Output 要素 (MSBuild)Output Element (MSBuild)

タスクの出力値をアイテムとプロパティに格納します。Stores task output values in items and properties.

<Project><Project>
<Target><Target>
<Task><Task>
<Output><Output>

構文Syntax

<Output TaskParameter="Parameter"  
    PropertyName="PropertyName"   
    Condition = "'String A' == 'String B'" />  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
TaskParameter 必須の属性です。Required attribute.

タスクの出力パラメーターの名前です。The name of the task's output parameter.
PropertyName PropertyName 属性と ItemName 属性のどちらかが必要です。Either the PropertyName or ItemName attribute is required.

タスクの出力パラメーターの値を受け取るプロパティです。The property that receives the task's output parameter value. プロジェクトは、$(PropertyName) 構文でプロパティを参照できます。Your project can then reference the property with the $(PropertyName) syntax. このプロパティ名は、新しいプロパティ名でも、プロジェクトで既に定義されている名前でもかまいません。This property name can either be a new property name or a name that is already defined in the project.

ItemName が使われている場合、この属性を使うことはできません。This attribute cannot be used if ItemName is also being used.
ItemName PropertyName 属性と ItemName 属性のどちらかが必要です。Either the PropertyName or ItemName attribute is required.

タスクの出力パラメーターの値を受け取るアイテムです。The item that receives the task's output parameter value. プロジェクトは、@(ItemName) 構文でアイテムを参照できます。Your project can then reference the item with the @(ItemName) syntax. アイテム名は、新しいアイテム名でも、プロジェクトで既に定義されている名前でもかまいません。The item name can either be a new item name or a name that is already defined in the project.

PropertyName が使われている場合、この属性を使うことはできません。This attribute cannot be used if PropertyName is also being used.
Condition 省略可能な属性です。Optional attribute.

評価する条件です。Condition to be evaluated. 詳細については、「条件」を参照してください。For more information, see Conditions.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
TaskTask MSBuildMSBuild タスクのインスタンスを作成し、実行します。Creates and executes an instance of an MSBuildMSBuild task.

Example

次のコード例では、Target タスクが Csc 要素の内部で実行されています。The following code example shows the Csc task being executed inside of a Target element. タスクのパラメーターに渡されるアイテムとプロパティは、この例のスコープ外で宣言されています。The items and properties passed to the task parameters are declared outside of the scope of this example. 出力パラメーター OutputAssembly からの値は FinalAssemblyName アイテムに格納され、出力パラメーター BuildSucceeded からの値は BuildWorked プロパティに格納されます。The value from the output parameter OutputAssembly is stored in the FinalAssemblyName item, and the value from the output parameter BuildSucceeded is stored in the BuildWorked property. 詳細については、タスクに関する記事を参照してください。For more information, see Tasks.

<Target Name="Compile" DependsOnTargets="Resources">  
    <Csc  Sources="@(CSFile)"  
            TargetType="library"  
            Resources="@(CompiledResources)"  
            EmitDebugInformation="$(includeDebugInformation)"  
            References="@(Reference)"  
            DebugType="$(debuggingType)"  
            OutputAssembly="$(builtdir)\$(MSBuildProjectName).dll" >  
        <Output TaskParameter="OutputAssembly"  
                  ItemName="FinalAssemblyName" />  
        <Output TaskParameter="BuildSucceeded"  
                  PropertyName="BuildWorked" />  
    </Csc>  
</Target>  

関連項目See Also

プロジェクト ファイル スキーマ リファレンス Project File Schema Reference
タスクTasks