UpdateManifestForBrowserApplication タスク

UpdateManifestForBrowserApplication タスクは、XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP) プロジェクトのビルド時に <hostInBrowser /> 要素をアプリケーション マニフェスト (プロジェクト名.exe.manifest) に追加するために実行されます。

タスク パラメーター

パラメーター 説明
ApplicationManifest 必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

<hostInBrowser /> 要素を追加するアプリケーション マニフェスト ファイルのパスと名前を指定します。
HostInBrowser 必須の Boolean 型のパラメーターです。

<hostInBrowser /> 要素を含めるようにアプリケーション マニフェストを変更するかどうかを指定します。 true の場合、新しい <hostInBrowser /> 要素が <entryPoint /> 要素に含められます。 要素の挿入は累積的に行われることに注意してください。<hostInBrowser /> 要素が既に存在していても、それが削除または上書きされることはありません。 代わりに、追加の <hostInBrowser /> 要素が作成されます。 false の場合、アプリケーション マニフェストは変更されません。

コメント

XBAP は、ClickOnce 配置を使用して実行されるため、サポート用の配置マニフェストおよびアプリケーション マニフェストと一緒に発行する必要があります。 Microsoft Build Engine (MSBuild) では GenerateApplicationManifest タスクを使用して、アプリケーション マニフェストを生成します。

ブラウザーからホストされるようにアプリケーションを構成する場合は、<hostInBrowser /> 要素をアプリケーション マニフェストに追加する必要があります。次に例を示します。

<!--MyXBAPApplication.exe.manifest-->  
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<asmv1:assembly ... >  
    <asmv1:assemblyIdentity ... />  
    <application />  
    <entryPoint>  
      ...  
      <hostInBrowser xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v3" />  
    </entryPoint>  
  ...  
/>  

<hostInBrowser /> 要素を追加するために、XBAP プロジェクトのビルド時に UpdateManifestForBrowserApplication タスクが実行されます。

次の例は、アプリケーション マニフェスト ファイルに <hostInBrowser /> 要素が含まれていることを確認する方法を示しています。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
  <UsingTask   
    TaskName="Microsoft.Build.Tasks.Windows.UpdateManifestForBrowserApplication"  
    AssemblyFile="C:\Program Files\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\v3.0\PresentationBuildTasks.dll" />  
  <Target Name="UpdateManifestForBrowserApplicationTask">  
    <UpdateManifestForBrowserApplication  
      ApplicationManifest="MyXBAPApplication.exe.manifest"  
      HostInBrowser="true" />  
  </Target>  
</Project>  

関連項目

WPF MSBuild リファレンス
Task Reference (タスク リファレンス)
MSBuild リファレンス
Task Reference (タスク リファレンス)
WPF アプリケーション (WPF) のビルド
WPF XAML ブラウザー アプリケーションの概要