Visual C++ に固有の MSBuild タスク

タスクでは、ビルド プロセスの間に実行するコードを指定します。 Visual C++ をインストールすると、次のタスクは MSBuild にインストールされたタスク以外に使用できます。 詳細については、「MSBuild (Visual C++) の概要」を参照してください。

タスクごとのパラメーターのほか、すべてのタスクに以下のパラメーターがあります。

パラメーター 説明
Condition 省略可能な String 型のパラメーターです。

このタスクが実行されるかどうかを MSBuild エンジンが決定するために使用する Boolean 式です。 MSBuild でサポートされる条件の詳細については、「MSBuild Conditions」(MSBuild の条件) を参照してください。
ContinueOnError 省略可能なパラメーターです。 次の値のいずれかを含めることができます。

- WarnAndContinue または true。 タスクが失敗すると、Target 要素の後続のタスクとビルドの実行が継続し、タスクのすべてのエラーが警告として扱われます。
- ErrorAndContinue。 タスクが失敗すると、Target 要素の後続のタスクとビルドの実行が継続し、タスクのすべてのエラーがエラーとして扱われます。
- ErrorAndStop または false (既定)。 タスクが失敗すると、Target 要素の残りのタスクとビルドは実行されず、Target 要素全体とビルドは失敗したと見なされます。

バージョン 4.5 より前の .NET Framework では、true 値と false 値のみがサポートされます。

詳細については、「方法: タスクで発生したエラーを無視する」を参照してください。
タイトル 説明
BscMake タスク Microsoft Browse Information Maintenance Utility ツール (bscmake.exe) をラップします。
CL タスク Visual C++ コンパイラ ツール (cl.exe) をラップします。
CPPClean タスク Visual C++ プロジェクトのビルド時に MSBuild によって作成される一時ファイルを削除します。
LIB タスク Microsoft 32-Bit Library Manager ツール (lib.exe) をラップします。
Link タスク Visual C++ リンカー ツール (link.exe) をラップします。
MIDL タスク Microsoft インターフェイス定義言語 (MIDL: Microsoft Interface Definition Language) コンパイラ ツール (midl.exe) をラップします。
MT タスク Microsoft マニフェスト ツール (mt.exe) をラップします。
RC タスク Microsoft Windows リソース コンパイラ ツール (rc.exe) をラップします。
SetEnv タスク 指定された環境変数の値を設定または削除します。
VCMessage タスク ビルド時の警告メッセージおよびエラー メッセージをログに記録します。
XDCMake タスク XML ドキュメント ツール (xdcmake.exe) をラップします。このツールは、XML ドキュメント コメント (.xdc) ファイルを .xml ファイルにマージします。
XSD タスク ソースからスキーマまたはクラス ファイルを生成する XML スキーマ定義ツール (xsd.exe) をラップします。
MSBuild リファレンス MSBuild システムの要素について説明します。
タスク タスクについて説明します。タスクはコードの単位であり、組み合わせることでビルドを生成できます。
タスクの作成 タスクを作成する方法を説明します。