MSBuild 変換

変換とは、1 つの項目一覧を別の項目コレクションに一対一で変換することです。 プロジェクトで項目一覧を変換できます。さらに変換により、ターゲットは入出力間の直接割り当てを指定できるようになります。 このトピックでは、変換についてと、プロジェクトをより効率的にビルドするために MSBuild で変換が使用される方法について説明します。

変換修飾子

変換は任意ではなく、特別な構文により制限されています。変換修飾子はすべて %(<ItemMetaDataName>) という形式にする必要があります。 あらゆる項目メタデータを変換修飾子として使用できます。 これには、作成時にすべての項目に割り当てられる既知の項目メタデータが含まれます。 既知の項目メタデータの一覧については、「既知の項目メタデータ」をご覧ください。

次の例では、 .resx ファイルの一覧が .resources ファイルの一覧に変換されます。 %(filename) 変換修飾子は、各 .resources ファイルに対応する .resx ファイルと同じファイル名が与えられることを指定します。

@(RESXFile->'%(filename).resources')

たとえば、@(RESXFile) 項目リスト内の項目が Form1.resxForm2.resxForm3.resx である場合、変換後の一覧の出力は Form1.resourcesForm2.resourcesForm3.resources になります。

注意

標準の項目一覧に区切りを指定するのと同じ方法で、変換後の項目一覧にカスタムの区切りを指定できます。 たとえば、変換後の項目一覧を既定のセミコロン (;) ではなくコンマ (,) で区切るには、次の XML を使用します: @(RESXFile->'Toolset\%(filename)%(extension)', ',')

複数の修飾子を使用する

変換式には、複数の修飾子を含めることができます。複数の修飾子は任意の順序で結合したり、繰り返したりできます。 次の例では、ファイルを含むディレクトリの名前が変更されますが、ファイルは元の名前とファイル名拡張子を維持します。

@(RESXFile->'Toolset\%(filename)%(extension)')

たとえば、RESXFile 項目一覧に含まれる項目が Project1\Form1.resxProject1\Form2.resxProject1\Form3.text である場合、変換後の一覧の出力は Toolset\Form1.resxToolset\Form2.resxToolset\Form3.text になります。

依存関係の分析

変換では、変換後の項目一覧と元の項目一覧の間に存在する一対一のマッピングか維持されます。 そのため、入力の変換である出力がターゲットによって作成された場合、MSBuild では、入力と出力のタイムスタンプを分析し、ターゲットをスキップするか、ビルドするか、または部分的にリビルドするかどうかを決定することができます。

次の例の [タスクをコピー] では、BuiltAssemblies 項目一覧のすべてのファイルが、Outputs 属性の変換によって指定される、タスクのターゲット フォルダーにマッピングされます。 BuiltAssemblies 項目一覧のファイルが変更されると、Copy タスクは変更されたファイルにだけ実行され、他のファイルはすべてスキップされます。 依存関係分析と変換の使用方法に関する詳細については、「方法:インクリメンタル ビルド」を参照してください。

<Target Name="CopyOutputs"
    Inputs="@(BuiltAssemblies)"
    Outputs="@(BuiltAssemblies -> '$(OutputPath)%(Filename)%(Extension)')">

    <Copy
        SourceFiles="@(BuiltAssemblies)"
        DestinationFolder="$(OutputPath)"/>

</Target>

説明

次の例は、変換を使用する MSBuild プロジェクト ファイルを示しています。 この例では、c:\sub0\sub1\sub2\sub3 ディレクトリに .xsd ファイルが 1 つだけ存在し、作業ディレクトリが c:\sub0 であると想定されています。

コード

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">
    <ItemGroup>
        <Schema Include="sub1\**\*.xsd"/>
    </ItemGroup>

    <Target Name="Messages">
        <Message Text="rootdir: @(Schema->'%(rootdir)')"/>
        <Message Text="fullpath: @(Schema->'%(fullpath)')"/>
        <Message Text="rootdir + directory + filename + extension: @(Schema->'%(rootdir)%(directory)%(filename)%(extension)')"/>
        <Message Text="identity: @(Schema->'%(identity)')"/>
        <Message Text="filename: @(Schema->'%(filename)')"/>
        <Message Text="directory: @(Schema->'%(directory)')"/>
        <Message Text="relativedir: @(Schema->'%(relativedir)')"/>
        <Message Text="extension: @(Schema->'%(extension)')"/>
    </Target>
</Project>

コメント

この例を実行すると、次の出力が生成されます。

rootdir: C:\
fullpath: C:\sub0\sub1\sub2\sub3\myfile.xsd
rootdir + directory + filename + extension: C:\sub0\sub1\sub2\sub3\myfile.xsd
identity: sub1\sub2\sub3\myfile.xsd
filename: myfile
directory: sub0\sub1\sub2\sub3\
relativedir: sub1\sub2\sub3\
extension: .xsd

関連項目