UidManager タスク

UidManager タスクでは、ソース XAML ファイルに含まれるすべての Extensible Application Markup Language (XAML) 要素をローカライズするために、一意識別子 (UID) をチェック、更新、または削除します。

タスク パラメーター

パラメーター 説明
IntermediateDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。

MarkupFiles パラメーターで指定されるソース XAML ファイルをバックアップするために使用されるディレクトリを指定します。
MarkupFiles 必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

UID のチェック、更新、または削除の対象となるソース XAML ファイルを指定します。
Task 必須の String 型のパラメーターです。

実行する UID 管理タスクを指定します。 有効なオプションは CheckUpdate、または Remove です。

次の例では UidManager タスクを使用して、指定されたソース XAML ファイルに、適切な UID を持つ XAML 要素が含まれていることをチェックします。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
  <UsingTask   
    TaskName="Microsoft.Build.Tasks.Windows.UidManager"   
    AssemblyFile="C:\Program Files\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\v3.0\PresentationBuildTasks.dll" />  
  <Target Name="UidManagerTask">  
    <UidManager  
      Task="Check"  
      MarkupFiles="Page1.xaml;Page2.xaml"  
      IntermediateDirectory="c:\UidManagerIntermediateDirectory" />  
  </Target>  
</Project>  

関連項目

WPF MSBuild リファレンス
Task Reference (タスク リファレンス)
MSBuild リファレンス
Task Reference (タスク リファレンス)
WPF アプリケーション (WPF) のビルド
方法 : アプリケーションをローカライズする