エスケープする特殊文字Special Characters to Escape

特殊文字は、使用するコンテキストで特別な意味を持つ場合にのみ、エスケープする必要があります。Special characters must be escaped only if they have special meaning in the context in which they are being used. たとえば、アスタリスク (*) は、項目定義の Include 属性と Exclude 属性、または CreateItem の呼び出しでのみ、特殊文字となります。For example, the asterisk (*) is a special character only in the "Include" and "Exclude" attributes of an item definition, or in a call to CreateItem. その他のすべての場合において、アスタリスクはリテラルのアスタリスクとして扱われます。In all other cases, the asterisk is treated as a literal asterisk. プロジェクト ファイルではアスタリスクをエスケープする必要はありませんが、そのようにしても問題はありません。While you do not need to escape asterisks everywhere in project files, doing so does no harm.

特殊文字の代わりに % xx という表記を使用します。ここで、xx は ASCII 文字の 16 進値を表します。Use the notation %xx in place of the special character, where xx represents the hexadecimal value of the ASCII character. たとえば、アスタリスク (*) をリテラル文字として使用するには、値 %2A を使用します。For example, to use an asterisk (*) as a literal character, use the value %2A.

エスケープする特殊文字の完全な一覧は次のとおりです。The full list of special characters to escape follows:

文字Character 説明Description
% パーセント記号は、メタデータを参照するために使用します。Percent sign, used to reference metadata.
$ ドル記号は、プロパティを参照するために使用します。Dollar sign, used to reference properties.
@ アット マークは、項目一覧を参照するために使用します。At sign, used to reference item lists.
(( 左かっこは、一覧で使用します。Open parenthesis, used in lists.
)) 右かっこは、一覧で使用します。Close parenthesis, used in lists.
` アポストロフィは、条件やその他の式で使用します。Apostrophe (or tick mark), used in conditions and other expressions.
;; セミコロンは、リスト区切り記号です。Semicolon, a list separator.
?? 疑問符は、項目の Include/Exclude セクションでファイルの仕様を記述する場合のワイルドカード文字です。Question mark, a wildcard character when describing a file spec in an item's Include/Exclude section.
* アスタリスクは、項目の Include/Exclude セクションでファイルの仕様を記述する場合のワイルドカード文字です。Asterisk, a wildcard character when describing a file spec in an item's Include/Exclude section.

参照See Also

方法 : MSBuild で特殊文字をエスケープする How to: Escape Special Characters in MSBuild
MSBuild リファレンスMSBuild Reference