Vbc タスク

実行可能ファイル (.exe)、ダイナミック リンク ライブラリ (.dll)、またはコード モジュール (.netmodule) を生成する vbc.exe をラップします。 vbc.exe の詳細については、「Visual Basic のコマンド ライン コンパイラ」を参照してください。

パラメーター

Vbc タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
AdditionalLibPaths 省略可能な String[] 型のパラメーターです。

参照属性に指定されているアセンブリを探す追加のフォルダーを指定します。
AddModules 省略可能な String[] 型のパラメーターです。

指定ファイル内のすべての型情報を現在のコンパイル対象のプロジェクトで使用できるようにします。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /addmodule スイッチに相当します。
BaseAddress 省略可能な String 型のパラメーターです。

DLL のベース アドレスを指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /baseaddress スイッチに相当します。
CodePage 省略可能な Int32 型のパラメーターです。

コンパイルですべてのソース コード ファイルに使用するコード ページを指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /codepage スイッチに相当します。
DebugType 省略可能な String[] 型のパラメーターです。

コンパイラにデバッグ情報を生成させます。 このパラメーターには、次の値を指定できます。

- full
- pdbonly

既定値は full です。実行中のプログラムにデバッガーをアタッチできます。 値 pdbonly を指定すると、プログラムがデバッガーで開始されたとき、ソース コードのデバッグが可能になりますが、実行中のプログラムがデバッガーにアタッチされているときにのみアセンブリ言語コードが表示されます。 詳細については、「/debug (Visual Basic)」を参照してください。
DefineConstants 省略可能な String[] 型のパラメーターです。

条件付きコンパイル定数を定義します。 次の構文に従い、シンボルと値のペアをセミコロン (;) で区切って指定します。

symbol1 = value1 ; symbol2 = value2

このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /define スイッチに相当します。
DelaySign 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、公開鍵がアセンブリに配置されます。 false の場合、アセンブリに完全署名されます。 既定値は false です。KeyFile パラメーターまたは KeyContainer パラメーターと併用しない限り、このパラメーターは無効です。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /delaysign スイッチに相当します。
DisabledWarnings 省略可能な String 型のパラメーターです。

指定された警告の出力を抑制します。 警告 ID の数値だけを指定します。 複数の警告を指定するときは、セミコロン (;) で区切ります。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /nowarn スイッチに相当します。
DocumentationFile 省略可能な String 型のパラメーターです。

指定した XML ファイルにドキュメント コメントを出力します。 このパラメーターは GenerateDocumentation 属性に優先します。 詳細については、「/doc」を参照してください。
EmitDebugInformation 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、デバッグ情報が生成され、.pdb ファイルに格納されます。 詳細については、「/debug (Visual Basic)」を参照してください。
ErrorReport 省略可能な String 型のパラメーターです。

内部コンパイル エラーの報告方法を指定します。 このパラメーターには、次の値を指定できます。

- prompt
- send
- none

prompt を指定した場合、内部コンパイラ エラーが発生すると、ユーザーはエラー データを Microsoft に送信するかどうか選択するように求められます。

send を指定した場合、内部コンパイラ エラーが発生すると、エラー データが Microsoft に送信されます。

既定値は none です。テキスト出力のみでエラーが報告されます。

このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /errorreport スイッチに相当します。
FileAlignment 省略可能な Int32 型のパラメーターです。

出力ファイルでセクションをアラインするサイズをバイト単位で指定します。 このパラメーターには、次の値を指定できます。

- 512
- 1024
- 2048
- 4096
- 8192

このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /filealign スイッチに相当します。
GenerateDocumentation 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、ドキュメント情報が生成され、タスクが作成する実行可能ファイルまたはライブラリの名前が与えられた XML ファイルに格納されます。 詳細については、「/doc」を参照してください。
Imports 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

指定した項目コレクションから名前空間をインポートします。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /imports スイッチに相当します。
KeyContainer 省略可能な String 型のパラメーターです。

暗号化キー コンテナーの名前を指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /keycontainer スイッチに相当します。
KeyFile 省略可能な String 型のパラメーターです。

暗号化キーを格納するファイル名を指定します。 詳細については、「/keyfile」を参照してください。
LangVersion 省略可能な System.String 型のパラメーターです。

言語バージョンとして "9" か "10" を指定します。
LinkResources 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

出力ファイル内で .NET Framework リソースへのリンクを作成します。リソース ファイルは出力ファイル内に置かれません。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /linkresource スイッチに相当します。
MainEntryPoint 省略可能な String 型のパラメーターです。

Sub Main プロシージャを格納するクラスまたはモジュールを指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /main スイッチに相当します。
ModuleAssemblyName 省略可能な String 型のパラメーターです。

このモジュールが一部となるアセンブリを指定します。
NoConfig 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

コンパイラで vbc.rsp ファイルを使用しないように指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /noconfig パラメーターに相当します。
NoLogo 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、コンパイラの著作権情報が表示されません。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /nologo スイッチに相当します。
NoStandardLib 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

コンパイラが標準ライブラリを参照しないようにします。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /nostdlib スイッチに相当します。
NoVBRuntimeReference 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

内部使用のみ。 true の場合、Microsoft.VisualBasic.dll の自動参照が禁止されます。
NoWarnings 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、すべての警告が非表示になります。 詳しくは、「/nowarn」をご覧ください。
Optimize 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、コンパイラ最適化が有効になります。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /optimize スイッチに相当します。
OptionCompare 省略可能な String 型のパラメーターです。

文字列比較の方法を指定します。 このパラメーターには、次の値を指定できます。

- binary
- text

binary を指定すると、バイナリ文字列比較が使用されます。 値 text を指定すると、テキスト文字列比較が使用されます。 このパラメーターの既定値は、binary です。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /optioncompare スイッチに相当します。
OptionExplicit 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、変数の明示的宣言が必要になります。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /optionexplicit スイッチに相当します。
OptionInfer 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、変数の型推論を許可します。
OptionStrict 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、厳密な型のセマンティックスが強制され、暗黙的な型変換が制限されます。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /optionstrict スイッチに相当します。
OptionStrictType 省略可能な String 型のパラメーターです。

警告を生成する厳密な型のセマンティックスを指定します。 現在のところ、"custom" のみに対応しています。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /optionstrict スイッチに相当します。
OutputAssembly 省略可能な String 型の出力パラメーターです。

出力ファイルの名前を指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /out スイッチに相当します。
Platform 省略可能な String 型のパラメーターです。

出力ファイルのターゲットとするプロセッサ プラットフォームを指定します。 このパラメーターの値には、x86x64Itanium、または anycpu を指定できます。 既定値は anycpu です。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /platform スイッチに相当します。
References 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

指定したアイテムから現在のプロジェクトにパブリック型の情報をインポートするようにタスクに指示します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /reference スイッチに相当します。
RemoveIntegerChecks 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、整数オーバーフローのエラー チェックを無効にします。 既定値は false です。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /removeintchecks スイッチに相当します。
Resources 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

.NET Framework のリソースを出力ファイルに埋め込みます。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /resource スイッチに相当します。
ResponseFiles 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

このタスクのコマンドを含む応答ファイルを指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの @ (Specify Response File) オプションに相当します。
RootNamespace 省略可能な String 型のパラメーターです。

すべての型宣言に対してルート名前空間を指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /rootnamespace スイッチに相当します。
SdkPath 省略可能な String 型のパラメーターです。

mscorlib.dll および microsoft.visualbasic.dll の位置を指定します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /sdkpath スイッチに相当します。
Sources 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

1 つまたは複数の Visual Basic ソース ファイルを指定します。
TargetCompactFramework 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、.NET Compact Framework が対象となります。 このスイッチは、vbc.exe コンパイラの /netcf スイッチに相当します。
TargetType 省略可能な String 型のパラメーターです。

出力ファイルのファイル形式を指定します。 このパラメーターには値として、コード ライブラリを作成する library、コンソール アプリケーションを作成する exe、モジュールを作成する module、Windows プログラムを作成する winexe を指定できます。 既定値は library です。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /target スイッチに相当します。
Timeout 省略可能な Int32 型のパラメーターです。

タスク実行を終了するまでの時間をミリ秒単位で指定します。 既定値は Int.MaxValue であり、タイムアウト期限がないことを示します。
ToolPath 省略可能な String 型のパラメーターです。

タスクが基になる実行可能ファイル (vbc.exe) を読み込む場所を指定します。 このパラメーターを指定しないと、MSBuild を実行しているフレームワークのバージョンに対応する SDK インストール パスがタスクに使用されます。
TreatWarningsAsErrors 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、すべての警告がエラーとして処理されます。 詳細については、「/warnaserror (Visual Basic)」を参照してください。
UseHostCompilerIfAvailable 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

利用できる場合、インプロセス コンパイラ オブジェクトを使用するようにタスクに指示します。 Visual Studio によってのみ使用されます。
Utf8Output 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

UTF-8 エンコードを使用してコンパイラ出力をログに記録します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /utf8output スイッチに相当します。
Verbosity 省略可能な String 型のパラメーターです。

コンパイラ出力の詳細度を指定します。 詳細度は QuietNormal (既定)、または Verbose です。
WarningsAsErrors 省略可能な String 型のパラメーターです。

エラーとして扱う警告の一覧を指定します。 詳細については、「/warnaserror (Visual Basic)」を参照してください。

このパラメーターは TreatWarningsAsErrors パラメーターに優先します。
WarningsNotAsErrors 省略可能な String 型のパラメーターです。

エラーとして扱わない警告の一覧を指定します。 詳細については、「/warnaserror (Visual Basic)」を参照してください。

このパラメーターは、TreatWarningsAsErrors パラメーターが true に設定されている場合にのみ役に立ちます。
Win32Icon 省略可能な String 型のパラメーターです。

エクスプローラーで出力ファイルを適切に表示する .ico ファイルをアセンブリに挿入します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /win32icon スイッチに相当します。
Win32Resources 省略可能な String 型のパラメーターです。

Win32 リソース (.res) ファイルを出力ファイルに挿入します。 このパラメーターは、vbc.exe コンパイラの /win32resource スイッチに相当します。

コメント

上記のパラメーター以外に、このタスクは ToolTaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、ToolTask クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「ToolTaskExtension 基本クラス」を参照してください。

次の例では、Visual Basic プロジェクトがコンパイルされます。

<VBC  
   Sources="@(sources)"  
   Resources="strings.resources"  
   Optimize="true"  
   OutputAssembly="out.exe"/>  

関連項目

Visual Basic のコマンド ライン コンパイラ
タスク
Task Reference (タスク リファレンス)