MT タスクMT Task

Microsoft マニフェスト ツール mt.exe をラップします。Wraps the Microsoft Manifest Tool, mt.exe. 詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) を参照してください。For more information, see "Mt.exe" on the MSDN Web site.

パラメーターParameters

以下の表で、MT タスクのパラメーターについて説明します。The following table describes the parameters of the MT task. タスク パラメーターの大部分とパラメーターのいくつかのセットは、コマンド ライン オプションに対応します。Most task parameters, and a few sets of parameters, correspond to a command-line option.

注意

mt.exe のドキュメントではコマンド ライン オプションのプレフィックスとしてハイフン (-) を使用していますが、このトピックではスラッシュ (/) を使用しています。The mt.exe documentation uses a hyphen (-) as the prefix for command-line options, but this topic uses a slash (/). どちらのプレフィックスも使用できます。Either prefix is acceptable.

パラメーターParameter 説明Description
AdditionalManifestFilesAdditionalManifestFiles 省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

1 つ以上のマニフェスト ファイルの名前を指定します。Specifies the name of one or more manifest files.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /manifest オプションを参照してください。For more information, see the /manifest option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
AdditionalOptionsAdditionalOptions 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

コマンド ライン オプションのリスト。A list of command-line options. たとえば、"/option1 /option2 /option#" のような形式です。For example, "/option1 /option2 /option#". 他の MT タスク パラメーターでは表されないコマンド ライン オプションを指定する場合は、このパラメーターを使用します。Use this parameter to specify command-line options that are not represented by any other MT task parameter.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) を参照してください。For more information, see "Mt.exe" on the MSDN Web site.
AssemblyIdentityAssemblyIdentity 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

マニュフェストの assemblyIdentity 要素の属性値を指定します。Specifies the attribute values of the assemblyIdentity element of the manifest. コマンド区切りのリストを指定します。最初のコンポーネントは name 属性の値で、その後に <属性名>=<attribute_value> という形式の 1 つ以上の名前/値のペアが続きます。Specify a comma-delimited list, where the first component is the value of the name attribute, followed by one or more name/value pairs that have the form, <attribute name>=<attribute_value>.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /identity オプションを参照してください。For more information, see the /identity option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
ComponentFileNameComponentFileName 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

.rgs ファイルまたは .tlb ファイルからビルドするダイナミック リンク ライブラリの名前を指定します。Specifies the name of the dynamic-link library you intend to build from the .rgs or .tlb files. RegistrarScriptFile または TypeLibraryFile MT タスク パラメーターを指定する場合、このパラメーターは必須です。This parameter is required if you specify the RegistrarScriptFile or TypeLibraryFile MT task parameters.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /dll オプションを参照してください。For more information, see the /dll option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
DependencyInformationFileDependencyInformationFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

マニフェスト ツールのビルド依存関係情報を追跡するために Visual Studio で使用される依存関係情報ファイルを指定します。Specifies the dependency information file used by Visual Studio to track build dependency information for the manifest tool.
EmbedManifestEmbedManifest 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、アセンブリにマニフェスト ファイルを埋め込みます。If true, embeds the manifest file in the assembly. false の場合は、スタンドアロン マニフェスト ファイルとして作成します。If false, creates as a stand-alone manifest file.
EnableDPIAwarenessEnableDPIAwareness 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、アプリケーションを DPI 対応としてマークするマニフェスト情報を追加します。If true, adds to the manifest information that marks the application as DPI-aware. DPI 対応のアプリケーションを作成すると、さまざまな高 DPI のディスプレイ設定で一貫して適切なユーザー インターフェイスの表示を実現できます。Writing a DPI-aware application makes a user interface look consistently good across a wide variety of high-DPI display settings.

詳細については、MSDN Web サイトの「High DPI」 (高 DPI) を参照してください。For more information, see "High DPI" on the MSDN Web site.
GenerateCatalogFilesGenerateCatalogFiles 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、カタログ定義 (.cdf) ファイルを生成します。If true, generates catalog definition (.cdf) files.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /makecdfs オプションを参照してください。For more information, see the /makecdfs option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
GenerateCategoryTagsGenerateCategoryTags 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、カテゴリ タグが生成されます。If true, causes category tags to be generated. このパラメーターが true の場合は、ManifestFromManagedAssemblyMT タスク パラメーターも指定する必要があります。If this parameter is true, the ManifestFromManagedAssemblyMT task parameter must also be specified.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /category オプションを参照してください。For more information, see the /category option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
InputResourceManifestsInputResourceManifests 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

識別子が指定されている RT_MANIFEST 型のリソースからマニュフェストを入力します。Input the manifest from a resource of type RT_MANIFEST that has the specified identifier. <file>[;[#]<resource_id>] という形式のリソースを指定します。省略可能な resource_id パラメーターは負以外の 16 ビットの数値です。Specify a resource of the form, <file>[;[#]<resource_id>], where the optional resource_id parameter is a non-negative, 16-bit number.

resource_id が指定されていない場合、CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE の既定値 (1) が使用されます。If no resource_id is specified, the CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE default value (1) is used.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /inputresource オプションを参照してください。For more information, see the /inputresource option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
ManifestFromManagedAssemblyManifestFromManagedAssembly 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

指定されたマネージ アセンブリからマニフェストを生成します。Generates a manifest from the specified managed assembly.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /managedassemblyname オプションを参照してください。For more information, see the /managedassemblyname option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
ManifestToIgnoreManifestToIgnore 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

(使用されていません)。(Not used.)
OutputManifestFileOutputManifestFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

出力マニュフェストの名前を指定します。Specifies the name of the output manifest. このパラメーターを省略し、操作対象のマニフェストが 1 つだけの場合、そのマニフェストがそのまま変更されます。If this parameter is omitted and only one manifest is being operated on, that manifest is modified in place.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /out オプションを参照してください。For more information, see the /out option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
OutputResourceManifestsOutputResourceManifests 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

識別子が指定されている RT_MANIFEST 型のリソースにマニュフェストを出力します。Output the manifest to a resource of type RT_MANIFEST that has the specified identifier. リソースは <file>[;[#]<resource_id>] という形式になります。省略可能な resource_id パラメーターは負以外の 16 ビットの数値です。The resource is of the form, <file>[;[#]<resource_id>], where the optional resource_id parameter is a non-negative, 16-bit number.

resource_id が指定されていない場合、CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE の既定値 (1) が使用されます。If no resource_id is specified, the CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE default value (1) is used.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /outputresource オプションを参照してください。For more information, see the /outputresource option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
RegistrarScriptFileRegistrarScriptFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

registration-free COM マニフェスト サポートに対して使用されるレジスタ スクリプト (.rgs) ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the registrar script (.rgs) file to use for registration-free COM manifest support.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /rgs オプションを参照してください。For more information, see the /rgs option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
ReplacementsFileReplacementsFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

レジスタ スクリプト (.rgs) ファイルで置換できる文字列の値を格納するファイルを指定します。Specifies the file that contains values for the replaceable strings in the registrar script (.rgs) file.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /replacements オプションを参照してください。For more information, see the /replacements option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
ResourceOutputFileNameResourceOutputFileName 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

マニフェストをプロジェクト出力に埋め込むために使用する出力リソース ファイルを指定します。Specifies the output resources file used to embed the manifest into the project output.
SourcesSources 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

スペースで区切られたマニフェスト ソース ファイルのリストを指定します。Specifies a list of manifest source files separated by spaces.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /manifest オプションを参照してください。For more information, see the /manifest option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
SuppressDependencyElementSuppressDependencyElement 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、依存関係要素を使用せずにマニフェストを生成します。If true, generates a manifest without dependency elements. このパラメーターが true の場合は、ManifestFromManagedAssemblyMT タスク パラメーターも指定します。If this parameter is true, also specify the ManifestFromManagedAssemblyMT task parameter.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /nodependency オプションを参照してください。For more information, see the /nodependency option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
SuppressStartupBannerSuppressStartupBanner 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、タスクの開始時に著作権およびバージョン番号のメッセージが表示されないようにします。If true, prevents the display of the copyright and version number message when the task starts.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /nologo オプションを参照してください。For more information, see the /nologo option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
TrackerLogDirectoryTrackerLogDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

このタスクの追跡ログの格納先となる中間ディレクトリを指定します。Specifies the intermediate directory where tracking logs for this task are stored.
TypeLibraryFileTypeLibraryFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

タイプ ライブラリ (.tlb) ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the type library (.tlb) file. このパラメーターを指定する場合は、ComponentFileNameMT タスク パラメーターも指定します。If you specify this parameter, also specify the ComponentFileNameMT task parameter.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /tlb オプションを参照してください。For more information, see the /tlb option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.
UpdateFileHashesUpdateFileHashes 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、UpdateFileHashesSearchPathMT タスク パラメーターで指定されたパスでファイルのハッシュ値を計算し、その計算値を使用して、マニュフェストの file 要素の hash 属性値を更新します。If true, computes the hash value of the files at the path specified by the UpdateFileHashesSearchPathMT task parameter, and then updates the value of the hash attribute of the file element of the manifest by using the computed value.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /hashupdate オプションを参照してください。For more information, see the /hashupdate option in "Mt.exe" on the MSDN Web site. この表の UpdateFileHashesSearchPath パラメーターも参照してください。Also see the UpdateFileHashesSearchPath parameter in this table.
UpdateFileHashesSearchPathUpdateFileHashesSearchPath 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

ファイル ハッシュの更新時に使用する検索パスを指定します。Specifies the search path to use when the file hashes are updated. このパラメーターは UpdateFileHashesMT タスク パラメーターと共に使用します。Use this parameter with the UpdateFileHashesMT task parameter.

詳細については、この表の UpdateFileHashes パラメーターを参照してください。For more information, see the UpdateFileHashes parameter in this table.
VerboseOutputVerboseOutput 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合は、詳細なデバッグ情報を表示します。If true, displays verbose debugging information.

詳細については、MSDN Web サイトの「Mt.exe」 (Mt.exe) の /verbose オプションを参照してください。For more information, see the /verbose option in "Mt.exe" on the MSDN Web site.

コメントRemarks

参照See Also

Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference