Touch タスク

ファイルのアクセス時刻および変更時刻を設定します。

パラメーター

Touch タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
AlwaysCreate 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、まだ存在しないファイルが作成されます。
Files 必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

タッチするファイルのコレクションを指定します。
ForceTouch 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、ファイルが読み取り専用でもファイルにタッチします。
Time 省略可能な String 型のパラメーターです。

現在の時刻以外の時刻を指定します。 Parse メソッドで有効な形式で指定する必要があります。
TouchedFiles 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーターです。

正常にタッチされた項目のコレクションが含まれます。

コメント

このタスクでは、上記のパラメーター以外に、TaskExtension クラスからパラメーターを継承し、このクラス自体は Task クラスから継承されます。 これらの追加パラメーター一覧とそれらの説明については、「TaskExtension Base Class (TaskExtension 基底クラス)」を参照してください。

次の例では Touch タスクを使用して、Files 項目コレクションに指定されたファイルのアクセス時刻および更新時刻を変更し、FilesTouched 項目コレクションに正常にタッチされたファイルのリストを配置しています。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  

<ItemGroup>  
    <Files Include="File1.cs;File2.cs;File3.cs" />  
</ItemGroup>  

    <Target Name="TouchFiles">  
        <Touch  
            Files="@(Files)">  
            <Output  
                TaskParameter="TouchedFiles"  
                ItemName="FilesTouched"/>  
    </Touch>  
</Target>  
</Project>  

関連項目

タスク
Task Reference (タスク リファレンス)