Warning タスクWarning Task

条件付きステートメントの評価に基づいてビルド中の警告をログに記録します。Logs a warning during a build based on an evaluated conditional statement.

パラメーターParameters

Warning タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The folowing table describes the parameters of the Warning task.

パラメーターParameter 説明Description
Code 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

警告に関連付ける警告コード。The warning code to associate with the warning.
File 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

関連ファイルが存在する場合、それを指定します。Specifies the relevant file, if any. ファイルが指定されない場合、Warning タスクを含むファイルが使用されます。If no file is provided, the file containing the Warning task is used.
HelpKeyword 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

警告に関連付けるヘルプ キーワード。The Help keyword to associate with the warning.
Text 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

Condition パラメーターが true と評価された場合に、MSBuildMSBuild がログに記録する警告テキストです。The warning text that MSBuildMSBuild logs if the Condition parameter evaluates to true.

コメントRemarks

Warning タスクでは、MSBuildMSBuild プロジェクトは、次のビルド手順に進む前に、必要な構成の存在を確認できます。The Warning task allows MSBuildMSBuild projects to check for the presence of a required configuration or property before proceeding with the next build step.

Warning タスクの Condition パラメーターが true と評価される場合、Text パラメーターの値がログに記録され、ビルドが引き続き実行されます。If the Condition parameter of the Warning task evaluates to true, the value of the Text parameter is logged and the build continues to execute. Condition パラメーターが存在しない場合は、警告テキストがログに記録されます。If a Condition parameter does not exisit, the warning text is logged. ログ処理の詳細については、ビルド ログの取得に関するページを参照してください。For more information on logging, see Obtaining Build Logs.

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。In addition to the parameters listed above, this task inherits parameters from the TaskExtension class, which itself inherits from the Task class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see TaskExtension Base Class.

Example

次のコード例では、コマンド ラインに設定されているプロパティが確認されます。The following code example checks for properties that are set on the command line. プロパティが設定されていない場合、警告イベントが生成され、Warning タスクの Text パラメーターの値がログに記録されます。If there are no properties set, the project raises a warning event, and logs the value of the Text parameter of the Warning task.

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  
    <Target Name="ValidateCommandLine">  
        <Warning  
            Text=" The 0 property was not set on the command line."  
            Condition="'$(0)' == ''" />  
        <Warning  
            Text=" The FREEBUILD property was not set on the command line."  
            Condition="'$(FREEBUILD)' == ''" />  
    </Target>  
    ...  
</Project>  

関連項目See Also

ビルド ログの取得 Obtaining Build Logs
プロジェクト ファイル スキーマ リファレンスProject File Schema Reference