ResolveComReference タスクResolveComReference Task

1 つ以上のタイプ ライブラリ名または .tlb ファイルから成る一覧を使用して、これらのタイプ ライブラリのディスク上の位置を解決します。Takes a list of one or more type library names or .tlb files and resolves those type libraries to locations on disk.

パラメーターParameters

ResolveCOMReference タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the ResolveCOMReference task.

パラメーターParameter 説明Description
DelaySign 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、公開鍵がアセンブリに配置されます。If true, places the public key in the assembly. false の場合、アセンブリに完全署名されます。If false, fully signs the assembly.
EnvironmentVariables 省略可能な String[] 型のパラメーターです。Optional String[] parameter.

等号で区切られた環境変数のペアの配列です。Array of pairs of environment variables, separated by equal signs. これらの変数は、標準の環境ブロックに加え (または標準の環境ブロックを選択的にオーバーライドして)、子の tlbimp.exe および aximp.exe に渡されます。These variables are passed to the spawned tlbimp.exe and aximp.exe in addition to, or selectively overriding, the regular environment block..
ExecuteAsTool 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、アウトプロセスで適切なターゲット フレームワークの tlbimp.exe および aximp.exe が実行されて、必要なラッパー アセンブリが生成されます。If true, runs tlbimp.exe and aximp.exe from the appropriate target framework out-of-proc to generate the necessary wrapper assemblies. このパラメーターはマルチ ターゲットを有効にします。This parameter enables multi-targeting.
IncludeVersionInInteropName 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Boolean parameter.

true の場合、typelib バージョンはラッパー名に含まれます。If true, the typelib version will be included in the wrapper name. 既定値は、false です。The default is false.
KeyContainer 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

公開キーと秘密キーのペアを保持するコンテナーをSpecifies a container that holds a public/private

指定します。key pair.
KeyFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

公開キーと秘密キーのペアを含む項目をSpecifies an item that contains a public/private

指定します。key pair.
NoClassMembers 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。Optional Booleanparameter.
ResolvedAssemblyReferences 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。Optional ITaskItem[] output parameter.

解決されたアセンブリ参照を指定します。Specifies the resolved assembly references.
ResolvedFiles 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。Optional ITaskItem[] output parameter.

このタスクの入力として指定されたタイプ ライブラリの物理的な位置に対応するディスク上の完全修飾ファイルを指定します。Specifies the fully qualified files on disk that correspond to the physical locations of the type libraries that were provided as input to this task.
ResolvedModules 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[]parameter.
SdkToolsPath 省略可能な System.String 型のパラメーターです。Optional System.String parameter.

ExecuteAsTooltrue の場合、このパラメーターを、対象となっているフレームワークのバージョンの SDK ツール パスに設定する必要があります。If ExecuteAsTool is true, this parameter must be set to the SDK tools path for the framework version being targeted.
StateFile 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

COM コンポーネントのタイムスタンプのキャッシュ ファイルを指定します。Specifies the cache file for COM component timestamps. 存在しない場合は、実行するたびにすべてのラッパーが再生成されます。If not present, every run will regenerate all the wrappers.
TargetFrameworkVersion 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

プロジェクトのターゲット フレームワークのバージョンを指定します。Specifies the project target framework version.

既定値は、String.Empty です。The default is String.Empty. その場合、ターゲット フレームワークに基づく参照のフィルター処理はありません。which means there is no filtering for a reference based on the target framework.
TargetProcessorArchitecture 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

優先されるターゲットのプロセッサ アーキテクチャを指定します。Specifies the preferred target processor architecture. 変換後、tlbimp.exe/machine フラグに渡されます。Passed to the tlbimp.exe /machine flag after translation.

パラメーター値は ProcessorArchitecture のメンバーである必要があります。The parameter value should be a member of ProcessorArchitecture.
TypeLibFiles 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

COM 参照へのタイプ ライブラリ ファイル パスを指定します。Specifies the type library file path to COM references. このパラメーターに含まれる項目には、項目のメタデータが含まれます。Items included in this parameter may contain item metadata. 詳細については、後述する「TypeLibFiles 項目メタデータ」を参照してください。For more information, see the section "TypeLibFiles Item Metadata" below.
TypeLibNames 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

解決するタイプ ライブラリ名を指定します。Specifies the type library names to resolve. このパラメーターに含まれる項目には、項目メタデータをいくつか含める必要があります。Items included in this parameter must contain some item metadata. 詳細については、後述する「TypeLibNames 項目メタデータ」を参照してください。For more information, see the section "TypeLibNames Item Metadata" below.
WrapperOutputDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

生成された相互運用機能アセンブリが配置されるディスク上の場所。The location on disk where the generated interop assembly is placed. この項目メタデータが指定されていない場合、タスクはプロジェクト ファイルがあるディレクトリの絶対パスを使用します。If this item metadata is not specified, the task uses the absolute path of the directory where the project file is located.

コメントRemarks

TypeLibNames 項目メタデータTypeLibNames Item Metadata

次の表に、TypeLibNames パラメーターに渡された項目に使用可能な項目メタデータを示します。The following table describes the item metadata available for items passed to the TypeLibNames parameter.

メタデータMetadata 説明Description
GUID 必要な項目メタデータです。Required item metadata.

タイプ ライブラリの GUID。The GUID for the type library. この項目メタデータが指定されていないと、タスクが失敗します。If this item metadata is not specified , the task fails.
VersionMajor 必要な項目メタデータです。Required item metadata.

タイプ ライブラリのメジャー バージョンです。The major version of the type library. この項目メタデータが指定されていないと、タスクが失敗します。If this item metadata is not specified , the task fails.
VersionMinor 必要な項目メタデータです。Required item metadata.

タイプ ライブラリのマイナー バージョンです。The minor version of the type library. この項目メタデータが指定されていないと、タスクが失敗します。If this item metadata is not specified, the task fails.
LocaleIdentifier 省略可能な項目メタデータです。Optional item metadata.

タイプ ライブラリのロケール識別子 (LCID) です。The Locale Identifier (or LCID) for the type library. これは、ユーザー、リージョン、またはアプリケーションで優先される人間の言語を識別する 32 ビット値として指定されます。This is specified as a 32-bit value that identifies the human language preferred by a user, region, or application. この項目メタデータが指定されていないと、タスクは "0" の既定のロケール識別子を使用します。If this item metadata is not specified, the task uses a default locale identifier of "0".
WrapperTool 省略可能な項目メタデータです。Optional item metadata.

このタイプ ライブラリのアセンブリ ラッパーを生成するために使用されるラッパー ツールを指定します。Specifies the wrapper tool that is used to generate the assembly wrapper for this type library. この項目メタデータが指定されていないと、タスクは、"tlbimp" の既定のラッパー ツールを使用します。If this item metadata is not specified, the task uses a default wrapper tool of "tlbimp". 使用可能な大文字と小文字を区別しない typelibs の選択肢は次のとおりです。The available, case insensitive choices of typelibs are:

- Primary: COM コンポーネントの既に生成されたプライマリ相互運用機能アセンブリを使用する場合には、このラッパー ツールを使用します。- Primary: Use this wrapper tool when you want to use an already generated primary interop assembly for the COM component. このラッパー ツールを使用する場合は、ラッパーの出力ディレクトリを指定しないでください。指定すると、タスクが失敗します。When you use this wrapper tool, do not specify a wrapper output directory because that will cause the task to fail.
- TLBImp: COM コンポーネントの相互運用機能アセンブリを作成する場合には、このラッパー ツールを使用します。- TLBImp: Use this wrapper tool when you want to generate an interop assembly for the COM component.
- AXImp: ActiveX コントロールの相互運用機能アセンブリを作成する場合には、このラッパー ツールを使用します。- AXImp:Use this wrapper tool when you want to generate an interop assembly for an ActiveX Control.

TypeLibFiles 項目メタデータTypeLibFiles Item Metadata

次の表に、TypeLibFiles パラメーターに渡された項目に使用可能な項目メタデータを示します。The following table describes the item metadata available for items passed to the TypeLibFiles parameter.

メタデータMetadata 説明Description
WrapperTool 省略可能な項目メタデータです。Optional item metadata.

このタイプ ライブラリのアセンブリ ラッパーを生成するために使用されるラッパー ツールを指定します。Specifies the wrapper tool that is used to generate the assembly wrapper for this type library. この項目メタデータが指定されていないと、タスクは、"tlbimp" の既定のラッパー ツールを使用します。If this item metadata is not specified, the task uses a default wrapper tool of "tlbimp". 使用可能な大文字と小文字を区別しない typelibs の選択肢は次のとおりです。The available, case insensitive choices of typelibs are:

- Primary: COM コンポーネントの既に生成されたプライマリ相互運用機能アセンブリを使用する場合には、このラッパー ツールを使用します。- Primary: Use this wrapper tool when you want to use an already generated primary interop assembly for the COM component. このラッパー ツールを使用する場合は、ラッパーの出力ディレクトリを指定しないでください。指定すると、タスクが失敗します。When you use this wrapper tool, do not specify a wrapper output directory because that will cause the task to fail.
- TLBImp: COM コンポーネントの相互運用機能アセンブリを作成する場合には、このラッパー ツールを使用します。- TLBImp: Use this wrapper tool when you want to generate an interop assembly for the COM component.
- AXImp: ActiveX コントロールの相互運用機能アセンブリを作成する場合には、このラッパー ツールを使用します。- AXImp: Use this wrapper tool when you want to generate an interop assembly for an ActiveX Control.

注意

タイプ ライブラリを一意に識別するために提供する情報が多いほど、タスクがディスク上の正しいファイルに解決される可能性が大きくなります。The more information that you provide to uniquely identify a type library, the greater the possibility that the task will resolve to the correct file on disk.

コメントRemarks

上記のパラメーターに加えて、このタスクは Task クラスからパラメーターを継承します。In addition to the parameters listed above, this task inherits parameters from the Task class. これらの追加パラメーターのリストとその説明については、「Task Base Class」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see Task Base Class.

関連項目See Also

タスク Tasks
Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference