エスケープする特殊文字

特殊文字は、使用するコンテキストで特別な意味を持つ場合にのみ、エスケープする必要があります。 たとえば、アスタリスク (*) は、項目定義の "Include" 属性と "Exclude" 属性、または CreateItem の呼び出しでのみ、特殊文字となります。 その他のすべての場合において、アスタリスクはリテラルのアスタリスクとして扱われます。 プロジェクト ファイルではアスタリスクをエスケープする必要はありませんが、そのようにしても問題はありません。

特殊文字の代わりに % xx という表記を使用します。ここで、xx は ASCII 文字の 16 進値を表します。 たとえば、アスタリスク (*) をリテラル文字として使用するには、値 %2A を使用します。

エスケープする特殊文字の完全な一覧は次のとおりです。

文字 説明
% パーセント記号は、メタデータを参照するために使用します。
$ ドル記号は、プロパティを参照するために使用します。
@ アット マークは、項目一覧を参照するために使用します。
( 左かっこは、一覧で使用します。
) 右かっこは、一覧で使用します。
` アポストロフィは、条件やその他の式で使用します。
; セミコロンは、リスト区切り記号です。
? 疑問符は、項目の Include/Exclude セクションでファイルの仕様を記述する場合のワイルドカード文字です。
* アスタリスクは、項目の Include/Exclude セクションでファイルの仕様を記述する場合のワイルドカード文字です。

関連項目

方法 : MSBuild で特殊文字をエスケープする
MSBuild リファレンス