MSBuild 応答ファイル

応答 (.rsp) ファイルは、MSBuild.exe のコマンド ライン スイッチを含むテキスト ファイルです。 各スイッチを個別の行に記述することも、すべてのスイッチを 1 つの行に記述することもできます。 コメント行は # 記号で始まります。 @ スイッチは、MSBuild.exe に別の応答ファイルを渡すために使用されます。

MSBuild.rsp

自動応答ファイルは、プロジェクトをビルドする際に MSBuild.exe によって自動的に使用される特別な .rsp ファイルです。 この MSBuild.rsp ファイルは、MSBuild.exe と同じディレクトリに配置する必要があります。それ以外の場合は検出されません。 このファイルを編集して、既定のコマンド ライン スイッチを MSBuild.exe に指定できます。 たとえば、プロジェクトをビルドする際に毎回同じロガーを使用する場合は、-logger スイッチを MSBuild.rsp に追加することで、プロジェクトをビルドするたびに MSBuild.exe でそのロガーが使用されるようになります。

Directory.Build.rsp

バージョン 15.6 以降では、MSBuild は、プロジェクトの親ディレクトリで Directory.Build.rsp という名前のファイルを検索します。 これは、ソース コード リポジトリでコマンド ライン ビルド中に既定の引数を指定する場合に役立つことがあります。 ホスト型ビルドのコマンド ライン引数を指定する場合にも使用できます。

関連項目