Task 要素 (MSBuild)

MSBuild タスクのインスタンスを作成し、実行します。 要素名は、作成されるタスクの名前によって決まります。

<Project>
<Target>

構文

<Task Parameter1="Value1"... ParameterN="ValueN"  
    ContinueOnError="WarnAndContinue/true/ErrorAndContinue/ErrorAndStop/false"  
    Condition="'String A' == 'String B'" >  
    <Output... />  
</Task>  

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明
Condition 省略可能な属性です。 評価する条件です。 詳細については、条件をご覧ください。
ContinueOnError 省略可能な属性です。 次の値のいずれかを含めることができます。

- WarnAndContinue または true。 タスクが失敗すると、Target 要素の後続のタスクとビルドの実行が継続し、タスクのすべてのエラーが警告として扱われます。
- ErrorAndContinue。 タスクが失敗すると、Target 要素の後続のタスクとビルドの実行が継続し、タスクのすべてのエラーがエラーとして扱われます。
- ErrorAndStop または false (既定)。 タスクが失敗すると、Target 要素の残りのタスクとビルドは実行されず、Target 要素全体とビルドは失敗したと見なされます。

バージョン 4.5 より前の .NET Framework では、true 値と false 値のみがサポートされます。

詳細については、「方法: タスクで発生したエラーを無視する」を参照してください。
Parameter タスク クラスに [Required] 属性のラベルが付けられた 1 つ以上のプロパティが含まれる場合は必須です。

パラメーター値とその値を含むユーザー定義のタスク パラメーターです。 Task 要素には任意の数のパラメーターを指定でき、各属性はタスク クラスの .NET プロパティにマップされます。

子要素

要素 説明
出力 タスクからの出力をプロジェクト ファイルに格納します。 1 つのタスクに 0 個以上の Output 要素を指定できます。

親要素

要素 説明
Target MSBuild タスクのコンテナー要素。

コメント

MSBuild プロジェクト ファイル内の Task 要素は、タスクのインスタンスを作成し、そこにプロパティを設定して実行します。 Output 要素は、プロジェクト ファイル内の別の場所で使用するプロパティまたは項目に出力パラメーターを格納します。

タスクの親 Target 要素に OnError 要素がある場合は、タスクが失敗して ContinueOnError の値が false の場合も評価されます。 タスクについて詳しくは、「MSBuild タスク」をご覧ください。

次のコード例は、Csc タスク クラスのインスタンスを作成し、6 つのプロパティを設定し、タスクを実行します。 実行後に、オブジェクトの OutputAssembly プロパティの値は FinalAssemblyName という項目一覧に配置されます。

<Target Name="Compile" DependsOnTarget="Resources" >  
    <Csc Sources="@(CSFile)"  
          TargetType="library"  
          Resources="@(CompiledResources)"  
          EmitDebugInformation="$(includeDebugInformation)"  
          References="@(Reference)"  
          DebugType="$(debuggingType)" >  
        <Output TaskParameter="OutputAssembly"  
                  ItemName="FinalAssemblyName" />  
    </Csc>  
</Target>  

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)
プロジェクト ファイル スキーマ リファレンス