Task Base Class

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

多くのタスクが最終的に Task クラスを継承します。 このクラスにより、それらクラスから派生したタスクにいくつかのパラメーターが追加されます。 このドキュメントでは、これらのパラメーターを示します。

パラメーター

この基本クラスのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター Description
BuildEngine 省略可能な IBuildEngine 型のパラメーターです。

タスクで使用できるビルド エンジン インターフェイスを指定します。 ビルド エンジンは、自動的にこのパラメーターを設定して、タスクによるコールバックを可能にします。
BuildEngine2 省略可能な IBuildEngine2 型のパラメーターです。

タスクで使用できるビルド エンジン インターフェイスを指定します。 ビルド エンジンは、自動的にこのパラメーターを設定して、タスクによるコールバックを可能にします。

この便利なプロパティにより、このクラスから継承するタスクの作成者は、IBuildEngine から IBuildEngine2 に値をキャストする必要がなくなります。
BuildEngine3 省略可能な IBuildEngine3 型のパラメーターです。

ホストによって提供されるビルド エンジン インターフェイスを指定します。
HostObject 省略可能な ITaskHost 型のパラメーターです。

ホスト オブジェクト インスタンスを指定します (null も指定できます)。 ビルド エンジンは、ホスト IDE によってホスト オブジェクトがこの特定のタスクに関連付けられている場合にこのプロパティを設定します。
Log 省略可能な TaskLoggingHelper 型の読み取り専用パラメーターです。

ログ ヘルパー オブジェクトです。

参照

Task Reference
タスク