building a project. この MSBuild.rsp ファイルは、MSBuild.exe と同じディレクトリに配置する必要があります。それ以外の場合は検出されません。This file, MSBuild.rsp, must be in the same directory as MSBuild.exe, otherwise it will not be found. このファイルを編集して、MSBuild.exe に既定のコマンド ライン スイッチを指定できます。You can edit this file to specify default command line switches to MSBuild.exe. たとえば、プロジェクトをビルドする際に毎回同じロガーを使用する場合は、/logger スイッチを MSBuild.rsp に追加することで、プロジェクトがビルドされるたびに MSBuild.exe がそのロガーを使用するようになります。For example, if you use the same logger every time you build a project, you can add the /logger switch to MSBuild.rsp, and MSBuild.exe will use the logger every time a project is built.

Directory.Build.rspDirectory.Build.rsp

バージョン 15.6 以降では、MSBuild は、プロジェクトの親ディレクトリで Directory.Build.rsp という名前のファイルを検索します。In version 15.6 and above, MSBuild will search parent directories of the project for a file named Directory.Build.rsp. これは、ソース コード リポジトリでコマンド ライン ビルド中に既定の引数を指定する場合に役立つことがあります。This can be helpful in a source code repository to provide default arguments during command-line builds. ホスト型ビルドのコマンド ライン引数を指定する場合にも使用できます。It can also be used to specify the command-line arguments of hosted builds.

参照See Also

MSBuild リファレンス MSBuild Reference
Command-Line Reference (コマンド ライン リファレンス)Command-Line Reference